中古品
¥ 1
+ ¥ 347 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★Amazon.co.jp在庫商品です。ページに、焼けあり。側面に汚れ、焼けあり。(ご注意)★カバーに、汚れ、焼けあり。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

超激辛爆笑鼎談・「出版」に未来はあるか?―中央公論買収の裏側、三一書房ロックアウトの真相 単行本 – 1999/6


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 6,590 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

出版社からのコメント

1998年の師走。売れっ子評論家・フリーライターのお三方に編書房に集まっていただき2日間、のべ12時間にわたる白熱した議論を展開したもらった。時に、罵詈雑言大会となり、こんな過激な本を出しても大丈夫かと悩みに悩んで出版した。面白い!と絶賛された編書房の自信作。

内容(「BOOK」データベースより)

異端児三人が、中央公論社の身売り、三一書房ロックアウトの真相から、出版社・大手取次・書店・再販制等々の弊害につき徹底批判、その処方箋を語った全出版・マスコミ人、全ビジネスマン必読の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 編書房 (1999/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4795237441
  • ISBN-13: 978-4795237445
  • 発売日: 1999/06
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 220,533位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ロックアウト