¥2,640
通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1) (日本語) 単行本 – 2017/5/9

5つ星のうち4.3 7個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2017/5/9
¥2,640
¥2,592 ¥2,880
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 超拡大で虫と植物と鉱物を撮る—超拡大撮影の魅力と深度合成のテクニック (自然写真の教科書1)
  • +
  • 生き物の決定的瞬間を撮る—野鳥・昆虫・哺乳類・魚類・植物の撮影テクニック (自然写真の教科書2)
  • +
  • 写真のことが全部わかる本 センス&知識ゼロからの写真のはじめかた、教えます。 (上達やくそくBOOK)
総額: ¥6,820
ポイントの合計: 114pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

自然科学写真で注目を浴びている深度合成をはじめとした、超拡大撮影のテクニックを紹介する撮影ガイド本。
拡大撮影のスペシャリストが、超拡大撮影のための機材や撮影方法を昆虫、植物、鉱物などの作例写真を多数使って紹介。
実践で役立つ情報が満載。

・現在、自然科学写真で注目を浴びている深度合成をはじめとした、超拡大撮影のテクニックを紹介する撮影ガイド本。
・拡大撮影の基本である、マクロレンズ、クローズアップレンズ、テレコンを手始めに、接写リング、ベローズ、顕微鏡、複写台などの機材の紹介、撮影方法を、昆虫、植物、鉱物などの最高の写真とともに紹介。
・シャープな超拡大写真を撮影する上で最も重要な概念である、「被写界深度」については、多くのページを割いて、科学的かつ詳細に解説。
・究極の拡大写真とも言える「深度合成写真」については、機材、撮影、パソコンを使った合成方法について、基本から高度な合成なテクニックまで を、一流の研究者、技術者、写真家の素晴らしい作品ともに詳細に解説。
・自動的にフォーカスを変えながら複数枚の写真を撮り、カメラ内で合成が簡単にできる、最新カメラの機能と使い方も紹介。
・筆者は拡大撮影のスペシャリスト14名、監修はSSP(日本自然写真家協会)にお願いし、バラエティに富んだ写真が楽しめ、実践的に役立つ撮影ガイド本。

出版社からのコメント

超拡大写真や深度合成の撮影技術を身につけたい人のための入門書です。

著者について

監修:日本自然科学写真協会(SSP)
1978年6月に発足した文化団体。自然と科学をテーマにした親睦と情報交流のを行うとともに、写真教育の助成と高揚を通して写真文化の向上と発展を願う写真人の集まり。協会員には、プロ及びアマチュアの写真作家、写真関係の研究者と技術者、自然科学・工学・医学部門の研究者、小中学校、 大学の教職員と視聴覚担当者、ナチュラリスト、写真・科学雑誌の編集関係者、写真関連の業界人など、多方面の人が参画している。
ホームページ http://ssp-japan.net

新井文彦(あらい・ふみひこ)
北海道や東北地方で、きのこや粘菌など「隠花植物」を中心に撮影をしている。著書は『森のきのこ、きのこの森』『粘菌生活のススメ』『きのこのき』『毒きのこ』など。人気サイト・ほぼ日刊イトイ新聞で、毎週菌(金)曜日に「きのこの話」を連載中。 ホームページ:浮雲倶楽部 http://ukigumoclub.com/

石黒久美(いしぐろ・くみ)
1964年東京生まれ。美術大学卒、広告学校・塾卒。幼少期に移り住んだ場所で虫や植物とともに暮らした原体験を追っている。主に高尾山に通いながら、最近は植物を深度合成で詳細に捉える作品や風景写真を撮影。個展開催多数。ブログ「四季の花庭へ」は2006年5月よりほぼ毎日更新を続けている。
ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/ryusyujp

伊知地国夫(いちじ・くにお)
1950年、東京生まれ。学習院大学大学院修士課程修了。専攻は光学分野の実験物理学。子どもの頃から科学と写真に興味を持ち、大学在学中に科学写真の撮影を始める。撮影分野は、光学現象、顕微鏡、瞬間、植物など科学全般。現在SSP副会長。著書に『Focus in the Dark』(岩波書店)などがある。

海野和男(うんの・かずお)
1947年東京生まれ。学生時代から昆虫写真を撮り,東京農工大学で昆虫行動学を学ぶ。卒業と同時にプロ宣言。身近な昆虫の撮影以外に学生時代より熱帯雨林に通い,珍奇な昆虫を追い求める。最近は海外で年間100日以上の撮影をこなす。動けるうちが写真家の華と考えるからだ。現在SSP会長。子どもたちを育てる「生きもの写真リトルリーグ実行委員長」著書、写真集多数。

奥山清市(おくやませいいち)
1970年山形県生まれ。北海道大学大学院修了後、1995年より伊丹市昆虫館に勤務。現在は同館館長を務める傍ら、昆虫たちをパートナーに「学び」「驚き」「笑い」「癒し」を多くの方に届ける手段として、写真撮影にも取り組む。著書に「日本の昆虫1400(1)(2)」(文一総合出版)などがある。

尾園 暁(おぞのあきら)
1976年大阪府生まれ・神奈川在住。幼少時より昆虫好きで、近畿大学農学部、琉球大学大学院で昆虫学を学び、昆虫写真家に。虫を追って各地を駆け回る日々。趣味は金魚飼育。 日々の撮影活動を綴るブログ「湘南むし日記」は2007年7月より毎日更新中。著書に「日本のトンボ」(文一総合出版・共著)など。
ホームページ http://blog.livedoor.jp/photombo/

工藤誠也(くどうせいや)
1988年青森県弘前市生まれ。岩手大学大学院連合農学研究科にて博士課程修了。弘前大学農学生命科学部研究機関研究員。地元青森県のフィールドを中心に昆虫の撮影を行っている。著書は「アリの巣の生きもの図鑑」など。
ホームページ http://ze-ph.sakura.ne.jp/
Twitter: @ze_ph

小檜山賢二(こひやま・けんじ)
慶應義塾大学名誉教授、工学博士。1967年慶慶應義塾大学工学部修士課程修了。1992年NTT無線システム研究所所長。1997年慶應義塾大学教授。2008年同名誉教授。著書:「兜虫/塵騙/葉虫/象虫」出版芸術社、「日本の蝶/続日本の蝶」山と渓谷社、「虫をめぐるデジタルな冒険」岩波書店、「ケータイ進化論」NTT出版など。受賞:第41回講談社出版文化賞写真賞(象虫)、電子情報通信学会業績賞、第21回東川賞新人作家賞、Laval Virtual グランプリ、日本昆虫学会あきつ賞など。
ホームページ http://stulab.jp

小松 貴(こまつ・たかし)
1982年生まれ。信州大学大学院総合工学系研究科山岳地域環境科学専攻にて博士課程修了。2014年より九州大学熱帯農学研究センターにて日本学術振興会特別研究員PD。アリと共生する生物を研究する傍ら、国内外にて様々な生物の観察、撮影を行う。著書に「アリの巣の生きもの図鑑」(東海大学出版部)など多数。

坂本昇久(さかもと・のりひさ)
オーロラを偶然見たことで写真の世界へ。悪天候が続き、オーロラの撮影がま まならないときに雪の結晶を撮影することを思い立ち、マクロの世界に踏み込む。 さらにその途上でハエトリグモに出会い、深度合成の撮影を知り、いろいろな分野に応用中。肉眼では見られない世界や透明感のある被写体に魅かれる傾向がある。
ホームページ http://www.norisakamoto.com/

高嶋清明(たかしま・きよあき)
1969年山形県山形市生まれ。写真家・海野和男氏の助手を経て2008年独立。山形県庄内地方をフィールドに、昆虫メインの写真家として活躍中。動画・録音などメディアの幅を広げ昆虫たちに日々向き合う。最近は、特にハイスピードカメラや紫外線カメラを使った肉眼では捕らえられない昆虫たちの撮影に力を注いでいる。

田中陵二(たなか・りょうじ)
1973年群馬県生まれ・神奈川在住。学位取得後研究機関を転々とし、現在は公益財団法人研究所の主任研究員。本業は有機・無機材料化学の研究職だが、鉱物や物質の美を写真で表現できないものかとマクロ・顕微鏡写真で奮闘中。著書はPHP「よくわかる元素図鑑」等。本人サイトは「結晶美術館」。

湊 和雄(みなと・かずお)
1959年東京生まれ。78年琉球大学に入学し沖縄に渡る。同大学院修了(昆虫生態学専攻)後、資料館勤務を経てフリーランス。山原(やんばる=沖縄本島北部)をメインフィールドに亜熱帯・琉球列島の野生生物を、写真とビデオで追いかける。「昆虫は生きているから面白い」をモットーに自然環境での撮影に拘る。現在SSP副会長。

吉田 譲(よしだ・ゆずる)
1988年岩手県生まれ。東京農業大学バイオサイエンス学科を卒業後に環境調査会社に就職。在学中は両生・爬虫類や蜘蛛、粘菌、冬虫夏草などを主な被写体としていた。就職してオオヤドリカニムシという哺乳類に便乗する種に出会ってからは土壌動物の世界に魅了され、カニムシ・ザトウムシなどを中心に精力的に撮影している。


登録情報

  • 単行本: 128ページ
  • 出版社: 文一総合出版 (2017/5/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829972173
  • ISBN-13: 978-4829972175
  • 発売日: 2017/5/9
  • 商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,557位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
評価の数 7
星5つ
82%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
18%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

6件のカスタマーレビュー

2018年2月19日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年8月7日
Amazonで購入
2017年7月30日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年6月1日
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月8日
review image
35人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年5月10日
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告