Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 929
(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[菊池聡]の超常現象をなぜ信じるのか 思い込みを生む「体験」のあやうさ (ブルーバックス)
Kindle App Ad

超常現象をなぜ信じるのか 思い込みを生む「体験」のあやうさ (ブルーバックス) Kindle版

5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 929
新書
"もう一度試してください。"
¥ 16,443 ¥ 1

紙の本の長さ: 220ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「自分の目で見たこと」は信じてよいか?UFO、虫の知らせ、星占い……。科学的には証明できないことも、実際の体験をとおして信じてしまう。しかしその「体験」は、本当のできごととは限らない!超常現象の実在を信じてしまうのは、人の思考システムの本質がかかわっている。(ブルーバックス・1998年9月刊)

内容(「BOOK」データベースより)

UFO、虫の知らせ、星占い…。科学的には証明できないことも、実際の体験をとおして信じてしまう。しかしその「体験」は、本当のできごととは限らない!超常現象の実在を信じてしまうのは、人の思考システムの本質がかかわっている。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 41897 KB
  • 紙の本の長さ: 224 ページ
  • 出版社: 講談社 (1998/9/20)
  • 販売: 株式会社 講談社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00GHHY9YI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 109,267位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2008/7/20
形式: 新書 Amazonで購入
「自覚しておかなければならないことは、再三再四指摘しているように、体験を構成する知覚や記憶、思考といった情報処理はエラーに対してもろく、容易に情報の変容を引き起こすことです。こうした認知的なエラーが自分にも起こっていることに無自覚な人は、しばしば、自分の体験を絶対化してしまいます。この体験の絶対化が多くの誤信や迷信の最大の母体となるのです」。

認知心理学の本である。後半は確率論で得られる答えと直感で得られる答えで大きな差異が生じやすい例も挙げたりしている。認知心理学の基本について触れたことがない方は、参考になるところがあるだろう。

ただ、人間の思考や認知の基本原理が生物学的に完全に明らかになっているとはいえない現状では仕方ないのだが、たとえば「XX人に試してXXと答えた」などといった、物理や化学実験に求められる精度と比べれば実験と呼ぶのでさえためらわれる結果と仮説によって構築される説明については、今後この分野の研究はまだまだ進歩する余地がありそうだなと思わずにはいられなかった。

また、本書のタイトルになっている「超常現象」ということに対しては、超常現象には誤認が多く含まれている筈だという、大人になればたいていの人は本書を読まなくても既に当たり前に知っていることを心理学者の説明でより正確に確認する機会になっただけである
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
 この著者の本はどれも基本的に一読の価値があるが、内容のまとまりと、入手しやすさ、判りやすさ、という点で考えると、本書が最もおすすめできる。

 トマス・ギロビッチの『人間この信じやすきもの』を平易にしつつ広げ、日本向けにしたもの。それほどの評価が可能である。少なくとも私はそう思う。

 著者は、日本における懐疑論的クリティカルシンキングの最大の伝道者であり、その基本には誤信形成のメカニズムを研究してきた認知心理学の知見がテンコ盛りとなっている。

 認知的錯誤、誤信について、それをどのように眺め理解することができるのか、そういった領域についての良き入門書としてぜひぜひ推奨したい。

 同系統の本を読んだことがない人は、とりあえず読んでおくと良い一冊。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
超常現象を題材に、人間の認知の限界・偏向を分かりやすく解説しています。超常現象のありなしを論じた本ではありません。
人の「体験」が常に「事実」ではないということが、数々の認知心理学の成果や簡単なテスト(ほとんど引っかかりました・・・)によって体験できます。
情報のインプットである五感の錯誤。人間は見た物をそのまま見ているのではありません。次に記憶のあいまいさ。事前や事後に与えられた情報によって、なかったことを「確かに体験した」と信じることもありえます。続いて、解釈の偏り。人間には「スキーマ」と呼ばれる「世界の見方」についての基本フレームがあり、それを通して世界を見ていますが、自分のスキーマにあわないものは気持ちが悪いので切り捨て(認知的不協和の解消)、合致するものだけ取り入れます。結果、「見たい物だけを見る」こととなり、解釈は大幅に偏ったものになってしまいます。
僕たちの「体験」は、これだけ様々な「偏り」による影響を受けています。その事実を認識し、「本当にそれは正しいのか?」ということを検証する批判的なものの考え方(クリティカルシンキング)を身につけることが大切だと分かります。
目から鱗が落ちる本。だまされないために、偏見をなくすために、全ての方に是非ともおすすめしたい本。明日から、ものの見方が変わること間違いありません。
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 シロエ 投稿日 2014/5/27
形式: 新書 Amazonで購入
少し期待はずれな感じはしたけど、読んでいて、はっと気づかされることもあって、面白い部分もありました!(^o^)/
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
人間の認識や記憶がいかに曖昧なものかを実感。身近なごく限られた例から一般的な法則を導いてしまうのは誰にもあることだが、それが思い込みになって認識をゆがめてしまう。
本書に取り上げられている面白かった例は、「子供をほめるより叱る方がいい」という思い込みがいかに形成されるかだ。簡単な例を挙げると、一般的な子供なら、朝ちゃんと起きるのと、寝坊するのが大体交互に繰り返され、つまりたまには遅刻するが遅刻してばかりということもない。そこで、ちゃんと起きたときにほめてやると確率から言って次には遅刻することが多い。逆に遅刻したときに叱ると、同様に遅刻してばかりということはないので次はちゃんと起きる。結果だけ見るとほめた方が子供のやる気を伸ばす、とは正反対の結論が塊°Ž!けてしまう。(実際のところどちらが正しいかはわからないが)
論理的に考える前にまず自分がいかに前提を誤りやすいかを教えてくれる。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover