¥ 659
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
超人間要塞 ヒロシ戦記(4)<完> (イブニングK... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

超人間要塞 ヒロシ戦記(4)<完> (イブニングKC) コミックス – 2017/6/23

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 637 ¥ 1,142
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 超人間要塞 ヒロシ戦記(4)<完> (イブニングKC)
  • +
  • 超人間要塞 ヒロシ戦記(3) (イブニングKC)
総額: ¥1,318
ポイントの合計: 21pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

二百年前、母星を捨て、都市型宇宙要塞艦で地球に密航した国家「スカベリア姫国」。地球人から「スカベリア姫国」の存在を隠蔽するために、地球では宇宙要塞艦を地球人「ヒロシ」に擬態させた。「ヒロシ」として安定した生活を手に入れたかに見えたが、地球人・しずかが「ヒロシ」に惚れた事で事態は一変。国家転覆の危機がスカベリア姫国に訪れる事となる。


登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/6/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063546764
  • ISBN-13: 978-4063546767
  • 発売日: 2017/6/23
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 愚駄猫 トップ500レビュアー 投稿日 2017/6/24
形式: Kindle版 Amazonで購入
 横浜の中華料理屋で働く青年「ヒロシ」が、実は微小異星人の要塞ロボであるというSFコメディ
、ファイナル。何とか日本社会に潜入してギョーザだけ作って静かに暮らしたかったのに、艦内部
「スカベリア姫国」を震撼させるのはヒロシに言い寄ってくる同僚のしずか。遂にはしずかの恐ろ
しい父親に「娘の相手としてふさわしいか試してやる」と拉致されたり、草野球(実は内部の異星人
は時間感覚に20倍以上の差異があるため、飛んでくるボールに対応するのが意外と難しい)に
強制参加と危機の連続。さらに姫国内部で「しずかと結ばれるべき」という一派が起こすクーデター。
大勢のスカベリア国民が暮らす「巨大ロボ」と、そうとは知らずヒロシを好きになるしずか。
奇妙な異星人ラブコメの結末は……。
 日常の暮らしの中で起こるトラブルに内部では国家規模で大騒ぎする様が面白かったコメディ、
とりあえずきれいに終わりました。根本的な解決はないまま…と言うか、実を言うとしずかは遂に
ヒロシの正体を知らないままだったので、バレたらどうなるのかという懸念は残りますが。
ラストシーンもアレというか、この要塞艦、そんな“機能” もあるの!? “行為” の最中はまた、
艦内は悪戦苦闘だったろうなあ…。
 いつか
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最初の勢いはすごくあった。世界観はだいすきだった。完結というか打ち切りに近いと思うけど、3巻ぐらいから勢い落ちたので仕方なかったのかなあともおもう。

最終巻では、廃品回収の話は総じて良かったが、川に飛び込んでまで希少物質をとるのは、今まで肩を叩かれたぐらいで故障したのに、激しすぎて違和感が・・。野球の話で、過去のレジェンドを呼んでなんとかしようというドラマが、4巻でもでてきたのは残念。レジェンドをひっぱってくるという展開は一度やった。話のバリエーションが足りない。最終話もなんかお見合いという話でヒロシが暴走したのは少し不自然だし、最終話と気がつかない読者もいるはずな盛り上がりで惜しい

ストーリーがしずかとのなんたらかんたらが多かったが、新ヒロインや、他国の敵、ヒロシに必要なパーツ探しとか、様々なアイデアは出る余地あるし、かなり伸びる世界観の可能性はあり、夢がある作品でした。逆に、なぜあそこまでダメな司令部になったのか、もっと真面目にやっていって、たまにボケるぐらいでいい。リアルな軍の司令部とかを取材してくれば全然違うとおもう。

餃子屋はリアルでとても良い。おそらく知らないとリアルにかけないタイプの作家だと思うので、どんどん取材を重ねていい漫画を描いて欲しい。それか構想練ってそれに共作者つけるとか。とにかくネタで悩む必要のないほどの世界観なのに悩むのはもったいない。次回作期待してます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告