¥ 745
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
超人ロック 異聞 (ヤングキングコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

超人ロック 異聞 (ヤングキングコミックス) コミックス – 2017/6/9

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 745
¥ 745 ¥ 1,327
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 超人ロック 異聞 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • 超人ロック 外伝 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • 超人ロック 鏡の檻(2): YKコミックス
総額: ¥1,965
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今年で生誕50周年を迎える超人ロックをお祝いして、ロックを愛する作家陣の佐藤マコト、黒丸、鈴木小波、大井昌和、太田垣康男、大石まさる、環望、やまむらはじめがロックを題材に読み切りを描いた豪華アンソロジー!


登録情報

  • コミック: 245ページ
  • 出版社: 少年画報社 (2017/6/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4785960256
  • ISBN-13: 978-4785960254
  • 発売日: 2017/6/9
  • 梱包サイズ: 17.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
レビューは書かない事がほとんどなのですが、今回たけは書きたくなりました^_^
超人ロックファンだけでなくSFファン+漫画好きならこの一冊は是非ともよんでほしい。
漫画好き+SF好き+超人ロック好きの私からのお願いです^_^
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
超人ロック50周年企画。と言ってしまえばそれまでだが、超人ロックに影響を受けた作家の方々がこぞって独自の視点でロックを描くと言う作品集(スラップスティックの体裁)になっている訳だが…悲しい事に最近の漫画に疎いもので誰一人として知らない方々ばかり。

まぁそれでも、作品としてしっかり楽しめる訳だし、このようなコラボレートは作品愛がなければ単なるお祭り企画になってしまうと思う。

個人的には、過去女子キャラと敵キャラの座談会と称した作品が面白く、内輪話と言うか実際に有り得たかも知れない机上の空論を展開する様が可笑しくて仕方ない。

そして、最後に長らく知り得る事のなかったDreammasterが収録されています。かつて天空の魔法士で妖精の森がお披露目されたように、今回もサプライズ頂きました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ロック・ファンの先生方による、ロックを主役に描かれた作品群。
本家には無いエピソードもあって面白かったです。
そしてラストは当然、聖先生の『dream master』
やっと読めました~...!

私のツボは黒丸先生の『超時空女子会 / 悪役超時空会議』です。
あとがきで「ディスりまくっているような...」と書かれてましたが
いえ!
長年の(特に女性)ファンも内心で思っていた事なのでは...のオンパレードだったと思います(笑)
何千年経とうとロックの姉はマチコだけだなぁ。
も~フランシスとマチコ好きの身としては嬉しくてたまらなかったし、2作品とも爆笑しました。

どの先生方からもロック愛が伝わる1冊でした(^^)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 超人ロックとタイトルにありながら「聖悠紀先生のオリジナル作品」は一つだけと言うアンソロジーです。
 一つ一つがそれぞれの作者が切り取った「超人ロック」であり、オリジナルの歴史物語に組み込むのは難しいかもしれない作品も独特な魅力を持っています。…「女子会」とか「悪役対談」とかはオリジナルに相当入れ込んでいないと理解できないかもしれませんが…。
 「超人ロック」をきっかけにまたは肥やしにしてこれだけの作者が育ったというのはとても素晴らしいことだと思います。
 …まぁ、昔からのファンの欲目ではシェアードワールド作品群でありながら、やはり一番輝いているのはオリジナルだなぁ、と言う感想ではありましたが。
 ちなみにこの中で個人的に一番気に入ったのはやまむらはじめ先生の作品でした。

 なお、「参加作者からなどで買って読んだが「超人ロック」そのものがわからない。」という方は日本版Wikiで「超人ロック」をググることをお勧めします。登場するキャラクター、用語、テクノロジー、全体の流れ、作品名とものによってはあらすじが詳細に紹介されています。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
プロの方たちにこそ超人ロックは愛されているとわかる本。とても新鮮であり、そしてなつかしい。個人的には「温泉ロック」がよかった。SFファンとそうでない人に。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告