通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
超一極集中社会アメリカの暴走 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

超一極集中社会アメリカの暴走 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/24

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,319

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 超一極集中社会アメリカの暴走
  • +
  • 超・格差社会アメリカの真実
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 83pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

たった0.1%の超富裕層がすべての富を収奪する!
トランプ政権を生んだ国の凄まじき現状と絶望的未来

ひとつまみの支配層による富の独占。それはさら
なる富を生み出す技術革命を推し進め、コストに
過ぎない労働者からあらゆる仕事を奪い、産業構
造を激変させていく。富の暴走は、トランプ政権
を誕生させたごとく、社会基盤を崩壊させるまで
続くのだ。
在米36年のトップアナリストが豊富なエビデンス
で明らかにする大国のリアルと日本の明日。
これは来たるべき日本の現実だ!

≪目次≫
I. 「0.1%」対「99.9%」の現実
上位0.1%の所得だけが増え続ける
下位90%の純資産は減り続ける
純資産1億円超の富裕層でも借金は増えている

II. 高騰する「勝ち組」へのパスポート
エリート校はますます狭き門に
幼稚園の授業料は年間300万円
大学4年間で3000万円
借金まみれの学生たち

III. 実は復活しつつあるアメリカの製造業
アメリカ「一人勝ち」のエンジンは何か
自動車メーカーはシリコンバレーを目指す
石油・天然ガスはクリーンではないが金を生んだ
3Dプリンターが自己増殖する
ファストフード店で接客するロボット
ロボットがロボットに学習させる
製造業の国内回帰の先に

IV. 強欲資本主義は死なず
商品に客を売る
なぜファンドは大半が損でも潰れないのか
大量破壊兵器を開発する数学者たち
政治に回遊する富
金融サービスの基本機能は3つだけ
労働者は年金のために解雇される
「資産の移動にかかるコスト」というバロメーター
「浪費ファンド」が獲物を探して徘徊する

V. シリコンバレーの錬金術師たち
湧き出る金が政治を呼び寄せる
電子書籍を読むスピードまで丸裸に
個人情報はどのくらい儲かるのか
4000社のデータ・ブローカーが個人情報に群がる
ピーター・ティールとCIA
バイブレーターの使用状況をリアルタイムで収集
AI医師が見えない病因を見つけ出す
フェイスブックが蓄積した1200ページの個人情報
情報提供者には権利も利益も与えられない

VI. 情報革命が人間を駆逐する
弁護士の役割も機械が代替する
世界市場を席巻する「白タク」「民泊」斡旋業
「究極の臨時雇い」が世界の利益を吸い上げる
プラットフォームは誰のもの?
「ブロック・チェーン」は銀行や役所の独占を突き崩すか
人間を排除して価格を下げた商品を買うのは誰か

VII. 「超一極集中」が社会を破壊する
2010年以降の高利益が意味するもの
作業プロセスから労働力を排除する
勝者が全てを取る
上場企業は20年間で半減した
高収益企業は四つに類型化できる
ウェルチとバフェットの教えが示す未来とは
金権政治が富の集中を加速させる
「トランプ大統領」というパラドックス

VIII. 押し寄せる巨大なうねり
メガ・トレンドを一望する
生き残りそうな職は何か

IX. 絶望の先へ生き延びるために
21世紀の開拓時代を生きる
世界共通言語は数式とプログラミングだ
コンピューター・セキュリティ・エキスパートは引く手あまた
マイ・ビッグデータは自身で保護するしかない
アメリカの自律は期待できない
流動性を恐れるな

内容(「BOOK」データベースより)

0.1%の超富裕層がすべての富を収奪する!トランプ政権を生んだ大国の、凄まじき現状と絶望的未来。『超・格差社会アメリカの真実』から10年。在米36年のトップアナリストが、豊富なエビデンスで読み解く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 新潮社 (2017/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410350871X
  • ISBN-13: 978-4103508717
  • 発売日: 2017/3/24
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,516位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者の前作も驚愕の連続、目からウロコが落ちっぱなしだったが、久々の本作は緊張感の連続だった。

今や戦いは、情報がすべてだと言っても過言ではない。そしてその情報をいかに分析、考察し今後の戦略に用いるか。そこまでは日本の知識層も理解はできている。しかし、そのすべてを握っているのがアメリカであり、同時にすべての分野においてアメリカが圧勝する、という理解まで受け入れることはできないだろう。

日本の専門家(キャリアや大学教授などプロフェッショナルといわれる者をすべて含む)は過去の分析には長けているが、これまでも将来の予測についてはことごとく外し、その責任すら負わされずこれまでやり過ごせている。当然ながらアメリカの教育機関のように、日本の専門家が優秀な若者を輩出できるはずもなく、今後も斜に構える彼らの姿は変わることはない。あったとしても著書に書いてあることを彼らの理解力の範囲で、都合よく変換もしくは隠ぺいし、右から左へと我々一般庶民に伝えることくらいだろう。

著者の文体はとても丁寧だ。だからこそ逆に恐怖を覚えた。国をはじめ国民一人一人が、このまま無策で無防備で無知でいると「必敗者」になると。しかしその文体は、著者の日本人(著者はアメリカ国籍かもしれないが)としての優しさとも
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
アメリカの今、そしてこれからをストレートに書いた本である。著者の経歴と本の内容から推測するに、経済を通じてあらゆる種類のビジネスを見てきた方なのではないだろうか。

本文で触れられているように、アメリカは過去十数年というわずかな期間に、幾つもの新しい企業(アマゾン、グーグル、フェイスブックなど)が世界的な大企業へと急成長した。宇宙開発やDNAを操作しての治療、3Dプリンターによる新素材、人工知能の進化など、新しい事業分野も数多く誕生している。その、ハイスピードで進む技術進歩をもとに、アメリカの政治が、金融が、教育が、医療が、情報が……、どのように変化していくのか。著者は何十年もの先を見据えて未来予測をしていく。

本書は、著者が読者に語りかけるようなやさしい口調で書かれている。テーマが多岐にわたることから、データの数字や細かい話は、あえて省かれているようにも思う。しかしおそらくこの背景には、膨大なデータとエビデンスがあるはずである。私たちは、「ふーん、SFみたいな話だね」「アメリカは大変だね」などと悠長に受け止めず、必死になって行間を読む必要がある。

先日たまたま著者がNHKのラジオに出演されていたのだが「シリコンバレーの人たちは、技術進歩の速さに戦々恐々としている」「皆が、振り落とされないための危機感をもっている」とお
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本著で述べられていることは、アメリカだけの問題ではないことは容易に推測でき、
流して読み進めることなどできないほど、特にここ10数年のアメリカの変化、
「高速で広範囲で厚みのある技術進歩」の中身には衝撃を受けました。

また、今起きている恐るべき現実について、世帯、所得階層、学歴、資産、就業、家計債務、産業、資本、市場等、
あらゆる側面から豊富なエビデンスに基づいて書かれています。

実際、著書で指摘されていることを裏付ける出来事も起きています。

たとえば「facebook」に殺人事件の動画が投稿された問題を受けて、
ザッカーバーグ氏は通報の仕組みを見直すとともに、
問題のある動画をいち早く発見するための人工知能(AI)を開発中であることを発表しました。

「Amazon」や「グーグル」「Facebook」の急成長は著書でも紹介されていますが、
4月17日時点の世界富豪ランキングで、アマゾン・ドット・コムの創業者兼最高経営責任者(CEO)である
ジェフ・ベゾス氏が2位に浮上し、2016年末時点では2位だった投資家のウォーレン・バフェット氏を抜き、
1年後には、マイクロソフトの創業者のビル・ゲイツ氏から首位の座を
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告