通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
超・反知性主義入門 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 white eye白目堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2015年1刷。裁断面若干汚れあり。帯あり。カバー折れ・上部1cmほど切れあり。こちらの商品は、アマゾンから発送いたします。送料無料、お急ぎ便も選択できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

超・反知性主義入門 単行本 – 2015/9/15

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 685
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 超・反知性主義入門
  • +
  • 困難な成熟
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 49pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

他人の足を引っ張って、何事かを為した気になる人々が、世の中を席巻しつつある…。

安倍政権の政策から教育改革、甲子園、ニッポン万歳コンテンツにリニアまで、
最近のニュースやネットの流行を題材に、日本流の「反知性主義」をあぶり出してきた
「日経ビジネスオンライン」好評連載中のコラムが、大幅な加筆編集を加えて本になりました。

さらに『反知性主義 アメリカを動かす熱病の正体』の著者、森本あんり・国際基督教大学副学長との、
「日本の『宗教』と『反知性主義』」をテーマにした2万字対談も新たに収録。

リンチまがいの炎上騒動、他人の行動を「自己責任」と切り捨てる態度、
「本当のことなんだから仕方ない」という開き直り。どれにも腹が立つけれど、
どう怒ればいいのか分からない。日本に漂う変な空気に辟易としている方に、
こうした人々の行動原理が、最近のニュースの実例付きで、すぱっと分かります。

エッセイ集として、日本の「反知性主義」の超・入門本として、お楽しみください。

著者について

小田嶋 隆(おだじま・たかし)
1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。
1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、
現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 304ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2015/9/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822279286
  • ISBN-13: 978-4822279288
  • 発売日: 2015/9/15
  • 梱包サイズ: 19 x 12.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 60,115位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
反知性主義という言葉は、元祖ホフスタッターの使った言葉から遠く離れて、内田某の書有名になって「反知性主義」=「愚者」と結びつけられた。反知性主義の意味するところは違う。ホフスタッターは、神学のリバイバイリストであり、権威化した神学を人々の手に取り戻すためにあの書を書いたのだ。本書は、その意思を受け継いだといえよう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 日経ビジネスonlineで掲載中のコラムをまとめた単行本の第4弾である。今回の単行本は購入してから読了するまで半年くらいかかってしまった。後書きを読んでやっとその理由がわかった。Web連載の文章に手を加え、少し贅肉を落とした文章にしているのだという。私は、贅肉のついた、少し行きつ戻りつする著者の文章が好きだったので、そうでなくしている文章を読んで違和感を感じていたのだろう。
 この著者の本領は、あーだこーだという思考の蛇行にこそ面白さの源泉があること、そして私がその蛇行が好きであることをあらためて実感した。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最近、「反知性主義」という言葉をよく耳にしますが、『超・反知性主義入門』(小田嶋隆著、日経BP社)では、こう説明されています。「言葉だけを見ると『知性というものに対する敵意』なのかと思うけれど、そうではなくて、『知性の背景にある権威主義に対する反感、疑い』だと、あんりの本を読むとよくわかる。反感だから、刃は知性に向いているけれども、もっともっと根本的な反感が、知性そのものじゃなくて、知性の向こう側にあるものに向いている」。その森本あんりは、「反知性主義(anti-intellectualism)というのは、知性をまるごと否定するんじゃなくて、『既存の知性』に対する反逆なの。知性の否定というより、『今、主流になっている、権威となっている知性や理論をぶっ壊して、次に進みたい』という、別の知性です。だから、無知で頑迷固陋というのとは反対で、開拓者的なの。フロンティアスピリットに支えられて、戦闘意欲満々で、今大きな顔をしている権威だとか、伝統だとか、その道の大家だとか、そういうのをみんなぶった切っていくわけ」と語っています。

「さらば、沈黙の俳優」には、高倉健と安倍晋三の語り口の比較論が記されています。「追悼企画の中で再生されていた高倉健のセリフまわしと、夜のニュース番組で解散の真意を語る安倍さんのしゃべり方を聴き比べて、その二つが同じ日本語であるようには思えなかった
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
正直、本書の元になったウェブでの連載はマンネリの気がして以前のように毎週朝一番にチェックする習慣をなくしていました。が、森本あんりさんとの対談が書籍オリジナルとして加わるということで予約購入。

その対談に関しては、期待したほどの濃い内容ではなかったものの、最近言葉が一人歩きしているなと思っていた「反知性主義」についての基本的な確認ができた点は収穫といえます。

ウェブコラムの再録部分については、以前の書籍化ぼ際にはなかった報道概略と後日談に前後を挟まれるようになっていて…これを見た瞬間、私が最近の連載をマンネリと感じていた理由がはっきりした気がしました。
以前のコラムの内容だったら、報道よりかなり日があいて取り上げられたニュースへの知識が薄れた後になっても、小田嶋さんの関心の持ち方やピックアップする内容自体にこちらの興味が惹き付けられたのに、最近の内容は報道を読者も把握しているという前提で書かれているものが多いので、小田嶋流の屈折した視点という意味では物足りなくなって来ているのだ、と。

これは編集側の意向もあるんだろうか…小田嶋節を楽しみたい読者としては、当初のような誰も目に留めない事件も取り上げてくれていいのにと思うのですが、著者自身の関心と意欲が薄れているということなのか…

でも日本
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
日経ビジネスの広告に出ていたので読んでみたけど、世の中で起こっていることを解説はしてる。でもスッキリしない。後半に、本を読んで何かを得ようというのは虫が良すぎる的な話が出てきて、かなりズッコケたが、まあ、人並みに本を読んできたが、あまり事態が打開できないのはそういうことなんだな、という納得はした。図書館があっても、本屋があっても世の中良くならないのは、ある意味、そういうことなんだろう。国会で議論がされずに、ボク賛成、キミ反対、っていう感じなのは、ここでいう反知性主義っていうことなんかもしれん。筆は剣よりも強い社会ってのは、かなり面倒だということか。中近東で起こっている、先進国から鼻つまみ者が原理主義に従ってドンパチしたり、過去の遺跡を壊してみたりするのも、そういうことがしたい人たちが、そういうことを実行上許される土地へ移動してやっている、と捉えれば、そうなのかもしれない。
自分の中で消化できないものを無理に消化する、ある意味、心の胃薬のような本という感じ。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー