通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
超バカの壁 (新潮新書 (149)) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

超バカの壁 (新潮新書 (149)) 新書 – 2006/1/14

5つ星のうち 4.0 76件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 超バカの壁 (新潮新書 (149))
  • +
  • バカの壁 (新潮新書)
  • +
  • 「自分」の壁 (新潮新書)
総額: ¥2,267
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「今の日本社会には、明らかに問題がある。どんな問題があるか。私はものの考え方、見方だと思っている。そこがなんだか、変なのである」――フリーター、ニート、「自分探し」、テロとの戦い、少子化、靖国参拝、心の傷、男と女、生きがいの喪失等々、現代人の抱える様々な問題の根本が見えてくる。「バカの壁」を超える方法、考え方は自分の頭で生み出す。そのためのヒントが詰まった養老孟司の新潮新書第三弾。

著者について

一九三七(昭和十二)年神奈川県鎌倉市生まれ。六二年東京大学医学部卒業後、解剖学教室に入る。九五年東京大学医学部教授を退官し、現在東京大学名誉教授。著書に『唯脳論』『バカの壁』『死の壁』など、専門の解剖学、科学哲学から社会時評まで多数。


登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 新潮社 (2006/1/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106101491
  • ISBN-13: 978-4106101496
  • 発売日: 2006/1/14
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 76件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 85,504位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
知っている人には知っている知識を文章に記したような内容です。
著者のいつも言っている内容をあえて本にしたような中身ではありますがファンなら収集の意味で買っておいて損は無いかも。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 itgaki VINE メンバー 投稿日 2006/4/29
形式: 新書 Amazonで購入
相変わらずの養老節ですね。

養老先生のモノの見方・捉えかたは凄く好きで、いろんな著作も読ませてもらっています。

この本の中でも、職業意識の話や誤解なんてあたりまえなんていうこと、そして、自分がいくら意識して行っているようでも、その意識の前には脳が働いているとう事実をもとに、置かれている環境が先にあり、全てを意識でコンとロース出来るわけではないことを「衣食足りて礼節を知る」という言葉を例に説明しているのも面白い、などいろいろ楽しめる本ではあると思います。

が、あえて言わせてもらえば、上記のことは(本人もあとがきで認めているように)他の本でも書かれていることを事例を変えて説明し直しているだけであるし、「無思想の発見」で書かれていること、時事ネタであれば「こまった人」の方が詳しく説明してあるし、何よりも養老先生らしさを感じます。(文体も口述筆記なのか、養老先生らしい「〜である」調ではなかったのも気になったし)。

そうなるとこの本の意義ってなんなんでしょうねぇ・・・。

どうも新潮社の「バカの壁」以降3匹目のドジョウを無理して狙いにいった感じがして、その辺が気になります。

養老先生らしいものの見方は健在なのですが、どうしても(出版社・関係者の)いやらしさを感じてしましました。仕方ないんでしょうけど・・・。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
なんだこれ?飲み屋で管巻いてるオヤジ?
1円とはいえ、実にくだらない本を買ってしまいました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
いまさら読んだが、当時騒がれたのが分からない。書いてある事は中身が無い。今では常識レベル。読む価値は無い
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書では、イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人は、なぜ互いに話が通じないのか。などを例にとり、端的に言うとそこに「バカの壁」があるのだという。おそらく、売り手と買い手、上司と部下にもそういう関係はあるだろう。「バカの壁」なんて聞いたことのない言い方だったが、これは、相互に一方的な主義主張に偏り、自分中心の一元論に陥り、そこから脱出しようとしない、もしくはそこに陥っている自分自身にさえ気が付いていない状況のことを言うのだろう。そこから脱却できると、本来は我々の思考に結果的に広がりが出て、深みも増すと思う。

 本書を読み進めていくうちに気がついたのだが、今の日本が閉塞状況に陥っていることの最大要因の一つがこの一元論のような気がした。そう感じたのは私だけであろうか。現代の社会は会社経営者、会社員から学生に至るまで、時代の違いはあるが、ほぼ同じ内容の教育を受けてきている。勉強の中心が大学受験にフォーカスされ、必ず正解が存在するように仕組まれた、八百長プロレス並の教育。本来ビジネス社会においては、よほど予定調和を重要視しない限り、答えのない局面のほうが多い。それなのに、誰しもが、「答えは必ずある」との一元論的な解釈に固執し、結局答えやそれらしきものを自分で見つけられず、周囲からも見つけてもらえず、気がつかない中、思考、行動力も地盤沈下し、やがて全体が
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 この本を読むきっかけになったのが、NHKで筆者が話しの中で、医学生の中にナイフの持ち方を知らず、ナイフをじゃんけんのグー型で握って解剖をしようとする学生がいる。このことが何故いけないかは、昔の学生なら教えなくてもわかっていたと話をされていたことなどが気になったからです。いまの時代、全てではないけれど、子供にいろいろと経験させる、特に道徳、倫理観を養う機会がないかと思われます。本のまえがきにもありましたが、そのようなことを痛感し、筆者はいろいろと説明の必要を感じお節介ごとをしたくなったのだと思います。
 私なりの解釈ですみませんが、体験し、記憶すること、つまり、経験することが大切であり、決して頭でっかちでなく、その経験によって揺るぎない信念を持ってる人になれと。人の行動や言動というのは他人ではなく自分でやるから責任もあるし、痛い目にも遭うことがある。傷つけたり傷つけられたりするのだから、いろいろ体験し自分にとって何が大切なのか見極める能力を養おうとする努力する日々、昔の人曰く、「苦労は買ってでもしろ。」です。だから、若いうちにいろいろ悩み苦しむことは大切です。
 経験不足の人々に些細なことの積みかさね老婆心で説教を
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー