• ポイント: 26pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想 (PH... がカートに入りました
+ ¥ 290 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感(カバーにスレ、キズ、ヤケ、ヨゴレ、折れ跡など)あり。ページに多少のヤケ、ヨゴレ、スレ汚れ、キズ、折れ、角折れあり。読むのに支障はないと思います。*迅速に発送いたします。どうぞご安心してお買い求め下さいませ♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想 (PHP新書) 新書 – 2015/7/16

5つ星のうち 4.0 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 超インフラ論 地方が甦る「四大交流圏」構想 (PHP新書)
  • +
  • 「スーパー新幹線」が日本を救う (文春新書)
総額: ¥1,684
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

大阪都構想反対派の急先鋒として注目を集めた著者による、渾身の最新刊!
「都構想」否決のその先にあるものは――?

人口が減り続けている大阪のみならず、「消滅」までもが危惧されている日本の「地方」。本書ではその復活の道筋を大胆に示す。
著者曰く、地方を甦らせる最短にして最善の道は「インフラ」しかない(なお、この「インフラ」とは、リニア新幹線や高速道路などのハードインフラから、地域コミュニティなどのソフトインフラまでを含んだ概念だ)。

じつは、あのアダム・スミスもカール・マルクスも、インフラ投資が経済にもたらす大きなインパクトについて論じていた。
しかし、現代日本において「インフラが重要だ」というと、「日本は道路王国で成熟社会だから、もうインフラなんて必要ない」「公共事業は税金の無駄使い」といった意見がすぐさま噴出する。
だが、そうした固定観念は、種々のデータから「大いなる間違い」だということがすぐわかる。本書では、
「日本の高速道路網は先進国中最下位」
「公共事業費は5倍になってGDPに反映される」
「デフレ期においては、インフラ投資で税収増が期待できる」
……など、知られざる事実を明らかにする。
さらに、「大(だい)大阪構想」「四大交流圏構想」をもとに、新たな経済圏の出現と、それが日本にもたらすであろう莫大な利益について詳説する。
地方復活、ひいては日本経済の明るい未来を描く注目作!
第1部 超インフラ論―総論―
第一章 既成概念を超えた「超インフラ論」
第二章 日本はもはや「後進国」である
第三章 インフラこそが「成長」の礎
第四章 「アベノミクス投資プラン」が成長と財政再建をもたらす
第2部 超インフラ論―具体論―
第五章 なぜインフラで地方は再生するのか
第六章 「東京一極集中」を終わらせる「大大阪構想」~四国・北陸・山陰と関西を一気に発展させる国家プロジェクト~
第七章 地方を甦らせる「四大交流圏」形成構想~「太平洋ベルト」集中構造からの脱却~
第八章 地域の絆を強める「ソフト・インフラ」を育む
終章  「アベノミクス投資プラン」の策定を

内容(「BOOK」データベースより)

「日本は道路王国で、もう高速道路なんて必要ない」「公共事業は、国の『借金』を膨らませるだけで、税金の無駄使いだ」。こんな言説をよく耳にする。しかし、それは全くの「デマ」に過ぎない。じつは日本は、先進諸外国に比してはるかに「インフラ後進国」であり、さらに、インフラ投資は地方を甦らせる最短の道なのである。今こそ、これまでの常識を「超」えて、景気停滞や人口減少を解決するための「超インフラ論」を力強く推し進めていかなければならない―。「大阪都構想」反対派急先鋒として注目を集めた著者による、渾身の最新刊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 251ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2015/7/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569826342
  • ISBN-13: 978-4569826349
  • 発売日: 2015/7/16
  • 梱包サイズ: 17.5 x 10.6 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 267,720位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

18件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

18件中1 - 8件目のレビューを表示

2018年3月1日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年8月28日
形式: 新書Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年9月28日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年8月16日
形式: 新書
54人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年10月13日
形式: 新書Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年11月4日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年8月5日
形式: 新書
44人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年7月25日
形式: 新書Amazonで購入
70人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告