通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー 単行本 – 2008/9/18

5つ星のうち 3.4 42件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー
  • +
  • 「超」文章法 (中公新書)
  • +
  • 「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
総額: ¥3,153
ポイントの合計: 96pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「超」整理法から15年。ついにミリオンセラーを書き直すときがきた!

新時代をリードする最強ノウハウ

――情報を整理する必要はなくなった。なぜなら検索できるから!
時間をかけず、コストもかけず、努力もせずに、誰でもすぐに構築できる。
そんな夢のデジタルオフィスは私たちの手の中にあった!
さらに広がる情報格差化社会で、最も有用な情報を得るための近道は“検索の方法”である。

今この時代に、何を問い、どんな答えを見い出すのか。
「整理は分類」という伝統的な考えを覆し、「時間軸検索」という新しい発想から整理法を提案した『「超」整理法』の著者が説く、新時代の仕事法。

内容(「BOOK」データベースより)

「超」整理法から15年。ついに、ミリオンセラーを書きなおすときがきた!もはや、情報を「整理」する必要はなくなった!新時代に対応する最強ノウハウ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 303ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/9/18)
  • ISBN-10: 4062149486
  • ISBN-13: 978-4062149488
  • 発売日: 2008/9/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 204,657位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
これはつらい。
キャッチコピーに「ついに、ミリオンセラーを書きなおすときがきた!」とまで書いてあるので、かつて『「超」整理法』に影響を受けた自分としては、期待大で即購入。

・・・・が、中身は「超」薄味でした。

他のレビュアーさんが書いているように、「Gメール使おう」と言っているだけの本です。3年前に出た本ならともかく、2008年の段階でそれはないでしょう・・・。しかも終盤は、切れ味の鈍い説教モードになっていくのです。

残念ですが、野口悠紀雄衰えたり、を感じざるを得ない内容でした。いろいろ活躍しすぎでアウトプットが尽きてしまったかのな?
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直言って、前半のGmail、GmailDriveの詳しい説明はいらないと思います。
はっきり言ってグダグダです。
あとGmailを過大評価しすぎなのではないでしょうか。
OEでも検索力は進化してますし、著者のような仕事上でなく、あくまでプライベートな使い方ならオンライン格納に拘らなくてもOEでも十分機能は満たされると思います。もちろん避難先、外出先での利用なら十分優位性は発揮されるでしょうが。

むしろ後半が秀逸であり、とても印象に残った。
検索力の向上で個人レベルから社会レベルまで革命が起こる可能性に言及し、デジタルオフィスとそれを操る人間の意識変革が、既存の知の体系を打ち壊すだろうと著者は推測しています。
例えるならデジタルオフィス(Gmail、PDF化)が材料だとすれば、それを操る技法(問題意識、仮説設定、モデル採用)が調理。そこで出来上がる料理が”知の産業革命”なのでしょう。

既存の知の体系(大企業など)の閉鎖性、そしてIT後発国である日本に対する警告の書でもある。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「情報を整理するのにGmailを使おう」それだけの本です。そんなこと1ページもあれば説明できます。メール、セキュリティ、PC、すべてにおいて素人な著者が手放しに「パスワードも、仕事の内容も、あらゆるものをGmailへ送ってしまえ」と言っています。こんな内容でも「超整理法」と名前をつければ売れてしまうのですね。「ついにミリオンセラーを書き直すときがきた」と謳っていますが、超整理法の押し出しファイリングよりGmailの方がよかったという内容です。買わなきゃよかった。これだけの内容で303ページも書けるなんて凄いな。
1 コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きたきつね VINE メンバー 投稿日 2009/2/28
形式: 単行本
書いてある内容は、最近メディアでブームの勝間和代さんの代表作「自分がGoogle化」と大きく変わらない。ので、思ったほど、というかタイトルのインパクトほどは、凄い内容ではないと思いました。ただ、IT関係が苦手な人(実際には、Googleの普通の検索すら使いこなせていない人が多いと感じています)が、読めば、相当参考になる部分があるように思います
また、デジタル化=ペーパーレスでは無い点も注目できると思います。一方、書類を、自分だけでなく、相手側にもPDFファイル化していくと、かなりのペーパーレス化には繋がると思います。
ただ、私自身は、高性能PC(Core2Quad)+高性能ノートPC(Core2Duo)で最近富士ゼロックスのDocuWorks(文書電子管理ソフト)を導入し、付属のExpandFinderというあいまい検索ソフトと併用したところ、ほぼ完全にペーパーレスになりました。このように、IT技術は日進月歩なので、この著書もあっという間に陳腐化してしまうかも知れません。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一つ目は「超」整理法で提案された紙媒体の資料整理では恩恵を受ける人が多いと思うのですが、超「超」整理法ではITを使っているという前提が必要であるため、インパクトが弱くなってしまっている。

本書の目玉である「分類しないで、検索しろ」といのは、すでにGoogle社がいっていることと同じように聞こえてしまいました。

Gmailのそもそもの使い方の思想として「情報を整理しなくても、情報は検索してください」といってますから・・・。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lexusboy トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/2/24
形式: 単行本
 「整理hacks」を見て、本書に気づいた。

 野口氏は、気がつかないうちに、「デジタル・オフィス」が実現したという。
 このような時代にあっては、今後必要となるのは、知識を蓄積することでなく、検索力である。
 従って、生活や仕事において検索を前提としたシステム構築をしないといけないということだろう。

 この目的を実現するためにはGmailの導入が不可欠である旨説いているが、私も同感で、人にGmailを勧めているが、勧められるままに導入する人は稀なのが不思議である。
 今後、オンライン上に保存できる容量がさらに増えてくれば、手持ちのパソコンに必要なHDDの量は減ってくるのであろう。
 さらに、スキャナが電子の世界と紙の世界をつなぐ架け橋であると位置づけられているが、全く同感である。スキャナも一人一台の時代が来るのではないか。

 電卓が発明されて算盤技術が不要になったように、検索エンジンの進化で、単なる該博な知識、文書やメールの整理技術は不要になったとする。
 従来は、長期記憶をよく整理している人が「頭のいい人」と言われる条件であったと思われる。これからは、検索すれば得られる知識だけを持つ専門家には厳しい時代である。
 では、検索力が同等であるとすれば、何で差
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー