Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324

¥ 302の割引 (48%)

ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[藤田晋]の起業家 (幻冬舎文庫)
Kindle App Ad

起業家 (幻冬舎文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.6 62件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 324
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 700 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 59

商品の説明

内容紹介

二〇〇〇年ネットバブル崩壊後、会社買収の危機だけでなく、業界の低迷で社内外から批判を浴びた日々。再びのネットバブルで親友・堀江氏に抱いた嫉妬心。そして発生したライブドア事件。株価大暴落の中、進退をかけて挑んだ新事業の行方は? 起業家の重圧と孤独、仕事の手腕と熱意すべてを赤裸々に綴り、働く意欲を掻き立てるノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

二〇〇〇年ネットバブル崩壊後、会社買収の危機だけでなく、業界の低迷で社内外から批判を浴びた日々。再びのネットバブルで親友・堀江氏に抱いた嫉妬心。そして発生したライブドア事件。株価大暴落の中、進退をかけて挑んだ新事業の行方は?起業家の重圧と孤独、仕事の手腕と熱意すべてを赤裸々に綴り、働く意欲を掻き立てるノンフィクション。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2076 KB
  • 紙の本の長さ: 181 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2015/8/5)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B012VPZVSW
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 62件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 8,779位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
前作「渋谷で働く〜」は五回以上読みました。経営者=かっこ悪いおじさん、というセオリー?を崩してくれて、藤田社長みたいになりたいなんて思ったこともありました。サイバーを立ち上げる際のエピソードを、食い入るように何度も読みました。今作を読んだ感想は、なんてかっこ悪い経営者になっちゃったんだろです。事業の柱がブログ(悪くはないですが、、)。サラ金の広告が大事な収入源だった。FXが金融業?(決して間違いではないけど、、)なんか違和感ありあり。ペニーオークションの事件でも、微妙な反論をされていたことも思い出しました。藤田社長はこんな事業をしたかったのでしょうか。これが21世紀を代表する会社?なんかとても寂しい気持ちになりました。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
僕個人としてはサイバーエージェントのサービスも大好きで、藤田晋さん関連の本は全て読んでいる。
現在29歳である私は「渋谷で働く社長の告白」の影響で、就職活動で新卒採用の面接も受けにいったし、
藤田さんのブログは大学時代から欠かさず読んでいる。

結局は別の企業で働くことになったけど、
藤田晋さんは憧れの経営者でありビジネスマンとしての価値観に強く影響を与え続けてくれる人物ということは今後も変わらないと思う。

僕は藤田さんを無理に批判するつもりはないし、むしろ批判したくない。賞賛だけ書きたかった。
どちらかと言えばほとんど肯定的に評価してしまう藤田ファン、藤田ニスト、藤田ニアン、藤田ペニスト。。。

どうしても言いたくない感想になってしまったので、僕の愛情度合いをどうかご理解下さい。

本当に批判的な感想書きたくありませんでした。

ただ、この本は正直期待はずれに終わってしまった。

渋谷ではたらく社長の告白が何故面白いかと言えば、当事者である藤田さん自身が小説風に
細かな人物との出逢いやエピソードを書いている点。
インテリジェンス時代の話で朝早く出社した時に宇野さんがオフィスで寝ていたとか「フェラーリ買
...続きを読む ›
2 コメント 197人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
つまらなくもなく、面白くもない本です。

サイバーエージェントに思い入れのない自分は、特別なにも感じない本でした。

ただ、Amazonレビューで酷評されるほど、ひどい本でもありませんでした。起業家と言われる人は、変わった人が多いと感じるのですが、すごく客観的で、冷静なタイプの人だと感じました。

経営に関しての思いは、
中小企業に務めたことがある自分としては、よく理解できます。

中小企業の社長が優秀な営業だと、本当に会社が拘縮します。
とくに、経営が悪くなった時、売上が落ちた時顕著です。

個人的に、サイバーエージェントは好きな会社ではありませんし、使っていませんが、大きくなる会社は、社長が黒子にっ徹するというのは、彼の会社の結果を見ても正しいのだと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直、前回の作品の方が断然面白かった。おそらくそれは前回執筆した時はまだサイバーが明日をも知れぬ状況の中で書いたからだろう。臨場感があった。本質が浮き彫りになっていた気がする。それに比べて今回は正直「結果」が出ている状況での回想録だ。当時はこういうことを考えていました...という言い方に終止している。これは受け手の問題でもあって藤田さんの問題ではないかもしれない。でもどうしても最初からトリックが分かってしまった推理小説を読んでいるようで...現在進行形の話をある時点で切り取る難しさを感じた。でも...続編が出たらおそらくブックオフで買うだろう。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 s543 投稿日 2013/4/17
形式: 単行本
前作が良かったので期待して読みました。しかし、残念ながら「え、これだけ?」って感じです。
これ社内報でイントラに載せればいいんじゃないかぐらいの内容。もっと前作のような魂をえぐる何かを期待していましたが、
完全に裏切られました。社内の混乱や著者の葛藤をここまでは書けるんだろうなという範囲で書いてる感じ。
上場企業のトップとして無難にまとめています。無難な分、文章に凄味が無いんです。まさかサイバーエージェントの宣伝本を
意識してるんじゃないかとさえ感じました。それとホリエモンの話はどうでもいいというか必要ないです。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover