通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 通常中古商品の為、ヤケ・スレ・折れ、・汚れ・シミ・汚れなどの経年による傷み・使用感がございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典などの付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 315473
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと 単行本(ソフトカバー) – 2015/1/16

5つ星のうち 4.6 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,484
¥ 2,484 ¥ 1,900

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 起業のファイナンス 増補改訂版 ベンチャーにとって一番大切なこと
  • +
  • 起業のエクイティ・ファイナンス---経済革命のための株式と契約
  • +
  • 現役経営者が教える ベンチャーファイナンス実践講義
総額: ¥8,964
ポイントの合計: 254pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

★“起業家のバイブル"の増補改訂版

起業家はもちろん、ベンチャーキャピタルやエンジェル、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士など、
起業家をサポートする人からもご好評をいただいた同名図書の増補改訂版。
前作は、ベンチャー投資額が大幅に減少し続ける中で発行されましたが、その後のベンチャー生態系の急速な活性化により、元気なベンチャーが多数起業し、
数十億円規模の増資を成功させるベンチャーも登場するようになりました。
そこで、2015年に施行予定の改正会社法も反映させた、ベンチャーのコーポレートガバナンスを解説する章を新たに書き足すなど、
起業にまつわる最新の情報を盛り込み、全編を大幅に書き換えました。

★起業の基本からコーポレートガバナンスまでわかる

本書は起業家に起業や成長のイメージを膨らませてもらうための解説書。
事業計画、資本政策、企業価値、IRなどの基本的な知識から、コーポレートガバナンス、社外取締役に求められる役割、会社の機関など突っ込んだ話題まで、
人気メルマガ「isologue」の磯崎哲也氏がわかりやすく解説しています。

内容(「BOOK」データベースより)

あの「起業家のバイブル」が全面改訂!改正会社法を反映したベンチャーのガバナンスを最終章に追加。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 378ページ
  • 出版社: 日本実業出版社; 増補改訂版 (2015/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4534052456
  • ISBN-13: 978-4534052452
  • 発売日: 2015/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 5,502位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
実際にスタートアップの資金調達を考えるに際し、すでに数千万のシード資金を調達したスタートアップに、ストックオプションやVCからの投資、その他、起業回りの「お金」について、事前に知識を入れておくには、どういう本を読めばいいか?と聞いたところ、オススメされた本です。

磯崎さんの本は、赤い方(起業のエクイティファイナンス)もありますが、そちらは、もう少し複雑な内容になっており、上場を志す時に事前に頭に入れておきたい知識が詰まっています。その分難しいです。

こちらは、最初に読むべき本、とスタートアップ界隈で言われて入るだけあって、読みやすい内容になっています。
資金調達だけでなく、スタートアップが気をつけておくべきことや、スタートアップ界(?)はこうあるべき、と言った内容を広くカバーして入ると思います。
価格は少し高いですが、価格なりの価値があります。
あと、塩野さんの「リアルスタートアップ」も併せて読むのにオススメです。
そちらの2章〜4章は、特に、スタートアップが資金調達をしたり事業プランをピッチするために必要なことが重点的に書かれており、この起業のファイナンスと一緒に読むと、お金をどうやって調達してきて、どう使うか、どのようなことに気をつけておくか、と併せて、スタートアップの事業は、どのようなポイント
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
いわゆる「会計」という意味合いのファイナンスではなく、
スタートアップを立ち上げる中で必要な資金周りの基礎知識が学べる本です。

スタートアップの経営者はもちろんのこと、新規事業に携わる人は必読ではないでしょうか。
文調も堅苦しくなく、セミナーを聞いているような感じで読み進められます。

基礎の基礎なので、財務に関わりのない人こそ読むべき一冊。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
起業するに際し、3人くらいの先輩起業者から勧められて読みました。
本当に読んでよかった!!と心から思える本です。
起業から3年の中経を立てる際にも非常に参考になりました。
大小問わず起業する際には絶対読んだ方がいいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
間違いなく、ここ最近のスタートアップが事前に知っておくべき情報が満載でした。
そして、知ることで自分を守るための知恵がここにあり、グノシーのような創業者が追い出される悲劇を生み出さないためにはこうした知的武装こそが経営の原点なのだなと感じました。
今、知られたことが武器であり、知らない人よりも一歩先へ進んだとも感じられます。

すごいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
・おおざっぱにファイナンスについては触れている。しかし、「ビジネスモデルや人そのものがポイント」とあるように、筆者は、大きなベンチャーをとりまくPictureを説明しようとしているのであり、ファイナンスOnlyの本ではない。

・この本のよいところは、ベンチャーをやる人が知っておくべき全体像が、平易な(時には面白い)言葉で、実務に即して書いてある点。すべてが分かり易く書いてあるわけではないが、分からなくても読み進めば、全体像はわかる。

・「”国はもっとベンチャーを振興すべきだ“などと文句を言っているとしたら、そのベンチャーはイケてない証拠かも」「イケてるベンチャーの情報は、イケてるルートを通じてイケてる投資家のところに必ず伝わってきます。」「イケてるビジネスには、ちゃんと資金がついています。」といった現場の人の感覚も正直に書いてある。

ファイナンス本にありがちなaridな本ではなかった。おすすめ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
第三者割当増資での資金調達について
分かりやすく書いてあります。
ただ、時価総額500億円以上のメガベンチャーを目指せ的な
所があり、
起業を考えている万人に向いているとは言えません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
例えばIT企業とかで成功している創業者って、よく見るとIT技術者出身の人は意外と少なくて、銀行などの金融機関の出身者が多かったりする。やはり成長を目指す経営者にはファイナンスの知識が不可欠だということがわかる。創業時には上場を目指して資本政策など教えてくれる人を見つけるのは至難だが、この本には大まかだがそういう話が書いてあり、やはり創業当初からファイナンス計画が重要であるということがわかる。
また会計士や銀行や個人投資家や証券会社など周囲に専門家を集めるとしても、彼らには彼らの立場からポジショントークをすることがあるので、それらを踏まえて彼らとどう付き合って行くべきか、という話も書いてある。実践的で、ベンチャー起業家の立場に寄り添った良書。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー