走れ熱いなら(紙ジャケット仕様) がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

走れ熱いなら(紙ジャケット仕様) Original recording remastered

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 2,188 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 512 (19%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,837より 中古品の出品:4¥ 1,028より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の PANTA ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 走れ熱いなら(紙ジャケット仕様)
  • +
  • 1980X【SHM-CD/リマスター/紙ジャケット仕様】
  • +
  • TKO NIGHT LIGHT【SHM-CD/リマスター/紙ジャケット仕様】
総額: ¥6,075
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2004/6/23)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: SPACE SHOWER MUSIC
  • 収録時間: 36 分
  • ASIN: B000228UBM
  • JAN: 4571167365029
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 133,874位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ガラスの都会
  2. あやつり人形
  3. やかましい俺のROCKめ
  4. いつもの俺なら
  5. 走れ熱いなら
  6. 追憶のスーパースター
  7. 人間もどき
  8. 夜明けはまだ

商品の説明

内容紹介

Japanese Limited Edition in an LP-STYLE Slipcase.

メディア掲載レビューほか

頭脳警察/PANTAデジタルリマスタリング・復刻シリーズ第4弾(全7タイトル)。「ガラスの都会」「あやつり人形」「やかましい俺のROCKめ」他、全8曲を収録したアルバム。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
頭脳警察の呪縛から離れて、パンタが新たな活動を模索していた当時の一枚。前作同様、山岸潤史やジョニー吉永といった錚々たるメンバーを従えてのロックン・ロールの数々。パンクやニューウェーブがもてはやされつつある時代ではあったが、タイトル曲や「あやつり人形」も良いが、スローなバラード「追憶のスーパースター」、「夜明けはまだ」も秀逸。この後、彼は「バンドの音が恋しくなり」(本人のインタビュー談)、パンタ&HALを結成しバンド活動に入る。HAL初期のライブでは前作及び本作からのナンバーが大半を占めていた。今日の数多あるJ-ロック・バンドに無いもの、忘れ去られたものが、ここには有る!!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
PANTAの数多い傑作群の中では、一段落ちる《凡作》。そう思っていたのだが、今聴くと、これが《傑作》である。テンションの高いストレートなアルバムではなく、より演奏を重視した、《POP》かつ《純音楽》的なアルバムに仕上がっている。若い頃は、テンションが全てだと思っていたが、こういう純音楽的な《ロックンロール》というのも、楽しくて、また良いです。今だからこそ楽しめる、傑作アルバムです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1976年のファースト・ソロ名作「PANTAX'S WORLD」に続く、1977年のセカンド・ソロ・アルバム「走れ 熱いなら」!! なのですが・・・。「PANTAX'S WORLD」を朝から晩まで聴き続け、高校に登校する時は「屋根の上の猫」が脳内に鳴り響き、下校時には鼻歌で「マーラーズ・パーラー」を歌いながら帰った筆者も、このアルバムを手に入れたのはCDになってからでした。何故かというと、頭脳警察のファンだった先輩に「今度のパンタのはどうですかー?」と聞くと「うーん・・まあまあかな、ギターはええねんけど・・」という答えだったことと、レコード屋で金色のジャケットを見た第一印象が「何か歌謡曲っぽいなあ」というふうに思ったからでした。(でもこのジャケット、T.REXの「Electric Warrior」のオマージュなんだよね)しかし、今はっきり言います。これは隠れた名盤というのに最もふさわしいアルバムです。1977年の1月から2月にかけての録音ですが、早くも「あやつり人形」などでレゲエを取り入れているなど、音楽的にも先鋭的なことをやっています。「いつもの俺なら」のノリの良さ。またタイトル曲や「やかましい俺のROCKめ」など一度聞くとわすれられないロック・チューンもぶちかましています。そしてラストの「夜明けはまだ」の優しさ・・・。今聴くと「1977年って、こういう感じだったよなあ」とひたすらなつかしいモードになってしまいます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 頭脳警察解散後のパンタックスワールドは,とりあえず頭脳警察ではできなかったことをやってみました(その後のKISSと同じ臭いがする)的なアルバムでしたが,このアルバムでは思いっきり熱く,ロケンロールしているパンタが復活しています。
 個人的には,やかましい俺のROCKめや,走れ熱いなら,あやつり人形も好きなのですが,パンタのバラードが好きなので,ラストナンバーの夜明けはまだも最高ですね。また,頭脳警察でやってもおかしくない,人間もどきも秀逸。
 ジャケットはマーク・ボランを意識しているのかなぁと思いつつ,このセンスが70年代だよねぇと懐かしくもあり。
 何はともあれ初期パンタの中でも最もロケンロールしているアルバムなので,ぜひ聴いてほしいと思います。 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す