通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
走れメロス (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

走れメロス (新潮文庫) 文庫 – 2005/2

5つ星のうち 4.4 61件のカスタマーレビュー

その他(25)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 189 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 288 ¥ 1
文庫, 2005/2
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 99
CD
"もう一度試してください。"
¥ 4,844 ¥ 2,461

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 走れメロス (新潮文庫)
  • +
  • 斜陽 (新潮文庫)
  • +
  • 人間失格 (集英社文庫)
総額: ¥1,080
ポイントの合計: 35pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

恋をしたのだ。そんなことは、全くはじめてであった――。青年の独白から始まる「ダス・ゲマイネ」。かばんひとつさげて、その峠を訪れた。私は、富士に化かされた(「富嶽百景」)。朝、目を覚ましてから寝床に入るまで、少女の心理を鮮やかに捉える「女生徒」。そして、命を賭けた友情をきりりと描いた永遠の名編「走れメロス」。九つの物語が万華鏡のようにきらめく短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

人間の信頼と友情の美しさを、簡潔な力強い文体で表現した『走れメロス』など、安定した実生活のもとで多彩な芸術的開花を示した中期の代表的短編集。「富士には、月見草がよく似合う」とある一節によって有名な『富岳百景』、著者が得意とした女性の独白体の形式による傑作『女生徒』、10年間の東京生活を回顧した『東京八景』ほか、『駈込み訴え』『ダス・ゲマイネ』など全9編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 300ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101006067
  • ISBN-13: 978-4101006062
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 16,055位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
表題作「走れメロス」は教科書で読んだと言う人も多いはず。
当時は太宰治など気にかけなかった中学生も、大人になるにつれ、太宰といえば、「斜陽」「人間失格」が代表作であり、破滅的思考の持ち主で、数度の自殺未遂を繰り返し、最期もやはり自殺だった-
と言う事を知っているだろう。
その太宰が、、あの中学生の時に読んだあんな健全な作品を残していると言う事実。 そこに多少の矛盾や疑問を感じたら是非再読する事を薦める。
これは「走れメロス」をはじめ、いわゆる太宰中期、荒んだ生活を改め、人間として再起を計った頃の作品を集めたものである。
これを読むと、太宰がいかにまともな人間なのかがよく解る。まともであるが故に社会との軋轢が生ずる。それをニヒリズムに逃げるのではなく、真向から克服しようとしている。時々負けそうになりながら、じめじめと泣きながら、、。
その姿は「富嶽百景」に克明にしるされている。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer 投稿日 2002/8/16
形式: 新書
友情を描いた作品はいくつかあるけれども、これほど
読みやすい作品は他になかったと思います。
友情とはこんなに美しい、裏切られても人を信じよう、と
思わせてくれる一冊。太宰治さんの「人間失格」はとにかく文体が
難しく内容も込み入っていて大人向けだと思うのですが、
この作品は子供から大人まで読める本だです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 『駆け込み訴え』を読んだのは遅かった。太宰氏はこの作品を口述筆記で一気に完成させたというが、実に見事な筆致で、「なんと頭のよい人だろう」と思わずにはいられなかった。そして「この人は、聖書をよく読んでいる」とも思った。イエスを饗応した若い女性--(マリアと呼ばれる。聖書には人名がたくさん出てくるが、出身地が前にきて、どこそこのマリア、と呼ばれる。聖母マリアは別格として、マグダラのマリアはマグダラ出身のマリアということになる)--に対する主人公の感覚描写も迫真のものだ。
 無学にしてわたしはこの「香油をイエスの頭に注いだ」マリアの正式な呼称をわたしは知らない。「ダ・ヴィンチ・コード」という本や映画が流行したときに「イエス・キリストには配偶者がいた」という番組があちこちで製作されたことがある。ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」に向かって、イエスの左隣にいるヨハネ(だったと思う)はイエスの妻だ、という内容だった。太宰氏による文章を読んでいくと「この人は皆より60年早く気付いていたのではないか」という気がする。

 おしまいに。この短編の最後が芥川龍之介の『暗中問答』の結びに似ていると思うのはわたしだけだろうか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Audible版
多くの人がその内容を知っているてあろう本書。Audibleで見つけたので、改めて聴いてみることにした。

太宰治といえば、私にとっては、初めて読んだ彼の作品である『人間失格』のイメージが強い。つまり、暗く憂鬱で、隅々までやりきれなさや苦しさに塗れた、複雑な人物、という印象だ。今回改めて本書に触れてみて、あの太宰がこんなにも単純明快な本を書くのか、と、なんというか、人間の心は一筋縄ではいかないものだという感じがした。それとも、ここまで真っ直ぐな物語を書ける彼だからこそ、様々な苦悩をも引き受けることになったのだろうか。あるいは、この話は一見単純明快であるように見えて、実はその裏にある何か複雑なものを描いているのだろうか…。この点に関しては、それほど太宰の本を読んだことのない今の私にはハッキリとしたことは言えない。しかし、興味深い人だなあと思った。

物語それ自体については、主題が分かりやすく力強い、スッと内容が心に届く良い作品だ、と改めて実感する。
友情と誠実という自らの信念のために、文字どおり、命をかけて前に突き進む姿勢。多大な力を発揮しなければならないにも関わらず、自分自身のことー疲れたとか、眠いとか、その時々の気分とかーなど微塵も気にならなくなり、「何か大きなもの」のために突き動かされているのだという感覚。私は、人間として生まれた
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 h 投稿日 2010/4/23
形式: 文庫
「ダス・ゲマイネ」「満願」「富嶽百景」「女生徒」「駆け込み訴え」「走れメロス」「東京八景」「帰去来」「故郷」の全9篇を収録した短篇集です。 自己の存在を可能な限り客体化し、そして顧みること。頽廃的な事柄の眼前には一体何が待ち受けているのでしょうか。とりわけ「女生徒」「走れメロス」が秀逸であると思います。

「それだから走るのだ。信じられているから走るのだ。間に合う、間に合わぬは問題ではないのだ。人の命も問題ではないのだ。私は、なんだか、もっと恐ろしく大きいものの為に走っているのだ」
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー