Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 0

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

[太宰 治]の走れメロス
Kindle App Ad

走れメロス Kindle版

5つ星のうち 4.3 118件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 0

商品の説明

内容紹介

「無頼派」「新戯作派」の破滅型作家を代表する昭和初期の小説家、太宰治の短編小説。初出は「新潮」[1940(昭和15)年]。「邪智暴虐の王」への人質として差し出した友人・セリヌンティウスの信頼に報いるために、メロスがひたすら走り続けるという作品。信頼と友情の美しさを基本に描きつつ、そこに還元されない人間の葛藤をも描いた、日本文学における傑作のひとつ。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 163 KB
  • 紙の本の長さ: 12 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B009IY56Q2
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 118件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 無料タイトル - 76位 (Kindleストア 無料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 八万 投稿日 2014/11/21
形式: Kindle版 Amazonで購入
邪智暴虐の王がメロスとセリヌンティウスの絆を見て、「仲間に入れてくれ」と言った。それは本当に仲間になりたかったからなのか。2人の関係に軋轢を生むための建前。もしくは軋轢を生み2人の絆は本物かどうか興味が湧いたからじゃないのか。読後にそんな思考に駆られ自分で創作してしまう。それくらい奥の深い話だと思う。けして楽しい話とは言えないが、面白い話ではあると思う。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Wmnz 投稿日 2016/1/2
形式: Kindle版 Amazonで購入
久しぶりに読みたくなってダウンロードしました。太宰治の作品は素晴らしい物ばかりです!!!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
子供の頃、読んだことがある本だが、記憶に残っているのはメロスが走っているところだだけだ。
メロスは、牧人で妹と二人暮らしである。
妹婿を迎えるために結婚式の買い物をするために10里離れたシラクスの市にやってきた。
ところが、市の雰囲気がなんだかおかしい、
若者に尋ねても、答えてくれない。
老人に聞いても答えてもらえないが、しつこく尋ねると、王は「人を信じることができなくなり」身の回りの人を次から次へと殺していると言う。
メロスは、王に会うために城に乗り込んで行きとらえられた。
王にたてついたメロスは、処刑されることになった。
妹の結婚式だけは見届けたいと思ったメロスは、王に3日間の猶予を乞うが、戻らぬつもりだろうと信じてもらえない。
メロスは、シラクスに住む親友のセリヌンティウスを自分の身代わりにと王に頼む。
城に召されたセリヌンティウスは、メロスの身代わりを快く受ける。
3日の猶予を得たメロスは、走り妹の元に返り、明日結婚式を上げるのだと告げる。
妹の婿になる者にも話をするが、相手も手強い、どうにか説き伏せることができた。
妹の結婚式を終え、メロスはシラクスに戻ることにした。
ゆっくりと戻れるだろうと思っていたのだが、昨夜の雨で川が氾濫し橋が
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 KKR 投稿日 2017/4/8
形式: Kindle版 Amazonで購入
王は激怒した。
王には最近の若者が分からぬ。
先だっても、メロスだかワロスだかいう田舎の小僧が、信じられるだろうか、白昼堂々と宮殿に乗り込んで王を罵倒してきた。

「政治は分からぬ! でもお前は何か悪そうだから成敗する!」

何か悪そうだからて。何か悪そうって。気まぐれな世論かお前は。
成敗とか以前に住居不法侵入ですけど。逮捕、待ったなし。

すると今度はふてぶてしくも、「妹の結婚式行くもん!」とほざきやがる。
身内の結婚式を控えて遠路はるばる喧嘩売りに来る謎の度胸と無駄な行動力。王には最近の若者が分からぬ。
行かすわけないし。生かすわけもないです。

「したらばこの街で石工をやってるセリヌンティウスを人質にしてちょ。帰ってこなかったら代わりに殺して☆」

……驚愕極まる。

「俺のことは案ずるなメロス! お前を信じてる☆」

……きょ、驚愕極まる。

しかしメロスは帰ってきた! 自ら死罪になることも恐れずに!

「メロスー!」
「セリヌーン!」

しっかと抱き合う二人の若者。なんやねん、最近の若者も捨てたもんやあらへんな!<
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 YJ 投稿日 2016/11/20
形式: Kindle版 Amazonで購入
寝たり、友人の弟子と話したり、いろいろとタイムロスがある気がしてなりません。友人の弟子も、邪魔せず必死に走らせましょうよ、師匠の危機ですよ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
小学生時、一学年上の先輩達が学芸会で披露してくれたのが「走れメロス」。
友の為に必死になって走るメロス。
殺されるために必死になって走って帰るメロスの姿に段々と目頭が熱くなり悲しい事以外で涙が流れる事をその時初めて知った。
その印象を崩さない為にも原作にはずっと手をつけなかった… が!冷静に読んでみる事にした。
あまりに短い小説にびっくり!
そして猪突猛進、瞬間湯沸かし器のようなメロスの性格に更にびっくり!(メロスこんなに単純なやつだったのか!?)
そんなメロスに振り回されるまわりの人、そして親友。
自分を殺しにいったのに我が儘を聞いて執行猶予を与えてくれた王様。(結構いい人じゃん…)
普通ならその場で打ち首になっていてもおかしくない。
時が経てば結婚が行われていたハズの妹さん。
別にそんなに急いで結婚させなくても…
結構つっこみどころは満載。
最後までメロスの独りよがりで話が展開していく気がしないでもない。
ただ友情とか約束とか諦めない事とか大事な事は教えてくれる。
その時代の中で輝いた作品なのだと思った。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover