通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫) ペーパーバック – 2010/6/10

5つ星のうち 4.6 198件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,543 ¥ 1
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 21

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)
  • +
  • 職業としての小説家 (新潮文庫)
総額: ¥1,242
ポイントの合計: 39pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

走ることについて語りつつ、小説家としてのありよう、創作の秘密、そして「彼自身」を初めて説き明かした画期的なメモワール

内容(「BOOK」データベースより)

もし僕の墓碑銘なんてものがあるとしたら、“少なくとも最後まで歩かなかった”と刻んでもらいたい―1982年の秋、専業作家としての生活を開始したとき路上を走り始め、以来、今にいたるまで世界各地でフル・マラソンやトライアスロン・レースを走り続けてきた。村上春樹が「走る小説家」として自分自身について真正面から綴る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ペーパーバック: 272ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/6/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167502100
  • ISBN-13: 978-4167502102
  • 発売日: 2010/6/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.7 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 198件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,939位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック Amazonで購入
著者の生き方や考え方が、走ることを通してあるいは走ることにひっかけて綴られている。いわゆるランニングや健康の指南書ではないのでそう思って読み始めると期待外れでしょうが、逆の場合は人生への大いなる示唆を随所に発見することになり、爽やかな読後感で満たされます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「一時期、走ることにハマってたんだけど、最近ぜんぜん走ってないなぁ…」
という、元ランナーにオススメ。

エッセー形式で、「走ること」について語りながら、なんだか自叙伝のような内容でもある。
でもそれも含めて、「走ってる時って、確かにこんなとりとめのないこと考えてるよなぁ…」と、あるある気分に浸れる本。

読むときっと、また走り出したくなる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
自分もマラソンによく参加しています。走ることについて、自分が言葉で言えない気持ちや感じしたことなどを、作者はすべてそのまま書いてくれました。本を読んだ時、いつも「その通りです」って言いたいです。走るとこは確かにつらくて、寂しくて、でも、走ることも幸せなことです。これからも頑張ります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
村上春樹さんは、小説よりもエッセイの方が好きです。
ランニングについて、ジャズについて、ウィスキーについて語るとき、
その文章はとても丁寧で、なんというか親切なものに感じます。

ランニングやマラソンとの関わりをこだわりを語りながら、
自らの半生について、そして自分の性格について語っていくこのエッセイ。
目標を設定して、そこに向けて地道に努力を重ね、
そして年月をかけて達成していく村上さんのストイックな人生観が伝わってきます。

フルマラソンを走りきる勇気も、それを目標に努力を重ねようとする気概もない自分としては
なかなか凄いもんだなぁと思うしかないのですが。

それでも、読んでいると不思議に勇気がわいてくるんです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
村上春樹さんの本は、大学生の時にハマリ以来新刊を買っては読み、読み返してきました。

走ることということで、物語とは違い随分と自分のことについて深く書いてあるなぁ。という印象を受けました。
日常、ひとつのことをこれだけ深く考えるかなぁと自分自身に問いかけてみたり。

物語(この場合は実話でしょうが・・・)の時間軸が長いのであえてじっくり少しずつ読みたい本です。

影響されやすいこともあるのですが、ストレッチを始めました。
これまでの小説とは違い、主人公(村上さん)は健康的です(笑)
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
村上主義者だから買って読みましたけど、タイトルの通り、「走ること」についての村上春樹氏の考え方がつらつらと書かれている本なので、市民ランナーの方なら楽しめるかもしれませんけど、そうでない村上主義者の方は読まなくても良い本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
走ることには興味が無いのが、村上主義者なので読んでみました。

面白いですね。自分は走れませんが、ここまで走れると人生も違った楽しみ方ができるだろうな、と思いました。ランナ一以外にもお勧めです。
最近の小説は好みで無いですが、エッセイは相変わらず面白いです。(と言うことは、エッセイに面白味を感じなくなったら、村上主義者の看板を下ろす時です。)
途中、少し退屈な部分が有ったので、マイナスを付けました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 loveirvine 投稿日 2015/10/30
形式: ペーパーバック
著者の作品は小説よりエッセイが好き。
その理由の一つとしては、著者が海外にある一定期間住んでいるということがあるような気がする。
そういう海外に住んでいる間に書かれたエッセイを読むと、
自分が海外に暮らしていた時のことをちょっと思い出すから。

今回の作品も走ることになにか煮詰まったような感じを覚えていた著者が
海外に引っ越して、以前走った川べりの道を再び訪れて、また走る気持ちになったという、
その感覚がすごくわかる気がした。

あと年齢を重ねていくことでいろいろと不調がでたり、記録が伸びなかったり。
これって走ることについてだけではなく、
生きていくうえで誰もが感じていることなんじゃないかな。

読んでいてニューヨークの秋、ハワイの気持ちの良い天気などが
自分でも感じられるような気がした。
ボストンの冬は行ったことがないのでわかりませんけどw
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー