通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
走り続ける才能たち - 彼らと僕のサッカー人生 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、表紙に擦れなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて迅速に発送いたします。 479236
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

走り続ける才能たち - 彼らと僕のサッカー人生 単行本 – 2012/1/20

5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/1/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 走り続ける才能たち - 彼らと僕のサッカー人生
  • +
  • サッカー日本代表の少年時代 (PHP文庫)
総額: ¥2,257
ポイントの合計: 20pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

過去、現在、そして未来へ――。

本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、細貝萌、槙野智章、内田篤人、安田理大、ハーフナー・マイク、柏木陽介……。
高校選手権、国体、インターハイ、クラブユース選手権などの大会を取材し、日本代表の中心選手となった彼らを、
高校時代・ユース時代から見続けた著者だけが語れるエピソード満載!
高校1年生の時の本田圭佑のオーラを感じさせる言葉、高校3年生の時の岡崎慎司のプロ入りへの決意、
「調子乗り世代」を世界各地に追いかけて肌で感じたチームの成長、高校3年生でプロの世界に飛び込んだ
香川真司の苦悩など、他では描かれることがなかった選手たちの姿を描いたスポーツノンフィクション。
彼らが、どのように世界に羽ばたいていったのか? 活躍し続ける彼らの言葉がここにある!
ユース年代を追い続ける著者渾身の書き下ろし!

●プロローグ 全国を飛び回る日々の始まり
●第一章 突破する者たちの原点
●第二章 「調子乗り世代」を追いかけて
●第三章 香川真司という男
●最終章 彼らの言葉

内容(「BOOK」データベースより)

どのようにして世界に羽ばたいたのか?活躍し続ける彼らの言葉がここにある。本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、細貝萌、槙野智章、内田篤人…。選手たちの“あの時”と“今”。ユース年代を追い続ける著者渾身の書き下ろし。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: 実業之日本社 (2012/1/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 440845365X
  • ISBN-13: 978-4408453651
  • 発売日: 2012/1/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.7 x 13.3 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,836位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 yotje 投稿日 2012/3/3
プロローグは安藤さんのサッカージャーナリストへの軌跡のはじまり。
そして続く本田選手や岡崎選手との出会い。
気づけば最後まで読み切っていた。

そこには一番選手に近い安藤さんと、選手たちがいた。
サッカーも人間性ならジャーナリストも人間性であろう。
選手を取材することで生まれる数々の言葉たち。そしてその言葉たちに励まされて頑張り続けてきた安藤さん。とても素敵な関係だ。

夢に向かって頑張り続ける、そしてどんな立場になっても変わらない安藤さんの本から頂いた言葉にたくさんの勇気と希望をもらった。

言葉も人間性が出る。
そしてどの世界も頑張り続けている人の思いは同じだと思った。
サッカーに携わる人はサッカーで人生を語れる。
頑張り続けるという事は生きるという事なのだろう。

走り続ける才能たちとは走り続ける努力家だ。
そんな彼ら同様に走り続ける安藤さんをこれからも陰ながら応援していきたいと思う。
そして私もまた励まされ頑張り続けることができる。
本当に素敵な言葉たちをありがとう。
これからも素敵な選手たちと走り続けてください!!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今の日本代表の中心メンバーの世代が高校生だった頃から、今に至るまでの軌跡と、
銀行員をしながらも、スポーツライターを夢見た著者が彼らに魅せられ、彼らを追いながら、一本立ちするまでが
並行して描かれています。いわゆる「調子乗り世代」が一躍有名になったカナダ大会などが書かれているのでとにかく楽しい。
才能とは技術よりもセンスよりも恵まれた肉体よりも、何より「走り続ける」ことなんだなーと思わされます。
日本代表の選手も皆が皆高校で全国制覇をしたわけでもないし、簡単に海外移籍をしたわけでもない。
調子乗り世代の中には、まだ代表に定着できていないメンバーもいますし、
海外挑戦で苦しんだ先取もいます。そしてその事で批判されていたり失敗と言われたりもします。
でも、こういうのを読むと、軽々しく「失敗」とか「終わった」なんていえなくなります。
メディアが取り上げる姿の裏で、ひたむきに走り続けていたんだよ、というのを教えてくれる作品でもあります。
読んでいて、搭乗するサッカー選手全員を応援したくなりました。
前向きな気持ちになれる作品だと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みー 投稿日 2012/2/4
一見華やかに活躍しているように見える 選手達も苦悩があり、努力があり、挫折があり、そして今がある事を改めて実感しました。 選手たちの言葉もダイレクトに入ってきて読み進めるうちに自然と涙がでてきます。本を読んで涙がでたのは久しぶりかもしれません。 また、こういう本ができたのも著者の安藤さんと選手の信頼関係があってこそだと思います。続編楽しみにしています!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
1章では、本田・岡崎・細貝の高校時代ではそれぞれが一年から注目されていながらも挫折を味わいながら乗り越えチームの中心となり、個人としても成長していきます。

2章では、慎野や柏木、安田、内田などの「調子乗り世代」の2007年のU20W杯までの活躍を描かれてます。調子乗りと言われてますが、そんな愛称も陳腐に思えるくらいチームワークの良さが伝えてきます。何度か味わった困難にも持ち前の明るさで乗り切る姿は、本当に読んでいて気持ちよいです。

3章では、香川真司の中学生時代からドイツ移籍までの軌跡を追いかけてますが、壁にぶつかりそれを超えてかた繰り返しきた歴史を知れると思います。

彼らの成長してきた歴史やパーソナルな部分を知れ、とても読みやすく一気に読んでしまいました。クラブや日本代表の中心として活躍している彼らも挫折や困難にぶつかり、それを越えられる技術や気持ちがあったからこそ現在の位置にいるのだと感じました。

さらに、この一冊は著者が本田や岡崎と出会い銀行員として働きながら取材を始めて、彼らに影響されジャーナリストとなる決意をするという著者の成長を見れたのも見所の一つだと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック