日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

赦しのちから (字幕版)

 (52)6.61時間59分2020G
廃部となったバスケットボール部のコーチ、ジョン。彼は、いやいやながらコーチを引き受けたクロスカントリー部で、病気を抱えながらも走ることに打ち込む一人の女子生徒ハンナと出会う。彼女のひたむきな姿に、ジョン自身も神への思いを取り戻していく――。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Prime Video視聴でBOSE製品が10%OFF

キャンペーン期間中Prime Videoを視聴すると、BOSE対象商品で使用可能な10%OFFクーポンの特典が受けられます。詳細はこちら

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
キャメロン・アーネットアリン・ライト=トンプソン
プロデューサー
スティーヴン・ケンドリック
提供
Affirm Films
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.5

52件のグローバルレーティング

  1. 69%のレビュー結果:星5つ
  2. 20%のレビュー結果:星4つ
  3. 4%のレビュー結果:星3つ
  4. 3%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

チャンシーCHANSHI2020/09/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
何回観ても泣けます!
確認済みの購入
劇場で2回、こちらも1回観ました。何回観ても泣けます。途中の展開も、クライマックスも感動します。
赦しのちからという題名に相応しく、赦しが所々の鍵になっててとても考えさせられる名作です。
ケンドリック兄弟は「祈りのちから」等の名作の監督でもあり、映画を通して福音を真っ直ぐに語る良い兄弟です。また、一つの教会が作成していることにも感動です。
次回作も期待!
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
匿名2020/11/23に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ノンクリスチャンにもお薦めの映画です。
確認済みの購入
本当に素晴らしい映画でした。自分の人生がこんなに恵まれない、重要じゃない、愛されてないんだと思う事があります。でも、私達一人一人をオリジナルに創造された創造主(Creator)の存在、本当の完璧な父親である神様の存在を伝えるメッセージを強く感じました。そして神様と離れてしまった全人類との和解を主イエス様の十字架の血による贖いにより完成させた事が、英訳のタイトル:Overcomer(打ち勝つ)に出ていると思います。神様が一方的に下さった愛、犠牲、赦しこそが私達人類一人一人が知るべき父なる神様からのメッセージだと思います。是非ご覧ください。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
エムエム2021/01/03に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
今の時代こそ観るべき映画
確認済みの購入
私たち自身の善悪の判断に執着して生きるのではなく、神様が良いことも悪いことも全て取り扱ってくださっていると信じることを教えてくれる映画でした。
自分たちが裁く者となるのではなく、自分達を赦してくださる神様の愛を覚え自分自身も人を赦すことの価値を教えてもらいました。
非常に良い映画でした。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
梵我一如2020/09/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
己の中心の創造主に目覚める。
確認済みの購入
個々の人々が神を信じ目覚め讃えるなら 神は喜び祝福をお与えなさるだろう。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
hiro2020/09/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
赦すことのすばらしさ
確認済みの購入
素晴らしい作品です。多くの人に観てもらいたいと思いました。
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
櫛田信2021/08/13に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
とても良かった&おススメですけど
確認済みの購入
courageous(スペル合ってる?)、war room、と見て、ケンドリック監督ので見たのは三作目です。
どこにも行けないコロナ二年目の夏休みに見ました。
映像はきれい、脚本も良い、できるだけ自然な(ありえそうな)シチュエーションで信仰を表現している、という点は前二作と同じなんですが、、、
ちょっとだけ、今回のは、それでも「不自然さ」を感じました。校長先生が生徒にあれだけを教えて、子どもが自分で聖書を読んで、ここまで理解するかな……? (神様の力に限りはないし、不信仰じゃないかと言われるかも知れないけど) そこがちょっとという感じです。
全体的にはとても良かった、お勧めなんですけど。
不正行為の報告
YOSHI2021/08/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
「許し」ではなく「赦し」の大事さ
確認済みの購入
なぜ「許し」ではなく「赦し」なのだろう?って思ったけど、
ニュアンスが全然違うことを知るきっかけになった。

「赦し」とは一言で言うと「恩赦」。

つまり、すでに起こってしまった出来事や過ちに対して、
裁かずに受け入れることを指すそうです。

この映画の出来事と同じことが自分に起こった時に、
同じように赦すことができるんだろうか。

そう考えさせられるいい映画だと思う。
不正行為の報告
see2020/12/15に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
赦しのちから
確認済みの購入
素晴らしい映画です。一生忘れない。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示