通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
赤鬼はもう泣かない (ガガガ文庫) がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただき誠に有難うございます。商品状態が良好な商品を厳選しれ販売しております。◆商品説明◆中古品、小口のヤケ、汚れも少なく概ね良好な商品です※アルコールにて簡易クリーニング致しました。書込みはチェックしておりますが、万が一見落としが有りましたらご一報下さい。 ◆商品管理について◆Amazon管理用バーコードシールは剥がれやすいものを使用しております
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤鬼はもう泣かない (ガガガ文庫) 文庫 – 2011/6/17

5つ星のうち 3.7 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 赤鬼はもう泣かない (ガガガ文庫)
  • +
  • 下読み男子と投稿女子 -優しい空が見た、内気な海の話。 (ファミ通文庫)
  • +
  • 放課後のゲームフレンド、君のいた季節 (MF文庫J)
総額: ¥1,922
ポイントの合計: 50pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

審査員特別賞受賞作家、鮮烈デビュー!

女子の二の腕をなめてしまった中学生の西井大豪は、変態扱いを受けて単身地方の学校へと転校させられる。奇妙な担任やクラスメイトたちに囲まれながらも転校生活を慎重に送ろうとしているのだが、いきなり隣の席の女生徒・喪庭ここめに指を吸われてしまう。とても変わった子ではあるものの、カワイイここめを大豪は好きになっていってしまう。
そして村中の人々からは、なぜだか「垢嘗」という妖怪あつかいをうける大豪だが、ここめに「字」を教える(高校性なのに?)ことになる。そんなここめは大豪の血を吸ったせいなのか、みるみるうちに字を覚えていくのだが……。

第5回小学館ライトノベル大賞、審査員特別賞受賞作!!
ゲスト審査員であるKeyの麻枝准が、「ここまでキャラクターとギャグが書ける作家はなかなか居ない!」とほめあげる、期待の新人が贈る渾身のデビュー作!!!

イラストは、『ココロコネクトシリーズ』などで人気の白身魚。ちょっと不思議な世界観のこの作品を、とってもかわいらしいキャラクターたちで彩っています!

内容(「BOOK」データベースより)

女子の二の腕をなめてしまったヘンタイ中学生(?)・西遺大豪は単身、地方の学校へと転校させられる。奇妙な担任やクラスメイトたちに囲まれながらも転校生活を慎重に送ろうとするのだが、いきなり隣の席の女生徒・喪庭ここめに指を吸われてしまってドキドキ。しかし村中の人々からは、なぜだか「垢嘗」という妖怪あつかいをうけてしまう大豪。対するここめは大豪の血を吸ったせいなのか、徐々に変化していくのだが…!?第5回小学館ライトノベル大賞、審査員特別賞受賞作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 296ページ
  • 出版社: 小学館 (2011/6/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094512764
  • ISBN-13: 978-4094512762
  • 発売日: 2011/6/17
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 314,936位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
期待しすぎていた分、なんかあれ・・・?って感じです。
文章は詰まることなくさらさらとは読めます。

序盤の転校までの件・寺でのお経のやりとりは面白かったですが、そのほかは並以下との印象です。
伏線の配置などはなかなかかなとは思いました。

白身魚さんの絵は非常にいいです。
そこで絵をいれるか、そこよりはこっちで入れた方が・・・というようなところが何カ所かありました。
ただここめはかわいく書かれてます。

好き嫌いがあると思いますが、個人的に自信を持って人に紹介できる作品ではないなと思いました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
これは何だろうと自問しながら読んで、ふと思い浮かんだのは中学生日記
期待していたものとはどこか違うものが出てきてしまった

ざっくりいくと2つ
これ、あんまり妖怪関係ないんじゃないかな?
全く変態度が足りていない

正直なところ、妖怪設定は最後以外は必要性が薄い
無意味だとは言わないが、特に妖怪であることの面白さもなかった

特有のジメっとした気配、湿度も感じさせず
少し変わった中学生が転校して、教室になじめるかな〜友達できるかな?とちょっぴり悩んだりする
そんなお話が大部分を占める

登場人物も妖怪ではなく、妖怪『役』としか思えない
けい〇ん!系のひらがな四文字タイトルにありそうなユルさでちょっと退屈

そのユルさが仇となって、物語のラストシーン
一番盛り上がる場面のはずが、どこか取ってつけたような浮いた印象を与えてしまっている
物語の性質上、結びの方向性はある程度決まっていたと思うのだが…

変態とギャグという触れ込みだったが、冒頭の医者とのやりとり以外は微妙で、もっと突き抜けがほしい
帯での麻枝准氏のコメントはお仕事とはいえ、さすがに褒めすぎでは?

白身魚さんのイラストは幼いここめの雰囲気によく合っていると思う
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一言、落差の激しい作品だなぁ、と思いました。

ジャケ買いの時点ではわからなかったイメージ。
序盤〜中盤で雰囲気から妖怪モノの「青春ラブコメ」かなぁと固まりつつあったんですが……。
後半は一転、シリアスでえぐい展開に。曝け出される人の醜い部分、葛藤、絶望、などなど。

「こうなるだろう」という予想は、予想外に、
けれども予想外過ぎて前半・後半で全く別ジャンルの作品に見えてなりません。

この作家さん、描写が綺麗で文章も非常に読み易いんですよね。
前半と後半とで、それぞれを分けて考えればかなり良い出来なんですが……う〜ん、勿体ない。
前半に少しでもシリアスさが伝わる、もしくは予期出来る要素が欲しかったかも。

別に作品自体は悪くないので、2巻以降は今作より期待が持てそうです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
白身魚さんのイラストにつられて購入。女子の二の腕をなめて変態と診断された主人公が人里離れた学校へ送られる.そこは妖怪たちを隔離する施設だった、とよくあるストーリ展開ですが、主人公のひょうひょうとしたぼけと後半のシリアス展開がうまくかみ合って、いい意味で期待を裏切られた作品でした.白身魚さんのイラストがふんだんに使われており、新人の作品にしては破格の扱いだと思います.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ギャグで進むのかなあと思えば、中盤は青春ラブコメ風、そしてラストはシリアス展開。
様々な展開のなかでも、中心にあるのは一組の少年と少女。
妖怪ものとしては弱いですが、ボーイ・ミーツー・ガールが好きな人にはおすすめです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本の後ろのあらすじを読んだときは、正直ピンと来ませんでした。
主人公の年齢設定も若いし、垢嘗めとか、あんまり面白そうじゃないなと。。
だけど期待せず手にとったせいか、良い意味で裏切られました。

他の方も書かれていますが、ボーイミーツガールですね!
妖怪モノとして掘り下げないことや、ありがちな能力設定に頼らないことで
著者独自の物語をしっかり描いています。それぞれキャラクタが立っていて素晴らしい。
確かに印象に残りにくい本かなと思うけれど、
僕たち大人はこういう話に癒されてもいいんじゃないでしょうか。

ジャンル迷子だとは思いませんが、「先の読めるいつもの展開」を求めてる人は他の本をどうぞ。
人喰い設定が重たいとか、後半がシリアスだというレビューもあったけど、そんなことはないですよ。

一言で説明できるインパクトや、わかり易い見所がある本ばかりが話題になっていて、
アニメにしにくそうな、こういうお話は冷遇されている気がします。
ラノベ=ラブコメではないと思うし、
ゾンビだとかニートだとかには辟易しているので、こういうお話をもっと読みたいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック