中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 越中堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版、帯なし。カバーにスレ。裁断面及びページにヤケあり。■富山県より、ゆうメールにて迅速に発送します。■商品は目視にて検品していますが、不備があった場合はこちらまでご連絡ください、速やかに対応しますのでよろしくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤んぼう少女―楳図かずお作品集 (角川ホラー文庫) 文庫 – 1994/10

5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 452ページ
  • 出版社: 角川書店 (1994/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041608066
  • ISBN-13: 978-4041608067
  • 発売日: 1994/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 266,923位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 初めてこの作品を読んだのは、小学生の時でしたが、恐くて夜も眠れない程でした。当時は絵の怖さばかりに目がいってしまい、内容を疎かにしていました。そして、今読み返してみると…タマミちゃん、とてもかわいそうです。特に口紅を塗ってみて、鑑を見ながら、似合わない、かわいくない自分に対して涙ぐんでる所なんかは、こちらも泣きそうでした。外見がみにくく、世間からはじかれ、その結果精神が歪んで行く、という肯定は、現代社会においても山のようにある事です。最後に、バチがあたるという事で死んでしまいます。作者はこの作品を通じ、他人にはやさしくしなくちゃだめだよ、いじわるすると、こうなるよ、という事を言いたかったのでしょう。しかし、漫画的要素(キバがある、手が醜い、成長がとまる)が無ければ、こういう事実は、日常十分にありうることだな、と思いました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 EXPO'70 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2008/12/13
形式: 文庫
2008年12月。ある小さな版元から、18才で夭折した谷口ひとみさんという少女が遺した唯一の、そして伝説の作品「エリノア」が、小冊子のような形で刊行された。みにくい容姿をした女の子の、残酷で悲しい物語。その「エリノア」が掲載された『週刊少女フレンド』で、同じ時期に日本中の少女たちを恐怖のどん底に叩き込んでいた楳図先生―ちなみに「エリノア」が載った号では「へび少女」を連載中だった―が、同誌で連載した「赤んぼう少女(連載時のタイトルは「赤んぼ少女」)」「黒いねこ面」「怪談」の3作品を一挙収録したのがこの文庫。初版が1994年で、2008年8月までに17版を数える、堂々のロングセラーとなっている。印刷が美しく、紙の質もいい。カラー口絵つき。
それにしても表題作―これもまた“みにくい容姿をした女の子の、残酷で悲しい物語”といえよう―の実質的なタイトルロールであるタマミとは、なんとたくましく、エネルギッシュな少女だろうか。そのやるせない情念のたぎり。彼女のバイタリティーの向かった方向は根本的に間違っていたかもしれないが、それでも「こんな風に、ダイ・ハードに生きてみたい!………できれば。」と、人としてまだまだなオレなんかは思うわけである。
「黒いねこ面」も「怪談」も、それぞれ魅力的な作品で、先生も単に本能のおもむくままに怖がらせるだけでなく、恐怖と笑いとの間で絶妙なバランス
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この名作選、やっと入手できました。

赤ん坊少女=タマミちゃんは、思ったより

怖いキャラではなく、どっちかって言えば、こんな姿で生まれて

かわいそうです。醜い者が、美しい者を徹底的にいぢめる、と

いう、ある種のねじれたカタルシスを得られて、おもしろい作品。

『赤ん坊少女』では、田舎に行ったあたり、バッグの中に忍び込んで・・

あたりから、ちょっと話がだれてきましたが、ギロチンみたいな

台が出てきたあたり、楳図先生、こういう仕掛け研究してたんだな、

という妙な感心をしたりして読んでいました。

『黒いねこ面』は、本文庫の多くのページをさいている中編で、

時代劇の化け猫屋敷ものが、後半、時を経て現代の復讐劇に

展開する、という、当時の少女漫画のレベルを凌ぐ、壮大な劇画

になっていて、私のお気に入りです。壁に塗り込められた多数の・・

という発想もすごいけど、コマ割や表現、描写が、今どきの

ハリウッドB級ホラー映画もかくありなん、と思えるほど、その先進性

先見性は、驚異的
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
STORY

孤児であったヒロイン葉子は子供のいない南条家の容姿として迎え入れられる。
南条家は非常に裕福かつそこの夫婦は非常に優しく(母親の方は少し変)、葉子は南条家に引き取られたことに喜ぶが、「この家には『何か』がいる…」と、思い始めて、そして、その『何か』と出会うこと…。

作品の感想ですが、恐いのですが、タマミちゃんが気の毒です。生まれ付いて赤ん坊のまま成長せず、容姿も醜いが故に父親からは冷たくされ、屋根裏に幽閉されての生活を続けていれば、性格もねじ曲がるのも無理はないと思います。
そのなりは自身の最大のコンプレックスでもあって、そんな時に自分とは裏腹の葉子が来て父親にチヤホヤされている見て、腹を立てて葉子をイジめるのですけど、ラストでは自分の行いを謝罪します……。
…あぁ…、タマミちゃんって意外といい子だな…。うん…。

その他にも『黒いねこ面』と『怪談』も結構面白く、特に『怪談』のラストはドンデン返しです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック