通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
赤めだか (扶桑社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね状態良好。少ヨゴレあり、カバーに多少のスレ、ヨレ等ありますが、全体的に良い状態です。◇通常2営業日以内の発送となります。発送は日本郵便(ポスト投函)・ヤマト運輸等で発送致します。△別販路にて販売行っている為、在庫切れの場合はキャンセルとさせて頂きます。ご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤めだか (扶桑社文庫) 文庫 – 2015/11/20

5つ星のうち 4.7 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 赤めだか (扶桑社文庫)
  • +
  • 旅をする木 (文春文庫)
総額: ¥1,220
ポイントの合計: 26pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

二宮和也、ビートたけし出演! テレビドラマ化決定!
<12月28日(月)よる9時~ TBS系で放送>
笑って泣いて胸に沁みる、破天荒な名エッセイ、待望の文庫化!

~談春さんは 談志さんが残した最高傑作~
――ビートたけし

17歳で天才落語家・立川談志に入門。
両親の反対により新聞配達をしながら、「上の者が白いと云えば黒いもんでも白い」世界での落語家前座修業が始まる。
三日遅れの弟弟子は半年で廃業。なぜか築地市場で修業を命じられ、一門の新年会では兄弟子たちがトランプ博打を開帳し、談志のお供でハワイに行けばオネーサンに追いかけられる……。
様々なドタバタ、試練を乗り越え、談春は仲間とともに二ツ目昇進を目指す!

テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)などで俳優としても活躍、「今、最もチケットの取れない落語家」の異名を持つ立川談春のオリジンがここに!

<2008年講談社エッセイ賞受賞作品>

内容(「BOOK」データベースより)

17歳で天才・立川談志に入門。「上の者が白いと云えば黒いもんでも白い」世界での前座修業が始まる。三日遅れの弟弟子は半年で廃業。なぜか築地市場で修業を命じられ、一門の新年会では兄弟子たちがトランプ博打を開帳し、談志のお供でハワイに行けばオネーサンに追いかけられる…。様々なドタバタ、試練を乗り越え、談春は仲間とともに二ツ目昇進を目指す!笑って泣いて胸に沁みる、破天荒な名エッセイ、待望の文庫化!「今、最もチケットの取れない落語家」の異名を持つ立川談春のオリジンがここに!2008年講談社エッセイ賞受賞作品。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 306ページ
  • 出版社: 扶桑社 (2015/11/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 459407362X
  • ISBN-13: 978-4594073626
  • 発売日: 2015/11/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.5 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,726位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
できればドラマ化する前に読みたかったが、順番が逆になってしまった。
ドラマでは二つ目になって終わるが、本書はその後も続く。

真打ち昇進をめぐる柳家小さんと立川談志のエピソードが感動した。

噺家だからなのか、師匠譲りの文才なのか読んでいて全く飽きない。

読んでいて何度笑った事か。

もう小さんも談志もいないけど、今最もチケットの取れない落語家の著書はオススメです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
なかなか面白かった\(^_^)/‼一気に読みました。。(^-^;‼立川志らく、なかなかの根性ある人だと思いました。。(^-^;
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ドラマ化した作品もチラッとみましたが、最近落語を聴くようになり、改めて気になり出して読みました。
エッセイなのにドラマかと思うようなエピソードをさらりさらりと書き綴った作品。流れが軽快でのめり込みました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
文章が丁寧で、洒落も効いている。
何かを人に教える/人から教わる上で役に立つ教訓も一つ二つ得られる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
に面白くて感動しました。
師匠愛に溢れたオススメの青春白書です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
立川談志師匠がお亡くなりになって久しいが、この本には、かの師匠が、どのような了見で落語会を騒がせたのか、よくわかる内容でありました。関西落語しか聞かない観ない僕ですが、江戸落語の師弟関係も素晴らしいと、思わしめるものでもありました。お薦めです。談春氏は、藝もすげぇが、文才も大したもんだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2015/12/11
形式: 文庫
立川談春が立川談志に弟子入りして真打ちになるまでの時代を自ら書いた連載を一冊にまとめた本。これは再発売となる文庫版についてのレビューだが、単行本として出版された2008年には講談社エッセイ賞を受賞したという。

ところどころ笑わせ、ほろっとさせる。少年時代は競艇選手になりたかったのに身長が規定より2㎝高くてかなわなかったらしい。高校を中退して談志師匠に弟子入りを決めたいきさつがまた凄い。当時の談志とのやりとりや他の弟子たちと右往左往した様子は、かなり生き生きと描かれていて、思わず引き込まれる。

築地魚河岸修行。師匠とのハワイ旅行。志らくと二人で呼ばれて、高田文夫、米助、小遊三の3人に貸し切りのスナックのママと女の子たちを爆笑の渦に巻き込んだ思い出。門下4人同時の二つ目昇進試験の冷や汗のエピソードと有楽町マリオンを満席にした二つ目昇進披露落語会。特に、立川流後輩たちに告ぐ、という章に投影されている著者の落語に対する真摯な厳しさ。小さんと米朝という2人にそれぞれ稽古をつけてもらった話。自分の真打ちを賭ける場を特別なものにしたうえに、よりによってそこに談志を破門にした小さん師匠を絡めたこと、そして談志と小さんのそれぞれの反応についても書かれている。

文章はよく練られているうえに、噺家だけあって言葉の使い方もうまい。大変面白く読めた。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
強烈な本であった。人生の修羅場における人の醜さを覗かせてくれる。ブザマな話の繰り返しはややもすると退屈さを伴うが、決してそうではない。よくできた小説のように、次の展開が気になって仕方ない。ジャンル的にはエッセイ本となるのだろうが、そんな生易しい本でもない。コーヒーを飲みながらまったりと読む本とは対極的な本で、2.7リットルの大五郎をロックかストレートでぐいぐい飲みながら読むのが合っている。

立川談春師匠は愚直な噺家だと思った。そこがよい。何といっても、終始一貫したドン臭さが、歯がゆくてたまらない。どうしてもっと上手く立ち回れなかったのだろうかと思い返す場面が多い。でも、その場面に私自身がいたら談春師匠より上手くできただろうか。そう思うと歯がゆさが、ぞっとする寒さに変わる。この感情の移り変わりが幾度となく実感できる。感情を直接刺激するジェットコースターに乗った気分になった。次の展開が気になったのはこのせいかもしれない。

人の成長過程は本当に面白い。千差万別なのもよい。しかも、明日が見えない芸人世界における人材育成の中身は、無茶苦茶で理不尽が蔓延した世界である。なぜ耐えられるのかと強いて言うなら、師匠に惚れているかどうかのただ一点ではないか。だからこそ強い絆が育まれるのかもしれない。

精神的、肉体的に人はどれくらい無茶を
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー