Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 617

¥ 269の割引 (30%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[竹内 薫]の赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス (NHK出版新書)
Kindle App Ad

赤ちゃんはなぜ父親に似るのか 育児のサイエンス (NHK出版新書) Kindle版

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 617
新書
"もう一度試してください。"
¥ 886 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

育児を楽しく科学したい、すべての新米パパママのために!
「妊婦脳はホルモンシャワーのせい?」「出産に立ち会えば、自然と父親の自覚が生まれる?」科学知識を武器に、初子育てに立ち向かう著者。果たして子育てはサイエンスで楽になるのか!? 知識欲は旺盛でも頭でっかちになりがちな新米パパが、ママのベストパートナーとなるまでの自身の体験を交えつつ、妊娠・出産・育児にまつわる研究やエピソードを多数紹介した、抱腹絶倒の育児サイエンス。

内容(「BOOK」データベースより)

「妊婦脳はホルモンシャワーのせい?」「出産に立ち会えば父親の自覚が生まれる?」科学知識を武器に、初子育てに立ち向かう著者。果たして子育てはサイエンスで楽になるのか!?知識欲が旺盛でも頭でっかちになりがちな新米パパが、ママのベストパートナーとなるにはどうすればいいのか。自身の体験を交えつつ、妊娠・出産・育児にまつわる科学研究から「赤ちゃんの不思議」を描く、ユーモアあふれる一冊。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1496 KB
  • 紙の本の長さ: 84 ページ
  • 出版社: NHK出版 (2012/6/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00ERC47DS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 172,101位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
タイトルが少しカタイ感じがしましたが、とても軽快な楽しい文章で、読みやすく、あっというまに読了しました。

新米パパとなったサイエンス作家の著者が、奧さまの出産、育児をご夫婦で乗り切ってこられた体験談を熱く語りつつ、出産や赤ちゃんの成長にまつわる科学を平易な言葉であたたかく解説してくれます。いろいろな通説にはもちろん触れていますし、最新の研究成果を踏まえて、それがどこまで正しいかといったことまで、簡潔に、でも過不足なく説明しています。そのひとつひとつが実際に役立つことばかり。育児中のかたの不安に応える内容になっています。テーマは広く、産み分け法や授乳や産後うつ、離乳、卒乳からベビーカー、抱っこひもの選び方まで、情報が満載です。

しかし何よりいいなあと思ったのは、奥さまに対する思いやりがいたるところにあふれていること。出産、育児を経験する女性がどんなことに悩み、苦しんでいるか、それを夫はどう理解して支えてあげればよいか、新米パパに向けて、的確なアドバイスが書かれています。わたしにもこんな夫がいたら人生が変わっていただろうなあと思いました。

じつはわたしは新米祖母。1歳になる孫がいます。孫誕生前にこの本が出ていれば、育児に奮闘する娘をもっとじょうずにサポートできたのにと思いました。婿どのには、これからでも遅くないのでぜひ読んでもらいたいです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
子供が生まれるので、本書を購入しました。
本書は、単なる、著者の育児エッセイ・体験記です。科学に基づくアドバイス等を期待してはいけません。

本書の数箇所で研究結果に触れていますが、信頼できる形では書かれていません。著者の話題に関係する研究を数点取り上げるだけです。興味を引く研究結果が紹介されているということは分かるのですが、それが信頼できるのかどうかが読者には伝わりません。言い方は悪いのですが、井戸端会議で「〜らしいわよ」と話すレベルと変わらないのです。さらに、文末に載っている参考文献も、研究論文そのものではなく、雑誌(*学術誌ではない。)や一般向け書籍ですので、いまいち、本書に書かれている内容の信憑性が伝わってきません。

本書を、単にエッセイ・体験記と捉えれば問題ありません。しかし、本書の副題「育児のサイエンス」というのは、問題です。本書に書かれている内容について、「サイエンスであれば信頼できるはずだ」と信じてしまう読者がいる可能性は高いでしょう。特に、本書の取り扱う内容は、妊娠・育児という大変重要なものですから、しっかりしたエビデンスに基づかないのであれば、どういう理由であれ、「サイエンス」と誇張するのは、許されるべきではないと思います。したがって、星1つです。子供が生まれたばかりの著者が、このような無責任な育児本を出版する
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover