通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。 単行本 – 2014/12/16

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 39

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。
  • +
  • 父親が子どもとがっつり遊べる時期はそう何年もない。
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

ハフィントン・ポスト日本版で17万いいね!を記録した同名の記事が待望の書籍化!

著者について

境 治
コピーライター/メディアコンサルタント
1962年福岡市生まれ。1987年東京大学卒業後、広告会社I&S(現・I&S BBDO)に入社しコピーライターに。その後、フリーランスとしての活動を経て株式会社ロボット、株式会社ビデオプロモーションに勤務。2013年より再びフリーランスに。
ブログ「クリエイティブビジネス論」
( http://sakaiosamu.com/ )はハフィントンポスト日本版に転載され、メディア論から社会的なテーマまで幅広く執筆。著書『テレビは生き残れるのか』(ディスカヴァー携書、2011年)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 287ページ
  • 出版社: 三輪舎 (2014/12/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4990811607
  • ISBN-13: 978-4990811600
  • 発売日: 2014/12/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 15,410位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
一人目の育休中に、著者のブログ記事「赤ちゃんにきびしい国で、赤ちゃんが増えるはずがない。」を読んで共感した。特に「良妻賢母の幻想を女性たちに無理強いしてきたから子どもが減った。『ごめんなさい、それ無理です』と女性たちが思っているのだ。そして、その押しつけは間違っているのだ。」という一節には引きつけられた。

自分の場合は、妊娠して仕事との両立をリアルに想定したときに、本書の言葉を借りれば「ごめんなさい、それ無理です」と言わざるを得なくなった。

ポスト「男女雇用機会均等法」世代の自分にとって、「男性と女性は平等」であったから、大学に行くのも正社員になるのももちろん当然だし、逆に女性だからといっておごられたりするのはなんだか嫌で、結婚してからも長いこと財布は別々にしていた。会社の女性上司はいわゆるバリキャリの先駆け世代で、「女は子どもを育てながら仕事し続けて初めて一人前」と常々言われていた。育休なんてなかった時代に、あらゆる手を使って育児をこなしつつずっとフルタイムで働いてきた上司の言うことだから、それはそうなんだろうなとどこかで思っていたのだけれど、いざ妊娠してみて初めて、いわゆる仕事と家庭の両立にとてつもなく大きなジレンマを感じた。どこからか急に、子どもを自分の手で育てたいという気持ちが湧き上がってきてしまって、でも一方でその想いは社会人と
...続きを読む ›
コメント 62人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
東京都在住、31歳女性です。
昨年結婚し、近い将来子どもが欲しいなぁと思っていますが、自分自身が九州の田舎でのびのびと育ったこともあり、正直、東京での子育てはあまりイメージできませんでした。この本を読むまでは。

本の中でも触れられていましたが、私の知り合いでも、海外(欧州&中国)で子育て経験のある人はみな口を揃えて言います。「東京は子育てがしづらい」と。海外では、子どもを連れて街を歩いていると、老いも若きも女も男も、みな自然に助けてくれるし、声を掛けてくれるそう。私の田舎もそうでした。地元の友達の中には五人兄弟の友達もいたりして、普段遊ぶ時には小さな妹や弟もだいたいいつも一緒。日常の風景の中に、当たり前のように赤ちゃんがいたんです。

なので、地元にいた時は赤ちゃんの泣き声やベビーカーを押すお母さんのことが気になったことなど一度もありませんでした(もちろん、東京で田舎では環境が全く異なりますが)。ですが、東京ではどうでしょう。自分が都心でフルタイムで働いていることもあり、日常的に街で赤ちゃんを見かけることはありません。たまに電車内で赤ちゃんを連れたお母さんを見かけると、泣き声をあげる赤ちゃんをあやしながら申し訳なさそうにしていたりして、そういう光景が頭の中で積み重なり、「東京で子育てはしたくないなぁ」という意識が強くなっていました
...続きを読む ›
1 コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
扇情的なタイトルから、赤ちゃんに冷たい社会に義憤する説法めいた内容を想像すると、いい意味で肩透かしを食らう(タイトルは確信犯的なレトリックとのこと)。
あるいは子育て中の人がカタルシスを感じるような本かと思いきや、もっと全然すがすがしい感じというか。

感情的な本じゃないということではない。むしろ、出版のきっかけとなった著者本人の個人のブログ記事(冒頭に載っている)のトーンはけっこうなかなか直球。
でもそこから本書のメインのところを読み進めていくと、つまり、保育は専門外の著者がほぼ成り行き的に、保育の現場の取材を重ねながらもっと子育てのしやすい社会になるにはどうすればいいかを考えていく、という過程を読者も追体験していくのだけど、それらを通してどんどん話に奥行きが増してくる。個人的だったものが社会全体の大きなものとつながっていくみたいに。そして取材が進むにつれて、古くて新しい、回帰的でありながら、でももっとしなやかで創造的で画期的な、今の時代の理想の子育てのかたちや社会のありかたが、ほんとうに著者が言うように見えてくるのだ。で、気づくと冒頭のいわゆる「ベビーカーVS満員電車」論争は、議論すら意味のないように思えていて、最後のほうの「迷惑なんてかけちゃいなさい」の著者の主張がすとんと腑に落ちてくる。

赤ちゃんだけじゃなくてみ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
中野円佳氏『育休時代のジレンマ』を読んだ時、核家族が子育てと仕事を両立するだめの解決策は書かれていなかった。
境治氏のこの本を読んでその理由が分かった。
私はこの本が提示する社会のあり方を応援する。
可及的速やかに、具体化されますように。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告