通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
赤ちゃんとママの心と体を元気にする! 妊娠・出産・... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 両表紙に保管時の擦れ、微傷がありますが、本文中身良好で、中古本としては、良い状態です。★不備がございましたら、誠意を持って対応いたします。安心してご検討いただければ、幸いでございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤ちゃんとママの心と体を元気にする! 妊娠・出産・育児のためのアロマセラピー (池田書店の妊娠・出産・育児シリーズ) 単行本 – 2004/2/3

5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 103

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 赤ちゃんとママの心と体を元気にする! 妊娠・出産・育児のためのアロマセラピー (池田書店の妊娠・出産・育児シリーズ)
  • +
  • 赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
  • +
  • 現役助産師がすすめる母と子のアロマセラピー&ベビーマッサージ (GAIA BOOKS)
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 108pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自然素材であるハーブや精油は、
薬による赤ちゃんへの影響が危ぶまれる妊娠中にも使えるものですが、
一方で、何が安全なのか、というのを知らなければなりません。
本書では、妊娠中、および出産・育児時に安心して使える精油の種類から、
妊娠中のさまざまな症状をケアする方法、出産時の痛みの軽減や産後の体のメンテナンス、
また赤ちゃんへのベビーマッサージなど
妊娠~育児期まで使えるアロマセラピーを紹介しています。

<目次>
Part1 アロマセラピーの基礎知識
アロマセラピーとは
精油の成分と作用について
精油の選び方と使い方
アロマセラピーの取り入れ方
(芳香浴・アロマバス・湿布・吸収・アロマクリーム・アロママッサージ)
ハーブティーの成分と作用について
ハーブティーの入れ方

Part2 妊娠中のアロマセラピー
妊娠中に使える精油について
妊娠中の悩みを解消するためのレシピ集
(食欲不振・つわり・こむらがえり・痔・膣炎・静脈瘤・妊娠線・妊娠ブルー・
歯の不調・貧血・不眠・便秘・胸やけ・むくみ・腰痛・背痛・

Part3 出産時のアロマセラピー
出産時に使える精油について
出産時の悩みを解消するためのレシピ集(緊張・陣痛・微弱陣痛)

Part4 産後のアロマセラピー
産後に使える精油について
産後の悩みを解消するためのレシピ集
(後陣痛・会陰の痛み・乳首の痛み・手首から肩の痛み・乳腺炎・冷え・
膀胱炎・母乳の出が悪い・マタニティーブルー・むくみ)

Part5 赤ちゃんと幼児へのアロマセラピー
ベビーマッサージの方法(足・手・腕・胸・おなか・背中・おしり・顔)
赤ちゃんと幼児に使える精油と植物油、フローラルウォーターについて
赤ちゃんと幼児の悩みを解消するためのレシピ集
(あせも・おむつかぶれ・かんしゃく・脂漏性湿疹・せき・皮膚の乾燥・虫刺され・夜泣き)

内容(「MARC」データベースより)

妊娠中に使っても安全な精油、避けたほうがよい精油など、精油のこと、ハーブのこと、アロマセラピーのことを正しく解説したうえで、妊娠、出産、産後、赤ちゃん、幼児の悩みに合ったアロマレシピを紹介する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 160ページ
  • 出版社: 池田書店 (2004/2/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4262164616
  • ISBN-13: 978-4262164618
  • 発売日: 2004/2/3
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 113,665位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/5/26
形式: 単行本
ハーブやアロマテラピーは妊娠中に使ってはいけないものが大変たくさんあります。それをまとめてくれている本といえます。そして出産を促したり、後産を楽にしてくれたりと上手に使えば安心してマタニティーライフが送れます。赤ちゃんにマッサージをすることで言葉の話せない赤ちゃんとのコミュニケーションがとれます。子供にマッサージをするととても気持ちがよさそうでリラックスしている様子がありありとわかりました。私にとっては大変勉強にもなりまた実践で使えることばかりでした。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ネットで調べても、アロマセラピー全般を扱っている本でも、妊娠〜分娩〜育児の際のトラブルやリラックスのためのアロマに特化した詳細な解説がなかなかなく、マタニティの禁忌(流産/早産しかねないので、使ってはいけないアロマオイルが結構ある)についても書いてあることがバラバラで混乱してしまっていたのですが、この本はすごくわかりやすいです。

何よりも、「マタニティで禁忌のオイルは逆に出産時の辛さを和らげてよいのでは」と思っていたことへの答えとレシピが書いてあったのが、とても参考になりました。さっそく活用してみようと思います。

ただ、他の参考書には、お風呂にオイルを直接入れるのはよくないから必ず乳化剤と一緒に入れるように、とあるのに、この本ではそういう説明ではなく、「精油をキャリアオイルに混ぜて乳化させると、お湯に混ざりやすくなります」「精油がすべて浮いてこないように、入浴中もときどきお湯をかき混ぜましょう」とありました。アロマセラピーの世界は奥が深いというか、複雑ですねえ。。。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
写真やイラストが可愛く、きれいにまとまっていてとても見やすかったです。
一覧表があり、知りたい項目を直ぐに探す事が出来ました。
症状も1つの項目につき1ページにまとまられ、色分けされています。

内容は初心者にも分り安く丁寧で、使っていい精油とダメなものがよく分りました。
妊娠初期から出産後、子供のケアまで丁寧に解説されています。
本屋でいくつもの本を立ち読みしましたがこの本が一番見やすく分りやすいです。
イラストも癒される優しいタッチのもので写真もきれいです。
妊婦さんには絶対役立つ本だと思います。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
妊娠中、わたしのつわりの症状は「頭痛」。
でも、お腹のベビーを考えると頭痛薬は決して飲めません。
そんなときに、友達からもらったのがこの本でした。
妊娠中は時期によって使っていいもの、だめなものがあるので、
この本がとっても参考になりました。
アロマテラピーで頭痛もすっきりし、出産したいまは、
自分の子供にもマッサージをしています!
妊婦さんはいまから、出産後も長く使えるので今買って間違いないとおもいますよ!!
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 マタニティアロマセラピストの勉強をしています。

 たくさんのアロマセラピストさんが著書を出版していますが、妊婦さん、妊娠中に使ってはダメな精油の情報がマチマチです。
 AさんはOKでも、BさんはNG、Cさんは初期ならOKだけど中期はNGとか……。迷ってしまいますよね。

 でも、この本の著者は日本アロマテラピー学会副理事長さんですし、現役の産婦人科医なので、禁忌な精油については納得できました。

 妊婦さんが悩む体の諸症状、それぞれの症状について説明され、それに合ったアロマを使用してのケア方法が紹介されているのでわかりやすいです。

 「診察室から」というコラムのページがあるのですが、ホロリ…とくるお話もあって、妊婦さん(出産、育児)、ベビーのためにアロマケアは必要とされるケア方法の1つなんだな〜と思いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
アロマや手作り石けんなどが好きで、妊娠してから妊娠中に控えた方が良いアロマの情報をネットで探していましたがマチマチだったりしていたのでこの本を注文しました。妊娠初期は×とか中期はこれなら良いとか、出産時に効力発揮するアロマはこれ!とか産後はこれがオススメとか書かれていて、アロマを使ったマッサージも紹介されていました。私が気に入ったのは出産時に陣痛を和らげるアロマと、陣痛を促進するアロマです。入院グッズに忍ばせて出産時に使用しました。いい香りがすると、気が紛れるし陣痛促進作用があると思うと少しでも頑張れると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー