中古品
¥ 22
+ ¥ 230 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、多少の使用感(痛み、汚れ、日焼け等)がありますのでご了承ください。■やむを得ぬ事情により注文をキャンセルさせて頂く場合がございますので予めご了承下さい。■商品につきましてご不明な点がございましたら注文前にお気兼ねなくお問い合わせ下さい。 36078
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤かぶ検事の裁判員ハンドブック (光文社文庫) 文庫 – 2009/3/12


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥ 17,217 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「恋人と一緒のところをチンピラ二人にからまれた男が、相手を刺殺してしまった。正当防衛になるのか?」。「ひき逃げされて重傷を負った人が、後続の別の車にひかれて死亡した。それぞれのドライバーの罪は?」。豊富な実例をもとに、刑法の考え方の基本を、わかりやすく解説。さらに裁判員制度の実際についても、Q&Aで詳しく紹介する。裁判員必携の一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

和久/峻三
大阪生まれ。京都大学法学部卒。記者生活を経て司法試験に合格後、弁護士登録。京都で弁護士事務所を開く傍ら、作家活動を開始する。1972年『仮面法廷』で第18回江戸川乱歩賞を受賞。’89年には『雨月荘殺人事件』で、第42回日本推理作家協会賞を受賞、法廷ミステリーの第一人者として不動の地位を確立した。“赤かぶ検事シリーズ”を始め、数多くの作品を発表し続けている

山崎/浩一
1958年、千葉県生まれ。早稲田大学法学部卒。’84年に弁護士登録。豊田商事事件、耐震偽装国賠事件をはじめ、数多くの民事、刑事事件を手がけている。同志社大学法科大学院で教鞭を執り、KBS京都のテレビ番組では、コメンテーターとしても活躍している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 285ページ
  • 出版社: 光文社 (2009/3/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334745679
  • ISBN-13: 978-4334745677
  • 発売日: 2009/3/12
  • 梱包サイズ: 15.4 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,458,167位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう