中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤い帽子の男 単行本 – 1993/11

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

『ぼくの命を救ってくれなかった友へ』のギベール、エイズ死の直後に発表された感動の長編。バルテュス、M.バルセロ、E.V.リュミネなど、著者が愛した画家の作品も収録。

内容(「MARC」データベースより)

画家と画商、画商と菟集家、原価と売価、そして絵画に"本物"とレッテルを保証する贋作の氾濫。絵画をめぐる語り手の彷徨が、現代美術とその市場のからくりを残酷に暴露する。エイズ死の直後に発表された感動の文学。


登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: 集英社 (1993/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087731812
  • ISBN-13: 978-4087731811
  • 発売日: 1993/11
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,018,755位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
赤い帽子をかぶった一人の男。ワインレッドの帽子をかぶり、バスと絵画が好きな作者ギベール。
そうして、愛する画家のモデルとして、彼のアトリエに行く作者。その頃には見るも哀しい痩せた身体を引きずり、ソファで寝起きしている。
ネズミの壁紙、メス犬、臓物もはみ出た鳥、首筋の血にまみれた管。ザラつく舌…。
グロ的な世界の上に、彼独特の愛の世界が広がっていく。
…食事しながらは読まない方がいいだろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 バルチス、ベーコン、ホッパー、などなどの画家に少しでも興味があれば、この小説はより面白く読める。画家、画商、コレクターが登場人物だからだ。
 小説家は書き、画家は描く。そして書かれ、描かれる。
 苛立たしくも徒労にも見える時間が、愛おしく感じられる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どこからどこまでがフィクションで、どこからどこまでが実話なのか…

最高にミステリアスな話。

読者を確信犯的に翻弄する、ギベール版ミステリである。

バルテュスの挿話が魅力的。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 garbanzo 投稿日 2004/5/21
形式: 単行本
登場人物は絵に触れて生きる人ばかり。
画家、モデル、画商、絵を買う人。
真作か贋作か、の違いは正しいラベルが貼られているかどうかだ。
「彼は同性愛者である」
「彼はエイズで死んだ」
どちらも間違っていない。しかし完全じゃない。
「彼は書くために生きた」
「彼は絵画を集め、愛でた」
「彼は愛した」
「彼は彼が望んだときに、望んだようには愛されなかった」
死病(エルヴェが生きていた頃、エイズはまだ死の病だった、という意味で。)のために、残された僅かな時間を絵を探し、文を書くことに捧げた。
「彼は本と絵を遺すことを望んだ」
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告