通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
赤い帝国・中国が滅びる日 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付き。ページに少しヤケあり。書き込み無しです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

赤い帝国・中国が滅びる日 単行本 – 2016/10/26

5つ星のうち 3.9 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 320

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 赤い帝国・中国が滅びる日
  • +
  • 暴走する中国が世界を終わらせる オンナ・カネ・権力への妄執の果て
総額: ¥2,700
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

そうだったのか!
この一冊で現在の中国情勢のすべてがわかる!!
いま日本人が知っておくべきチャイナリスク2017 衝撃の真実!

中国の未来はどうなっていくのか
中国専門ジャーナリストの著者が未来シナリオと日本人の対処法を緊急指南。

「赤い帝国・中国」は今、南シナ海の軍事拠点化を着々と進め太平洋進出を意識できるまでに強軍化をはかり、
GDP規模世界第二位の経済大国として人民元を国際通貨入りさせることに成功した。
文化覇権は一番難航しているが、それでも習近平政権の庇護を一番強く受けている
万達集団の映画文化産業買収戦略はハリウッドを乗っ取る勢いだ。
通貨の強さは軍事に裏付けられ、文化の強さは通貨に裏付けられる。
この三つの覇権は三巴のように相乗効果を持って中国の野望の推進力となっている。
日本人の中には、中国よりも米国に反感を持つ人たちも少なくないが、
私はこの「赤い帝国」のほうにより脅威を感じる。
なぜなら中国のいま行っている思想統制や言論弾圧、人権弾圧は世界でも屈指の激しさであり、
法治の下の平等などは存在しない。
中国の価値観とルールに従わねばならない日を想像するとぞっとしないか。私ならば、
この「赤い帝国」の野望を阻はばみたい。
だが、ここにきて赤い帝国にもいくつものアキレス腱、リスクが存在することが明らかになっている。
党内部の権力闘争、暗殺、クーデターの可能性、経済崩壊、大衆の不満……。
もっともこうしたリスクは中国にとってのリスクというだけでなく、
日本を含む国際社会にも大いなるリスクである。その野望は阻みたいが、
かといって彼らが滅ぶ日が来れば、間違いなく日本にも負の衝撃が襲いかかる。
では日本はいったいどうすればいい? 何ができる? そもそも、中国のいまの内政や外交、
軍事における思想や行動や戦略を日本人は理解しているか?
まずは、そこからだろう。本書を読んでいただければ、習近平政権が今、どのような戦略を持って、
何を目指しているか、実際に何をやっているか、どんなリスクを抱えているかが、
おおざっぱながらつかめると思う。
それを知れば、おのずと日本側が内包するアキレス腱、リスクも見えてくるだろう。
読者の忙しい時間を少し割いていただいても無駄にならなかったと思える内容を
詰め込んだと自負している。最後まで読んでいただきたい。(「まえがき」より)

内容(「BOOK」データベースより)

中国専門ジャーナリストの緊急提言。未来シナリオと日本人の対処法とは―迫り来るチャイナリスクの真実と対処法を提言する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: ベストセラーズ (2016/10/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4584137439
  • ISBN-13: 978-4584137437
  • 発売日: 2016/10/26
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 67,500位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
詳しい本の説明は他にゆずるとして・・・

今1つ習近平の考えていることが分からないと思っていましたが、これを読んでかなり理解出来
たと思います。そして暗澹たる気持ちになりました。

結局、習近平はクーデターを心配して軍事などの権力を手中に入れることだけを考えて国家運
営をしているんだなぁと。メディアを使って不正撲滅とかやっているが、実体は権力を手中に収め
るため政敵を倒すこと。メディアの力を借りて独裁体制を正当化しているだけ。

国民主権などは夢のまた夢の世界ということ。

経済のことは結局二の次で、やっている施策は矛盾だらけ。
それで経済で失敗すれば、トカゲのしっぽを切るように首相に責任を押しつけるとなれば失敗な
んてこともないわけで・・・

あまりの独裁体制のため、こんなことが長く続くわけないという危惧を著者はもっているわけだが・・・
長く続くと本当に困った国になりますね。

そういうことが分かった貴重な本でした。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルが大げさすぎます。
著者はそこまで言っていません。
しかし、中国の不安要素と日本にとっての最悪のシナリオ、両方が書いてあります。
個人的にはこの厄介な独裁政権とは長い付き合いになるのだろうという印象しかありません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルは刺激的だが、反中・嫌中の本ではない。

現在の習近平政権の特異な性格と、危うさー日本と世界および中国自身にとってーを、権力闘争、外交、軍事、経済、言論統制の各面から丹念に整理している。

あえて、要約すれば習近平は皇帝を、彼が指導する中国は帝国をめざしている。
しかし、人心と経済の帰趨は定かではない、むしろ、危機を胚胎しているということになろうか。

リアリズムにもとづいて纏められており、現在の中国の時局を理解するのに好適な書である。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
トランプ大統領誕生や、中国経済の変質といったイベントがあると書店には、山のように類書が積み上がります
私は、その際、現地に通じ、現地人のことを知った著者の本を手に取ることにしています
なぜなら、高名な方の本は、理路整然としているかもしれませんが、机上でかかれたものだけに、外れる可能性があること
その場合、著者は、産経の中国駐在を振り出しに、チャイナウォッチャーに徹していらっしゃるので、中国に関しては、安心して読むことができます
さて、本書は、習近平体制の現状と将来予測を扱っていますが、注目すべきは、権力闘争の争いの激しさから、集団意向体制に移項した共産党体制を、習近平は、毛沢東時代の独裁体制に戻そうとしていること
これが、権力者向けには、反腐敗運動であり、国内的には、無理に無理を重ね、過剰債務が積み上がった経済、そして、対外的には軍事大国化ということでしょうか
これらの結果、権力者のなかで習近平に近いものはおらず、過剰債務を国外ではこうとしたAIIB も、日米が参加せず、格付けが低く、期待したほど、機能していません
従って、ハードランディングするかどうかはともかく、中国経済は死んだと著結論付けています
では国内はどうなるかということで、五つのシナリオをあげており、その一つに、本書のタイトルである「中国が
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 上原宗吉 投稿日 2016/12/4
形式: 単行本 Amazonで購入
現場でしっかり把握されて書かれていることが良くわかり参考になります。 ありがとうございました。 上原宗吉
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「潜入ルポ!中国の女」など、中国専門のジャーナリスト福島さんの、現在そして今後の中国がどこへ向かおうとしているか、そのリスクを徹底分析。
党内部の権力闘争、暗さつ、クーデターの可能性、経済崩壊、大衆の不満など、様々な切り口から、ズバリと語っている。
第1章・習近平は暗さつされるのか
第2章・戦争は勃発するか
第3章・経済は崩壊するのか(2017中国版サブプライム住宅ローン危機など)
第4章・中国のメディアはしんだのか
第5章・中国5つの未来シナリオ
最後に、チャイナリスクを回避し中国人とうまく付き合う方法の提言。
忘れてならないのは、中国の国防動員法であるとしている。
結局、習近平は旧ソ連崩壊のプロセスから教訓を得て、政治改革に手をつけてはならないと判断し、いわゆる西側が示す民主化法治化ではなく、かつての強人独裁体制の復活という方法で、中国の蘇生を試みているというのが、現状のようだ。
いずれにせよ、中国の不安定な要素がもたらす負の衝撃が、日本に影響を及ぼさないはずはないと思うが、できることならそれを最小限に抑えたいものである。本書は、中国内部に詳しい著者ならではの、現在進行形の怖い中国事情が分かる一冊です。
追記・このレビューは、掲載は13日で1週間もAmazon審査にかかりました。さつという字をあえてひらがなにしたにもかかわらず!
4 コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー