通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
赤いコートの女 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 24時間対応のAmazon管理・専用在庫(安心・早い・専用梱包→Amazon倉庫からの発送♪送料無料♪。プライム登録で→お急ぎ便利用可能♪。コンビニ代引きOK♪)。帯あり。カバーややスレあり。書き込み無し。{自己評価・7(良)※基準10点満点・1悪-5並-10新品}。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

赤いコートの女 単行本 – 2008/1/21

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 852

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 赤いコートの女
  • +
  • 東京のどん底から―老いゆく路上生活者の声を聴く
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

様々な事情を抱え、路上生活に堕ちながらも気高く生きる女たち。永くその支援に奔走してきた筆者は、彼女たち一人一人に寄り添いながら自分に何ができるか、社会に何が必要なのかを探ってゆく。等身大に綴られる女性たちの生き様と、それを見守る筆者の温かな眼差しが心に響くノンフィクション。

内容(「BOOK」データベースより)

引きこもりの息子を抱え、その宿代の金策に奔走しながら野宿する夫婦、偏見と差別の孤独な結婚生活から、ひとり逃れた女、売春、性的暴行、望まない妊娠、出産後も公園を徘徊する女―路上を彷徨う女たちの再生の軌跡。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 327ページ
  • 出版社: 明石書店 (2008/1/21)
  • ISBN-10: 4750327085
  • ISBN-13: 978-4750327082
  • 発売日: 2008/1/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 924,778位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
東京に流れつきホームレスになってしまう人たち。
その中でも女性ホームレスに対し、時間を要しながら救済の活動を続けている宮下さん。
この本は妊娠していた40代と60代半ばの女性ホームレスに焦点をあて、ホームレスになってしまうまでの過去の傷の深さと、ホームレスから脱却出来ない現実を浮き彫りにする。
行政がホームレス対策に力不足なのは、いかに時間を要するかが背景にあるのだとこの本から伺える。
そして何より同じ女性として、路上に晒しものなる環境の危険が読みながら辛い。
50代になっても女として扱われる肉体の苦痛から逃れることが出来ない、弱者として女性ホームレスが存在する。
ホームレスにならざるを得ない「堕ちていく人たち」は、その人だけに原因があるように思う人に対しても宮下さんは、怠慢な行政や、訴えることさえ知らない無知な立場を納得する説明をこの本でしてくる。
この宮下さんは本当に偉いなと思うのは、自分にはここまで他人の為に自分を費やす心が無いことを思い知らされるからだ。
高見の見物でもしたようで、申し訳ない気持ちになった。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の宮下氏は、ボランティアの立場から都内で路上生活者の支援活動を行っています。この作品は、主に2つのパートから構成されていて、1つは精神障碍のある40代女性の支援、もう1つは地方出身の60代女性の支援の話です。
ホームレス=路上生活者と聞くと「男性」というイメージが強いですが、この本で引用されている統計調査などでは、全体の数%は女性だそうです。

この本では、社会的な保護から抜け落ちた女性が生きることの過酷さが淡々と伝えられています。1人の人間がほとんど金銭がない状態でホームレスにならないための要素として、
「社会福祉資源」「経済的な資源」「ネットワーク的な資源」などがありますが、そのどれからも隔たってしまった女性は、生きるためにセックスワークをするくらいしか生活できないんだなあとしみじみ感じました。女性は1人でホームレスになることも難しく、特定の男性とパートナーを組まないと輪姦暴行の被害にあいやすいことも、触れられています。

著者が、「性産業従事者の中に知的障碍者女性がある程度いるはずで、その調査などが必要だ」という主張をしていることに同意します。知的障碍の無い女性に比べて、知的障碍がある女性達は自分達の身を守る術も知らずに、性的搾取の対象になる可能性が格段に高いですね。

また、著者の人と向き合
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は、問題を抱える人を見つけ、福祉事務所へ橋渡しをするボランティアをしている。

家出とか借金とかいろいろな事情で路上生活を余儀なくされた人達がいるが、中でも女性ホームレスはレイプされて妊娠という危険にさらされている。

「赤いコートの女」は知的障害のある高齢女性ホームレスの話。身内はいない。生業は売春。繰り返し妊娠し産みっぱなし。父親は誰かわからない。
彼女は行政指導を拒否、施設も病院も嫌い、治療を拒絶し、路上生活を好む。
意思疎通ができないと著者は嘆き、虐待を受けたせいで人が信じられなくなったのだろうと同情し、人間関係を築き近づこうとする。
目指すは自立支援。
そこで共同生活でサポートしてくれる男性を見つける。強い性衝動や、飲酒や徘徊や精神病からくる錯乱に、24時間つきあわされることに疲れて別れてしまう。
彼女は不特定多数の男性とつきあうことを止めない。男と女はセックスだけの関係だと言う。

うーむ、日本では一人野生的に生きていくことは不可能だし、周囲も許さないよなぁとあらためて思った。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す