この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


贄の夜会 (日本語) 単行本 – 2006/5/1

5つ星のうち4.0 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥198
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

“犯罪被害者家族の集い”に参加したふたりの女性が殺された。ハープ奏者は両手首を切り落とされ、もうひとりは後頭部を石段に叩き付けられて―。刑事の大河内は被害者の夫の行動に疑問を覚えるが、なぜか公安部からストップがかかる。また、“集い”にパネラーとして出席した弁護士は、19年前に起きた少年猟奇事件の犯人だったことを知る。洗脳によって社会の暗闇に潜みつづける真犯人は…。猟奇的殺人鬼とプロの殺し屋がぶつかる時、警察組織の腐敗を目の当たりにした刑事も孤独な一匹狼として暴走を始めた。執筆に6年を費やし、かつてないスケールとスピードで展開する待望のサスペンス巨編。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

香納/諒一
1963年、横浜生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。1990年、第7回織田作之助賞入選。1991年、「ハミングで二番まで」で第13回小説推理新人賞を受賞し、1992年、『時よ夜の海に瞑れ』で単行本デビュー。1999年、『幻の女』で第52回日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2006/5/1
  • 単行本 : 581ページ
  • ISBN-10 : 4163246800
  • ISBN-13 : 978-4163246802
  • 出版社 : 文藝春秋 (2006/5/1)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
6 件のグローバル評価
星5つ
33%
星4つ
33%
星3つ
33%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2007年2月25日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2008年9月25日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年3月28日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年8月27日に日本でレビュー済み
2006年6月19日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年8月9日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告