中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

賭博黙示録カイジ(7) (ヤングマガジンコミックス) コミックス – 1998/3/3

5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「限定ジャンケン」「電流鉄骨渡り」「Eカード」――。前代未聞の方法でくりひろげられる人間総力戦、修羅場勝負の数々。これがギャンブルだ!

恐怖が人間を喰い尽くす!!「鉄骨渡りレース」……。空前絶後の新ギャンブル。その凄まじき展開。あたかも現場に参加しているような興奮で、一気読み!

著者について

福本 伸行
1980年、『よろしく純情大将』でデビュー。代表作は『賭博黙示録カイジ』、『天』、『銀と金』、『最強伝説 黒沢』、『賭博覇王伝 零』など多数。現在、『賭博堕天録カイジ 和也編』、『アカギ』を連載中。


登録情報

  • コミック: 230ページ
  • 出版社: 講談社 (1998/3/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063367266
  • ISBN-13: 978-4063367263
  • 発売日: 1998/3/3
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
6巻とは違う橋ですがまるまる橋を渡る話です。橋を渡るだけで良くこんな心理描写や理屈を一巻まるまる描けるな、恐ろしいわ
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gibs 投稿日 2007/4/2
形式: コミック
5〜8巻は2番目の物語。

命あっての金。

両者を天秤にかければ命の方が重いに決まってる。

そんなことは分かっている。

もし金をやるから死んでくれと言われれば、どんな大金を積まれてもごめんだ。

しかし1%でも命と金の両方を手に入れるチャンスがあるなら状況は変わってくる。

彼らは、

「ほとんど死ぬ」

ではなく、こう考える。

「うまくいけば億万長者だ」

しかし死が現実に迫ってきたとき、彼らは思う。

「死にたくない」

と。

本当の意味で命の大切さに気づくのは死ぬ間際だけ。

この漫画はその死に際に連れて行ってくれる。

死を感じて生を知るべし。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
胸に突き刺さる利根川の言葉の数々。
絵空事ではない、本当の意味での死への恐怖。
絶望的な状況に追い込まれた男達が流す涙。
そして「ありがとう」……。

その全てに感情をメチャクチャにされた。
読みながら、気付けば涙で目が滲んでいた。

感動したわけではない。
さりとて、バラエティ番組のように鉄骨から落ちてゆく男達の姿に滑稽さを感じたわけでもない。

死への恐怖、そして、このような状況に追い込まれる事になった自分自身の惨めさへの涙。
それがまるで自分の事のように感じられたからこそ、私も涙を流してしまったのだと思う。
鉄骨渡りによる肉体の死の恐怖はもちろん、利根川の言葉で「社会人としての死」を宣告されたようで、カイジ達のように自堕落な人生のツケで多額の借金を背負う事になった自分には、とても読むのが辛い内容であった。

この巻の利根川の言葉はどれも名言と言っていいと思う。
(腹立たしい内容ではあるが的を得ており、いわゆる「クズ」に該当する自分には反論する資格はない)
「カイジ」という漫画に興味がなかったり、全巻読むだけの時間がない人にも、この7巻だけは読んでもらいたい。

何も感じる事がなければそれでよし、もしも私のように強く心揺さぶられるものがあったのならば、お互いに人生を頑張りましょうよ、今この瞬間から。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
第6巻の最後の「金は命より重い」、そしてこの巻の冒頭の利根川の言葉は、非常に説得力があり、事実であるように思える。しかし、それは一面的には事実であるということにすぎない。そして彼の論理が成立する条件は、「人が永遠に生きる」ということだ。よって、それは絶対に成立しない。

人は皆、確実に死ぬ。そしてこの世の全てを失う。その時に貯金がいくらあるかというのは意味が無い。

《男も女も幾百万人と数多くいるが、財産を蓄えたあげくには、死の力に屈服する。いくら財産を蓄えても、最後には尽きてなくなってしまう。高い地位身分もついには落ちてしまう。結びついたものはついには離れてしまう。生命はついには死に至る。》
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告