通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
賭博師は祈らない (電撃文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

賭博師は祈らない (電撃文庫) 文庫 – 2017/3/10

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680
¥ 680 ¥ 423

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 賭博師は祈らない (電撃文庫)
  • +
  • キラプリおじさんと幼女先輩 (電撃文庫)
  • +
  • オリンポスの郵便ポスト (電撃文庫)
総額: ¥2,040
ポイントの合計: 204pt (10%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

第23回電撃小説大賞《金賞》受賞作品!

十八世紀末、ロンドン。
賭場での失敗から、手に余る大金を得てしまった若き賭博師ラザルスが、仕方なく購入させられた商品。
――それは、奴隷の少女だった。
喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。
そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。慣れない触れ合いに戸惑いながらも、二人は次第に想いを通わせていくが……。
やがて訪れるのは、二人を引き裂く悲劇。そして男は奴隷の少女を護るため、一世一代のギャンブルに挑む。

内容(「BOOK」データベースより)

十八世紀末、ロンドン。賭場での失敗から、手に余る大金を得てしまった若き賭博師ラザルスが、仕方なく購入させられた商品。―それは、奴隷の少女だった。喉を焼かれ声を失い、感情を失い、どんな扱いを受けようが決して逆らうことなく、主人の性的な欲求を満たすためだけに調教された少女リーラ。そんなリーラを放り出すわけにもいかず、ラザルスは教育を施しながら彼女をメイドとして雇うことに。慣れない触れ合いに戸惑いながらも、二人は次第に想い通わせていくが…。やがて訪れるのは二人を引き裂く悲劇。そして男は奴隷の少女を護るため、一世一代のギャンブルに挑む。第23回電撃小説大賞・金賞受賞作!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 344ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2017/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048926659
  • ISBN-13: 978-4048926652
  • 発売日: 2017/3/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,000位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
賭博師の男が,ちょっとしたきっかけで奴隷の少女と出会うところから始まる物語は,
明日をも知れぬ生業ながら,彼女を気に掛ける男と,心と身体に深い傷を抱える少女が,
多くの困難を乗り越え,気持ちを通じ合わせていくという,言わば定番の流れで進みます.

そんな中,不器用で無愛想ですが,少女に子どもらしい生活をとあれこれ動く男に対し,
不幸な境遇から他人を信じられず,その優しさに戸惑い,怯えることすらもあった彼女が,
食事や買い物,外出などのやり取りを重ねる内に,彼の思いに気付く様子に胸を打たれます.

その反面,男が少女に惹かれる動機や背景が弱く,己の生い立ちに重ねたりもしますが,
彼女に関わることへの葛藤の部分が消化不良で,いささか見えづらかったように思います.
このほか,十八世紀末のロンドンには似合わない,現代風の言い回しも少し気になりました.

とはいえ,負けない,勝たないが信条だった男が,大勝ちを狙って全身全霊を注ぐ姿や,
それを裏手に採ったような結果と,その先までを見越していた心理戦はなかなかに痛快で,
感情を失っていた少女の心からの声,そして取り戻した笑顔で幕が引かれるのが印象的です.

なお,『賭博師』から期待されるほど,ギャンブル要素は濃くありませんのでご注意を….
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
電撃文庫マガジンの別冊で「試し読み」をして、面白そうと思い、購入。

『優しさのない環境にいた彼女は、周囲に敵意しか存在していない。無関心によって振るまわれているラザルスの乏しい善意ですら、彼女は敵意で解釈することしかできない』

と、とあるページに書かれていた文章が、私のなかでもっとも印象に残っている言葉。

人は優しさがある環境で善意を学び、また、反対にほどよく優しさのない環境に置かれることで敵意を学ぶ生き物だと思う。
つまり、一般の人は、先に「善意」を学ぶ。
しかし、逆に、最初から人の優しさがない環境におかれた場合、人は「人の優しさ」という意味も、「善意」という意味も、学ぶことができない。
急に差し伸べられた僅かな「善意」でも、当然「敵意」と捉えることしかできない。
何故なら、「善意」を知らないのだから。

彼女はラザルスの「乏しい善意」に戸惑った。
その「彼女」の心の動きが丁寧に描写されている。
言葉がしゃべれない「彼女」の心、そして、「心」の変化を、「彼女」の顔の表情や「彼女」のとった行動だけで描写するのは、おそらく会話という技法で表現するより大変なことであると私は思う。

最後に、個別的な話になるが、私は引きこも
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
十八世紀末ロンドンを舞台に、シニカルな賭博師ラザルスの日常とその日常に変化をもたらす奴隷少女リーラとの交流を描く物語。
端的に言って、この作品に斬新な設定だとか目を見張るような仕掛けだとか、そういうものはない。
あるのはひたすら地に足のついた丁寧な文章と、無理のない性格付けがなされているキャラクターの心理描写だ。
だがそれがいい。
落ち着いた雰囲気のラノベが好きという向きにはとてもオススメ出来る作品だと思う。
あと目を見張るような仕掛けはないと書いたが、最後の勝負のオチはタイトルとも連動していて納得のいくもので感心した。
早くこの作者の次作が読みたい。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
電撃新人賞の金賞ということで、設定が面白いながらも文章に拙いところが見られるのだろうか?と予想して読み始めたが全くの杞憂で、むしろ最近のライトノベルではかなり上位に入ると思われる文章力でした。
描写が分かりやすく、かつ無駄がない新人とは思えない文章で最後までダレることなく読み終えました。

ストーリーとしてはあらすじの通り、賭博師とたまたま買い取ることになった奴隷の少女の物語なのですが、カイジやライアーゲームのようなトリックがメインの作品ではなく、人間関係などを楽しむ作品だと思います。
展開と台詞回しにセンスが感じられる作品だったので、雰囲気が好みならオススメです。
序盤少し地味なところもあり、萌え系のラブコメ専門の人にはあまりオススメしませんが、それ以外の人には誰にでもお勧めできる万能なラノベだと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー