通常配送無料 詳細
残り17点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■表紙に若干のスレがありますが、紙面の状態は概ね良好です。■Amazon専用在庫につきキャンセルはありません。 ■全品簡易クリーニング済み。 ■ビニール包装のうえ毎日発送しています。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 ■Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。 ■不具合がありましたら対応いたしますのでご連絡ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書) 新書 – 2016/10/28

5つ星のうち 4.6 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 304

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書)
  • +
  • 産廃Gメンが見た 食品廃棄の裏側
  • +
  • フードバンクという挑戦――貧困と飽食のあいだで (岩波現代文庫)
総額: ¥3,499
ポイントの合計: 51pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小売店、メーカー、消費者。悪いのは誰だ?

卵の賞味期限は通常、産卵日から3週間だが、
実は冬場なら57日間は生で食べることができる。
卵に限らず、ほとんどの食品の賞味期限は
実際より2割以上短く設定されている。
だが消費者の多くは期限を1日でも過ぎた食品は捨て、
店では棚の奥の期限が先の商品を選ぶ。
小売店も期限よりかなり前に商品を撤去。
その結果、日本は、まだ食べられる食品を大量に廃棄する「食品ロス」大国に。
しかも消費者は知らずに、廃棄のコストを負担させられているのだ。
食品をめぐる、この「もったいない」構造に
初めてメスを入れた衝撃の書!

◇なぜ食品企業は賞味期限をこんなに短く設定するのか
◇賞味期限が切れた頃が一番おいしい食品もある
◇毎日大量にパンを捨てているデパ地下パン屋
◇日本は、世界全体で支援に使われる食料の約2倍もの量を捨てている
◇食品ロスの半分は家庭から出ている
◇メーカー泣かせ、食品業界の「3分の1」ルールとは?

内容(「BOOK」データベースより)

卵の賞味期限は通常、産卵日から3週間だが、実は冬場なら57日間は生食可。卵に限らず、ほとんどの食品の賞味期限は実際より2割以上短く設定されている。だが消費者の多くは期限を1日でも過ぎた食品は捨て、店では棚の奥の期限が先の商品を選ぶ。小売店も期限よりかなり前に商品を撤去。その結果、日本は、まだ食べられる食品を大量に廃棄する「食品ロス」大国となっている。しかも消費者は知らずに廃棄のコストを負担させられている。食品をめぐる、この「もったいない」構造に初めてメスを入れた衝撃の書!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 220ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344984331
  • ISBN-13: 978-4344984332
  • 発売日: 2016/10/28
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,862位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
2013年5月に大阪市北区で起こった母子餓死事件

「最後に、おなかいっぱい食べさせてあげたかった。ごめんね」
と書き置きを残し、28歳のお母さんと3歳のお子さんが餓死。

あの事件を覚えている方も多いのではないでしょうか。

同じく小さい子を持つ私は、あの事件をニュースで知ったとき、
ウソだろ?という驚きと、どうにかならなかったのかよ!という
怒りにも似た悔しさがわき、

自分自身、何かできることはなかったのか?と
一度立ち止まって考えましたが、
具体的に何ができるかも思い浮かばぬまま、
また忙しい日々に戻ってしまいました。

この本の中では、

なぜ食べ物がなくて困窮している人たちがいる一方で、
まだまだ食べられるものが大量に捨てられているのか、
その真実が、著者の強い正義感のもと書かれています。

あのような事件が二度と起きないようにするために、
自分たちに何ができるのか、誰でも参加できる様々な取り組みも
紹介されています。(おてらおやつクラブ、フードドライブ、フードバンクなど)

子どもから大人まで、一人でも多くの人に読んでもらいたいと
久しぶりに思えた素晴らしい一冊でした。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は賞味期限後の卵は極力廃棄するようにしていたので、本書冒頭に記されている「日本の卵の賞味期限は、夏場に生で食べることを前提としており、気温が低い(10度ぐらい)冬場であれば、産卵後57日間(パック後50日間)は生で食べられる」とするまさに本書のタイトル名に相応しい内容には、本当に驚かされた。ただし、これについては、後段で、サルモネラ菌による食中毒を防ぐため、「いくら冬場は生で57日間食べられるとはいっても、パックに表示されている賞味期限を過ぎたら、火を通して食べましょう」と事実上の軌道修正を図るともに、卵の温度管理や保存方法についての細かな注意事項を示しているので、早合点して賞味期限後の生食を実行に移さない方がいいと思う。 

筆者は、この後も、賞味期限は実際よりも短く設定されていることがほとんどであることを明らかにし、賞味期限を過ぎていても、「においを嗅ぐ、目で見る、などの五感を使って、問題ないと判断できれば、食べて大丈夫なのです」としているが、率直に言って、「自分の五感を頼りに後は自己責任で」と言われても、私は自分の五感などには全く自信はないので、期限切れに気付いたら、やはり安心・安全を優先して廃棄してしまうと思う(実際、筆者は第2章で、食べられるかどうかを自分で判断する際の8つの要注意事項を列挙している)。 

ただ、本書を通して読ん
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
冬場は卵は57日間、生で食べられるとは知らなかった。茹でる焼くなど加熱すればもっと長くOKだという。ではなぜそれより短い賞味期限が付けられているのか。生産者やお店はたくさん売って商品回転率をあげたい。ひいては捨てさせても構わない。騙されていたのか…

賞味期限のウソを次々と突きつけられる中で、著者の指摘する1/3ルールには深いため息も出る。

食品業界の商習慣で、賞味期間を1/3ずつ区切り、最初の1/3を納品期限、次の1/3までを販売期限とする。それ以降は売らない/売れないという売り手の都合である。その結果納品を急がせ、販売も急ぐ。期限を過ぎると小売店は返品する。納品期限の返品ロスで821億円、販売期限の返品ロスで432億円、〆て合計1253億円が返品されている(H26)。

なぜコンビニは24時間開店するのか。そのために一日何回転も商品仕入があり環境破壊につながる。クリスマスや恵方巻きの翌日にゴミになる食品がある。一方困っている人に到達しにくい。食品流通には問題がたくさんある。

見えてくる食品ロスの真の問題は「人」なのである。

生産者や小売業だけではない。消費者にこそ問題がある。盲目的に期限を信じる。スーパーの棚の奥から商品を取る。割引で必要以上に買っては捨てる。
 
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper-Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/11/24
形式: 新書
日本の食品ロスの総量は年間632万トン。これは世界の1年間の食糧援助の総量である320万トンの2倍に迫るほどの量である。それだけ膨大な食品を日本は1国だけで廃棄している。また、この632万トンの廃棄量のうち約半分の302万トンが消費者由来であり、残りが飲食店や食品メーカーや販売店といった事業者由来であるという。

このような大量の食品のロスが、なぜこの国で生じているのかについて書かれた本。複合的な原因が述べられている。タイトルと前半部分に書かれている賞味期限の問題は、そのうちの主要なもののひとつである。

メーカーは賞味期限を短めに設定することが多い。それは、ひとたび出荷されてしまえば、流通やその後の保存環境でどのように管理されるかわからないからである。そのリスクを考えると、企業側はどうしても賞味期限を短めに設定せざるをえない。さらにスーパーやコンビニ業界では、その商品が賞味期限までの期間の残り3分の1に達した時期を「販売期限」として設定している。この「3分の1」ルールは食品ロスを生む大きな原因になっている。それに加えて、小売り業界では、賞味期限までの期間の最初の3分の1を納品期限とする商習慣があるので、それを過ぎた商品については仕入れ自体を拒否するのが普通であるという。

また、日本の小売り業では、欠品を極度に恐れる傾向
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー