¥ 1,620
この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 324 (20%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 1,296
Kindle版
¥ 1,620
単行本(ソフトカバー)の価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 324 (20%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
資生堂インパクト ―子育てを聖域にしない経営 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

資生堂インパクト ―子育てを聖域にしない経営 単行本(ソフトカバー) – 2016/5/25

5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 1,620
¥ 1,604 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大480円OFF 1 件


booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 期間中、Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本(ジャンル:暮らし・健康・子育て)をまとめてご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大480円OFFに。2019/3/13 9:00-2019/4/12 23:59(日本時間)まで。詳しくはキャンペーンページ 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 資生堂インパクト ―子育てを聖域にしない経営
  • +
  • 女性活躍の推進―資生堂が実践するダイバーシティ経営と働き方改革
総額: ¥3,348
ポイントの合計: 33pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

「これからは、育児時間勤務者も遅番、休日勤務を検討してもらいます」――賛否両論をよんだ“資生堂ショック"、資生堂の戦略とは、どんなものだったのか?

NHKの番組「おはよう日本」が取り上げた資生堂の経営改革が、ネットや雑誌などで大きな反響を呼んだ。「育休後の社員にも遅番、休日勤務を検討してもらう」など、従来の資生堂のイメージとは異なる実態を耳にして驚いた人が次々にネットに感想を書き込んだ。美容部員をはじめとする女性社員の就労環境を整備し、「働く女性にやさしい」企業と目されてきた資生堂。何が変わったのか、なぜ変えなくてはならなかったのか――。

同社は一部で誤解を受けているが、突然の方針転換をしたわけではない。いくつかのステップを踏み、時間をかけて経営改革を進めてきた。注目を浴びたDVDによる「甘えをなくそう」という呼びかけは、そうした改革の一端にすぎない。他社の先を行く就労環境は「女性にやさしい職場」として受け入れられてきたが、一方で「甘え」の温床とみられる向きもあった。一部の女性社員を優遇することが、同僚の社員に厳しい労働を課すことになる場合もあった。女性社員を多数抱えるがゆえに、悩みは深く、改革は同社で全社員にとって必然だったのだ。

長年、女性の問題を追ってきた日経のベテラン記者が、資生堂の経営改革を牽引してきた魚谷雅彦社長や岩田喜美枝氏(現顧問)をはじめ、多くの社員に取材。どのように改革は進められてきたのか、社内に反発はなかったのか、反対勢力にどう対処したのか、どのようなインセンティブを用意したのかなど、女性社員の活躍を目指す企業にとって示唆に富む実例が数多く盛り込まれている。

内容(「BOOK」データベースより)

「これからは、育児時間勤務者も遅番、休日勤務を検討してもらいます」―2013年11月、全国各地の資生堂の会議室で、衝撃が走った。賛否両論の議論を巻き起こした“資生堂ショック”、資生堂の戦略とは、どんなものだったのか?「職場の不平等感」をなくせ!夕方以降&週末勤務を育児社員に課した“働き方改革”の真意。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2016/5/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532320763
  • ISBN-13: 978-4532320768
  • 発売日: 2016/5/25
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,343位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

10件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.9

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2018年1月3日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年8月24日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年5月31日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年6月17日
形式: 単行本(ソフトカバー)
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年6月27日
形式: 単行本(ソフトカバー)
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年6月4日
形式: 単行本(ソフトカバー)
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年6月16日
形式: 単行本(ソフトカバー)
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年7月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告