¥ 1,728
通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
資源クライシス だれがその持続可能性を維持するのか... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

資源クライシス だれがその持続可能性を維持するのか? 単行本 – 2008/7/1

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

石油・金属・食糧が連動して値上がりを始めた。
投機的要因、環境要因、資源枯渇要因が挙げられる。

同時に、温暖化対策における国際協調の方向が、
資源獲得のためのナショナリズムと、資源を売る立場のナショナリズムの攻めぎ合いによって乱されている。

本書では資源枯渇について、技術的な対処の方向と限界を明らかにし
「産業社会の持続可能性の究極の条件」を考える。
また、その可能性から逆算し現代の戦略を具体的に明らかにする。
今までにない視点から論じられた資源環境論。

内容(「BOOK」データベースより)

石油・金属・食糧が連動して値上がりを始めた。投機的要因、環境要因、資源枯渇要因が挙げられるが、同時に、温暖化対策における国際協調の方向が、資源獲得のためのナショナリズムと、資源を売る立場のナショナリズムの攻めぎ合いによって乱されている。本書では資源枯渇について、技術的な対処の方向づけと限界を明らかにし「産業社会の持続可能性の究極の条件とは何か?」を考え、その究極の可能性から逆算して、現代の戦略を具体的に明らかにし、今までの議論に欠けていた視点を提供する。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 丸善; 四六版 (2008/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 462107993X
  • ISBN-13: 978-4621079935
  • 発売日: 2008/7/1
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,118,341位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2008年8月23日
形式: 単行本
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告