この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

資本主義のコスト 単行本 – 2009/7/23


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 107
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

◆「ミンスキー・モーメント(周期的な金融市場の大混乱)」
それは、資本主義が支払わなければならないツケだ!

危機を経て、経済活動で果たす国家の役目は大きくなり、
資本主義の内容も変わる。
金融に対する信任を回復させる手立てとは?


◆小幡績氏、推薦!
金融市場主義の欠陥の本質を突いている本書は、
危機後の新しい社会における資本主義を構築するために、
ケインズ、スミスと並んで必読の書である。


◆金融業界関係者、必読!
ウォール街のエコノミストとして、第一線で25年以上、
活躍し続けてきた著者による「生きた経済」を知るための好適書。
「ブーム&バースト」サイクルを繰り返してきた資本主義経済システム、
その特徴と本質を平易に解明する!


◆古い地図が間違っていたのなら、今後どうやって進むのだろうか?

現代の経済で金融が再び中心的な役目を果たすためには、
金融をもっと簡単で、透明性のある形に戻す必要がある。
その設計が平均的投資家の理解を超えるものであれば、
投資商品としての役目を果たせない。

中央銀行は、金融システムの「過剰」がもたらす不安定要因をいち早く認識しながら、
リスク選好が高まり過ぎることを抑える政策をうつ必要がある。
しかし、規制が修正され、金融商品が簡素化し分かりやすいものになり、
中央銀行の準備ができたならば、
政治家は、民間資本市場でリスクを取ることが再び安全だと宣言するべきだろう。

内容(「BOOK」データベースより)

ウォール街のエコノミストとして、第一線で25年以上、活躍し続けてきた著者による「生きた経済」を知るための好適書。「ブーム&バースト」サイクルを繰り返してきた資本主義経済システム、その特徴と本質を平易に解明する!金融に対する信任を回復させる手立てとは。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 洋泉社 (2009/7/23)
  • ISBN-10: 4862484298
  • ISBN-13: 978-4862484291
  • 発売日: 2009/7/23
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,310,197位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。switch joycon