Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 580

¥ 46の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ジェーン・スー]の貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫)
Kindle App Ad

貴様いつまで女子でいるつもりだ問題 (幻冬舎文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.6 67件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 580
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 379 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 626 ¥ 56

商品の説明

内容紹介

「女子会には二種類あってだな」「ていねいな暮らしオブセッション」「私はオバさんになったが森高はどうだ」……誰もが見て見ぬふりをしてきた女にまつわる諸問題(女子問題、カワイイ問題、ブスとババア問題……etc.)から、恋愛、結婚、家族、老後まで——話題の著者が笑いと毒で切り込む。“未婚のプロ”の真骨頂。講談社エッセイ賞受賞作。

内容(「BOOK」データベースより)

「女子会には二種類あってだな」「ていねいな暮らしオブセッション」「私はオバさんになったが森高はどうだ」…誰もが見て見ぬふりをしてきた女にまつわる諸問題(女子問題、カワイイ問題、ブスとババア問題…etc.)から、恋愛、結婚、家族、老後まで―話題の著者が笑いと毒で切り込む。“未婚のプロ”の真骨頂。講談社エッセイ賞受賞作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1036 KB
  • 紙の本の長さ: 152 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/4/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01DLQNOXY
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,368位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
読む前は最近の女性の傾向を大上段からぶった切る分析本なのかな?と思っていましたが、著者のパーソナルな実体験を基に日々感じている事や過去に遭遇した出来事への自己分析をされていて、「ああ〜、あるある」と共感しました。私が著者の方とほぼ同年代だから、という事もありますが、少し気持ちが楽になりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルだけ観ると、かなりスパイシーで「大人になりきれないメンヘラ女を糾弾した本」のように思えますが
内容はそんな事は全くありませんので、ご安心を。

作者のジェーン・スー姐さんが結婚できないアラフォー女の苦悩というか、心の生傷を赤裸々に語ってくれます。
そのあっけらかんとした語り口はスッキリしますし、その言葉に含まれた同姓に対する若干の毒と大きな愛には
男性にも共感が出来ると思われます。

というか、最近の「女の気持ちが全然わかんね」とか言っている男子。
この本を読めば、そんな異生物のように見えていた女子が思わず「同志よ」と思えてきて、
きっと「今晩は飲んで語り明かそう」とか思えてくるはず。

ただ、最後に一言ご注意を「やれば出来る」。
避妊にはくれぐれもご注意を(下ネタでした:笑)
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
むやみに他人を貶めず、自分の考えを押し売りせず。タイトルの割にはニュートラルに思索を進める著者の言葉選びに好感を持ちました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 活字 投稿日 2017/3/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
タイトルに惹かれました。
そうそうとうなずきながら読みました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ラジオでの適切なアドバイス通り、この本も納得の内容で楽しめました!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
表題は面白かった。内容は特にレビューするほどの内容はないと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 RYO 投稿日 2015/11/9
形式: 単行本 Amazonで購入
ある一定年齢以上の頑張る“女子”の皆さんは抱腹絶倒、溜飲の下がること間違いなし(笑)!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
喧嘩上等なタイトルなので、どんな本かと思って手に取りましたが、非常にまっとうな、同世代の働く女性の本(ちなみに彼女は日本人です)でした。

さすがに40代のわたしが自分で自分のことを女子ということには抵抗がありますが、「オンナノコゴコロ」は、きっといくつになっても女性の中にはあり続けるものだと思います。

ジェーンさんはなかなか自分の中の「女子性」を認められなかったものの、今ではそれはそれで認めていて、どんな風な出し方をするのもその人次第だけれど、あまりにも女子性を出しすぎるのも見苦しいから自分は出すところをわきまえておきたい、とおっしゃる。

うむ、わたしも自分が女子性を押し出すのは若い頃から「柄じゃない」と思っていたので、今も昔も自分からは「女子です」とは積極的には表明しないですね。
さすがに年も考えますし。

かといって自分の中にあるものを否定することもないので、ひっそりと大切にしておこうかな、と思っています。

それにしても、わたし、この方の小気味よい語り口が、本当に好きです。

「板垣死すとも自由は死せず!加齢すれども女子魂は死せず!」

という、喧嘩上等な感じの書きっぷりもいいですが、早くにお母様を亡くされた後でのお父様と
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
タイトルの「貴様いつまで女子でいるつもりだ」という部分に共感し、女性の年齢と心理について面白おかしく書かれているんだろうなーと思い読み始めました。
確かに最初の方はその事について書かれていましたが後半はタイトルと全然関係ありません。どこかで軌道修正して戻ってくるのかなと思い読み進めましたが最後まで逸れたまんまでした。筆者の感傷的な思い出や自己のコンプレックス語りなどは別で読みたい。
笑えて共感できる本を期待してる人は「ん?」ってなります。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 呆け天 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/11/30
形式: 文庫
「女子会」ということばが、明らかに女子ではない年代の女性たちによって使われるようになっている。それほどの違和感もなく聞き流していたが、こういう風に正面から「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」とタイトルをつけられると、たしかになあ、いったいいつまで「女子」なんだ?という気持になります。
ジェーン・スーの主張は明快で、「女は生涯一女子」というもの。
「板垣死すともタトゥーは消えず!私たちは生涯、女子の墨を背負って生きていくのであります。」
奇妙な、独特のノリの文章で、まるまる一冊、読みきらせる力があります。
「とあるゲームの攻略法」と題した一編では、男社会の中で奮闘する女性社員の葛藤が、笑いや怒りを含んで鮮やかに描かれています。
著者は、がんばって成果を出せば認められるはずと信じて会社組織の中でがむしゃらに働くが、一向にうまくいかない。
あるとき有能な女友達から「ゲームを有利に進められるのは、ルールを熟知している人だ」と教えられ、目からウロコがおちる。
そうか、仕事と思ってやってきたのは実はゲームだったのか。
男ゲーマ―の地雷を踏まないように気をつけ始めたら、仕事が楽しくなってきた。女性ゲーマーの数を増やし、徐々に形勢をかえるために、このフィールドに居座るしかない。
なんとも身も蓋もない書き方で
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover