通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
貴族探偵 (集英社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感は少なく概ね良好な状態です。◆原則48時間以内に発送いたします◆ゆうメールで配送のため日、祝日の配達はありません。◆簡易クリーニング後防水梱包して発送いたします。◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。◆検品には万全を期していますが、ご連絡して頂ければ対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

貴族探偵 (集英社文庫) 文庫 – 2013/10/18

5つ星のうち 3.6 38件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,978 ¥ 530
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 363

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 貴族探偵 (集英社文庫)
  • +
  • 貴族探偵対女探偵 (集英社文庫)
  • +
  • 神様ゲーム (講談社文庫)
総額: ¥2,019
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

自称「貴族」で趣味は「探偵」という謎の男が、コネと召使いを駆使して事件を解決! 斬新かつ精緻なトリックと過去に例のない強烈なキャラクターが融合した、奇跡の本格ミステリ集。(解説/千街晶之)


内容(「BOOK」データベースより)

信州の山荘で、鍵の掛かった密室状態の部屋から会社社長の遺体が発見された。自殺か、他殺か?捜査に乗り出した警察の前に、突如あらわれた男がいた。その名も「貴族探偵」。警察上部への強力なコネと、執事やメイドら使用人を駆使して、数々の難事件を解決してゆく。斬新かつ精緻なトリックと強烈なキャラクターが融合した、かつてないディテクティブ・ミステリ、ここに誕生!傑作5編を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 369ページ
  • 出版社: 集英社 (2013/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087451267
  • ISBN-13: 978-4087451269
  • 発売日: 2013/10/18
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,061位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 nan 投稿日 2017/2/26
形式: Kindle版 Amazonで購入
2014年のレビューにて、Kindle版で見取り図が省略されているとの指摘がありましたが、現在は掲載されています。(現在手元に文庫版がないため比較できませんが、Kindle版に掲載の図面は3枚です。情報に不足は感じませんでした。)
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
購入してからドラマ化を知りました。
一見高飛車なだけの貴族探偵。トリックはもちろん、その人物像にも興味深くのめり込んでしまいました。
本格推理モノながらどこか人情味ある貴族探偵に思いを馳せるのも、楽しみ方の一つかと存じます
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ドラマで相葉雅紀さんが「貴族探偵」をやると言う事で、読んで見ました。1話完結で、読みやすかったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「相変わらずの麻耶雄嵩」なひねくれ振りが素晴らしい短編集です。中でも、解決編を読んでいて、一瞬、何が起きていたのかが分からなくなる「こうもり」は白眉。

ということで、少なくとも星4つは付けたいところ。
ですが、「加速度円舞曲」に本来付いていた見取り図が、KIndle版では省かれてしまったのが、かなり致命的。あれでは、状況を理解できる人は殆どいないと思います。本格ミステリにおいては、図の有無が作品の理解を大きく左右しかねないということに十分配慮して、出版社は電子版を作成して欲しいものです。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 さっつん 投稿日 2017/3/13
形式: 単行本 Amazonで購入
嵐 相葉雅紀さん主演ドラマが貴族探偵と決まり、あまり推理小説は読まないのですが興味が出まして購入しました。面白いですね!早くドラマ見たくなりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
正直なところ、この作家は苦手です。

初めて、「翼ある闇  メルカトル鮎最後の事件」とか「夏と冬の奏鳴曲」などを読んだ時には、理解しずらい作品だなあ、というか極めて後味の悪い作品を書く作家、という印象を持ってしまったので、今となっては怖いもの見たさで稀にこの作家の作品を読む程度であります。

その「怖いもの見たさ」でこの「貴族探偵」を読んでみたのでありますが・・・・本書で描かれるミステリよりも、「なんで私のような高貴な者が推理なんて煩わしいことをしなくてはならないのだ?」などの迷言を吐くような妙ちくりんな貴族(かどうかわかりませんが)の存在意義のほうが気になったりするのであります。
しかも、事件を解決するのが、その「雲上人」の執事だったり運転手だったりメイドだったりするし、加えてメルカトルとか烏有とか和音とか美袋なんていう今までの非常識なネーミングから一転して、探偵役が田中、佐藤、山本なんていうフツーの名前で登場してくるので、この先なにかあるんじゃないか、と疑心暗鬼状態で読み進んでいったりするのであります・・・が、その割になんてことなくエンディングを迎えるのであります、この本書を読む限りでは。
このシリーズが最後にはどういう落としどころを迎えるか(この作家のことだからそんなものはきっとないに違いないと思うけど)、に期待して☆5つです。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
麻耶雄嵩さんの作品らしさ満点ですが、麻耶さんの作品では1番ノーマルですかね?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hanna 投稿日 2017/3/23
形式: 文庫 Amazonで購入
ドラマが始まるということで、前もって読んでおきたいと本屋へ行ったのですが、どこも売り切れでした。
こちらで購入できてよかったです。
探偵なのに主人公は推理をしないというところが面白いです。
ドラマではこの小説をどこまでうまく反映できるのか楽しみにしております。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の別シリーズの探偵役・メルカトル鮎は、『夏と冬の奏鳴曲』において、
〈銘探偵〉と自称し、推理の過程をスキップして、ただ真実を伝えるといった
役割を担わされていましたが、本作の貴族探偵は、そうした“託宣”を下す
こともなく、真相究明は使用人に丸投げし、自分は、事件関係者の女性を
口説くだけ――という、何ともオフビートな人物造形がなされています。

そこには、著者一流の深遠な“探偵論”があるのかもしれませんが、それは
さておき、本作自体は、ロジックに特化したストイックなまでにガチンコな本格
ミステリ短編集となっています(“物語”なんて、どーでもいいというような潔さ)。

一見地味に感じられま
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー