通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、BB(自由価格)本専門店。【新品ですが非再販の処置(罫線引き、BBシール貼り付け)がありますが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
貴志康一と音楽の近代―ベルリン・フィルを指揮した日... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ Amazonコンディションガイドラインの「良い」に該当するコンディションとなります。防水梱包にて迅速に発送いたします。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。状況に応じて返金・返品の対応をさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

貴志康一と音楽の近代―ベルリン・フィルを指揮した日本人 単行本 – 2011/5/25


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥3,300
¥3,300 ¥1,072

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 貴志康一と音楽の近代―ベルリン・フィルを指揮した日本人
  • +
  • 貴志康一 永遠の青年音楽家
総額: ¥6,600
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

明治末期に生まれ、日本とドイツを往復しながら、ヴァイオリンの演奏から指揮や作曲、果ては当時のニューメディア=映画制作まで取り組んだ貴志康一。ベルリン・フィルを25歳で指揮しながらも、28歳で生涯を終えた音楽家の人生と作品、その時代を探求する。

内容(「BOOK」データベースより)

明治末期に生まれ、日本とドイツを往復しながら、ヴァイオリンの演奏から指揮や作曲、果ては当時のニューメディア=映画制作まで取り組んだ貴志康一。「天才」と評され、ヴァイオリンの名器ストラディヴァリウスを日本人として初めて所有し、ベルリン・フィルを25歳で指揮しながらも、わずか28歳で生涯を終えた。この若き音楽家の人生と作品、その時代背景を総合的に分析して彼の魅力に迫り、人物を通して戦前期日本の社会をも読み解く。

著者について

梶野 絵奈 (カジノ エナ)
東京都出身。ヴァイオリニスト。国立音楽大学卒業、オーストリア国立モーツァルテウム音楽院修士課程修了(いずれも器楽学科ヴァイオリン専攻)。現在は、ヴァイオリンの演奏と指導のかたわら、東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。研究分野は日本近代音楽史(主にヴァイオリンの文化)、比較音楽学。雑誌記事「貴志康一の音楽の魅力」(「ストリング」第24巻11号)、「神戸ゆかりの二人の音楽家 貴志康一と宮城道雄」(「ストリング」第25巻第6・7号)。

長木 誠司 (チョウキ セイジ)
1958年、福岡県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。研究分野は表象文化論、音楽学。著書に『戦後の音楽』(作品社)、『前衛音楽の漂流者たち』(筑摩書房)、『フェッルッチョ・ブゾーニ――オペラの未来』(みすず書房)、『グスタフ・マーラー全作品解説事典』(立風書房)、『第三帝国と音楽家たち』(音楽之友社)など。

ヘルマン・ゴチェフスキ (ヘルマン・ゴチェフスキ)
1963年、フライブルク(ドイツ)生まれ。音楽学者。フライブルク音楽大学ピアノ科卒業、フライブルク大学哲学博士(音楽学)、ベルリン・フンボルト大学で音楽学教授資格取得。東京大学大学院総合文化研究科准教授(比較文学比較文化コース)。研究分野は演奏論、近代アジアの音楽史、音楽理論史など。著書にDie Interpretation als Kunstwerk (Laaber Verlag),『東大駒場連続講義 知の遠近法』(講談社)、共著に『高校生のための東大授業ライブ』(東京大学出版会)、論文に“Absolute Pitches in Chopin's Narrative Style: With a Focus on Ballade No. 4”(Journal of Music and Theory, 15) など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

梶野/絵奈
東京都出身。ヴァイオリニスト。国立音楽大学卒業、オーストリア国立モーツァルテウム音楽院修士課程修了(いずれも器楽学科ヴァイオリン専攻)。現在は、ヴァイオリンの演奏と指導のかたわら、東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍。研究分野は日本近代音楽史(主にヴァイオリンの文化)、比較音楽学

長木/誠司
1958年、福岡県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。研究分野は表象文化論、音楽学

ゴチェフスキ,ヘルマン
1963年、フライブルク(ドイツ)生まれ。音楽学者。フライブルク音楽大学ピアノ科卒業、フライブルク大学哲学博士(音楽学)、ベルリン・フンボルト大学で音楽学教授資格取得。東京大学大学院総合文化研究科准教授(比較文学比較文化コース)。研究分野は演奏論、近代アジアの音楽史、音楽理論史など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 259ページ
  • 出版社: 青弓社; A5版 (2011/5/25)
  • ISBN-10: 4787273043
  • ISBN-13: 978-4787273048
  • 発売日: 2011/5/25
  • 商品の寸法: 14.8 x 2 x 21 cm
  • カスタマーレビュー: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 638,349位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう