¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
貧困の現場から社会を変える (POSSE叢書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

貧困の現場から社会を変える (POSSE叢書) 単行本 – 2016/9/10

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/9/10
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 2,777

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 貧困の現場から社会を変える (POSSE叢書)
  • +
  • ルポ 貧困女子 (岩波新書)
  • +
  • 徹底調査 子供の貧困が日本を滅ぼす 社会的損失40兆円の衝撃 (文春新書)
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 220pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

下流老人、貧困女子……。一億総中流社会の崩壊がより深刻な今、貧困問題はだれにとっても人ごとではありません。ではどのようにしたら、そうした問題を解決したり、未然に防いだりすることができるのでしょうか。長く貧困問題の現場に関わり、さまざまな提言や制度改革に取り組んできた著者が記す、貧困社会を変える希望の1冊。用語解説もついて、誰でもよみやすく、わかりやすいようになっています。

著者について

1969年広島県生まれ。NPO法人自立生活サポートセンター・もやい理事。著書に『鵺(ぬえ)の鳴く夜を正しく恐れるために―野宿の人びととともに歩んだ20年』(エディマン、2014年)、『生活保護から考える』(岩波新書、2013年)、『ハウジングプア』(山吹書店、2009年)など。


登録情報

  • 単行本: 172ページ
  • 出版社: 堀之内出版 (2016/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4906708617
  • ISBN-13: 978-4906708611
  • 発売日: 2016/9/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,873位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

貧困問題に関心がある人には絶対この本を勧めたい。

本書は、雑誌『POSSE』に連載されていた「稲葉剛のソーシャルワーク入門講座」の講義録「貧困の現場から社会を変える」を書籍化したもの。
「入門講座」と銘打っているだけあって、90年代以降の貧困問題の主なイシューが各章でコンパクトにまとまって解説してあり、入門書としてはこの上ない完成度である。

はじめに
第1章 私が取り組んできた生活困窮者支援
第2章 権利としての生活保護
第3章 バッシングと差別
第4章 拡大する住まいの貧困
第5章 自立支援を問う
第6章 対談・藤田孝典×稲葉剛
あとがき
キーワード集

しかも、知識を解説するだけではないというところが、本書の最大の特徴だと思う。
『貧困の現場から社会を変える』というタイトルや、うえの目次を見てみてもわかるように、本書は、単に知識を読者に与えるだけではなく、稲葉さんが取り組んできた困窮者支援の経験を軸に、さまざまな貧困問題にどのように取り組むか、どうしたら変えていけるのかという問題意識に貫かれている。

だから、ただの入門書ではないのだ。

「貧困女子高生」に対するバッシングなど
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ホームレス支援をはじめ、貧困問題に長年取り組んできた著者による解説書です。

著者が実際に見た貧困の現状がデータとしてもわかりやすく示されており、大変勉強になりました。
また、社会に蔓延する貧困バッシングやマイノリティ差別にも問題意識が置かれていて、多角的に貧困問題を理解できる一冊だと思います。

『下流老人』の藤田孝典氏との対談が収録された最終章では、主体的な実践であるソーシャルアクションに関する議論が深められています。ここではタイトルの通り、まさに「現場から社会を変える」可能性が語られていて、非常に興味深く感じました。

専門的な知識がなくても読みやすい内容ですので、貧困問題の入門書としても最適かと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
雑誌『POSSE』の連載を書籍化したものであり、徹底して現実の社会に向き合う内容となっています。
タイトルのとおり、「社会を変える」ために何ができるのか、少しでも今の社会に疑問を感じる方は必読だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rinmei 投稿日 2016/12/25
Amazonで購入
長年、現場に携わってきたからこその問題をわかりやすい文章であらわしていると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す