中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。vv2653_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

貧乏人の逆襲!―タダで生きる方法 単行本 – 2008/6

5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

格差社会に反乱を起こし、貧乏人が自由に生きるための方法満載!貧乏人アジテーター・松本哉(素人の乱)の書き下ろし! 対談=雨宮処凛。推薦=宮沢章夫(劇作家)、松尾伴内(タレント)、CD(ラッパー)推薦!

出版社からのコメント

格差、貧困問題が深刻化する今こそ読んでほしい希望の本です!著者は、労働と消費のサイクルとは別の生き方を探り、仲間と店をやりながら地域と繋がり、格差社会に対して笑えるデモをしてマスコミ注目の人物です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 191ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2008/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480877924
  • ISBN-13: 978-4480877925
  • 発売日: 2008/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 496,189位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
世の中お金じゃないぞ!
って言うのを違う視点から、経験談を交えて進む物語。

過労で体を壊し人生に絶望していた時この本を見つけた。
笑った。笑った、そして泣いた。

ここで終わりたくない。まだやれることはある!そう感じ行動に繋げられた私を救ってくれた一冊です。

警察官とお神輿わっしょいは本編で全貌が書いてあるので是非ご覧ください。
一人でも多くの人がこの本に巡り合えるよう祈ってます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 freeflyer VINE メンバー 投稿日 2009/12/8
形式: 単行本 Amazonで購入
題名で買ってしまいました。
正直に言うと3分の2しか読んでいません。
私が期待した内容としては、
生活に便利な知恵や裏技などだったのですが、
もっと調べてから買うべきでした。

第1章は確かに題名どおり、ちょっとした裏技などが紹介されたりして、
引き込まれるものがあります。
しかし第2章以降は著者の行っている活動などの話ばかりになっていきます。

著者の活動などは確かに賛同できるものではありますが、
特に著者自身や活動には興味がありませんので、
第2章以降は読むのが苦痛になってしまいました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 J625 投稿日 2010/3/9
形式: 単行本
荒唐無稽、抱腹絶倒!
はじめは大笑い。
・・・でもよく読むと・・・こ、これはすごいことが書いてある!
彼が得意なのは、人のネットワークづくりです。
・・・それもハンパじゃない数。あくまで貧乏人同士。世界規模。犯罪者も!
店を営むことで、地域・まちでのつながりを広げる。
・・・若者だけではなく商店街・町内会のおじさん、おばさんたちともつながる。
自営業の人たちとつながることで物や人間がお金を介さないで行き来するくらし。
街の中に行政に頼らない公共施設を作り出していこうという姿勢。
「勝ち組・負け組」「格差社会」なんていう発想、価値観からすっかり降りよう。
お金がなくても、いや、お金がないからこそ、こんなに毎日楽しく豊かに暮らせるんだ!
・・・等々、彼の実践に目からウロコの連続です。
松本氏のリサイクルショップの名前は「素人の乱」ですが、
今の時代に、彼の起こした乱は世の中を(発想も暮らし方も)変える(ひっくり返す)
「革命」となる可能性を秘めていると思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キートン砂糖 殿堂入りレビュアー 投稿日 2008/7/20
形式: 単行本
筆者である松本氏の行動力に感嘆した。

確かに現状では金持ちがより金持ちになるべくシステム化された資本主義で、たいていの人間は文句を言いつつもそのシステムに嫌々生活のために参加しているのだが、そこから抜け出し実際に生計を立てているのが本当にすごい。

またデモを起こしたり、選挙に立候補するなど頭の中では誰でも考えては見るものの実際に行動に起こす人はほとんどいないでしょう。

資本家の下で巧みに肩書きを競わされながら、ボロボロになるのが勝ち組なのか。
それとも筆者のように自分で小さなビジネスを営みつつ精神的に豊かに暮らすのが勝ち組なのか。
通常の日本人では前者であるべく「教育」されているし、後者として生きるのは自分の人生に責任を取れる行動力のある人間だけでしょうし、日本人はそう選択しないし、またできない。

読みやすいように笑いを含めた部分も多々ありますが、自分自身の労働観を振り返るという意味でもお勧めです。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
PSE法粉砕の牽引車となった「素人の乱」の松本哉さんが書いた貧乏人が生き抜くための本。
「蟹工船」に共感を持って嘆くだけでは情けない。では、次にどう生き抜くのか、明るくしかも実践的に解き明かされている。選挙を路上解放の為の手段として立候補するなど前代未聞の視点と実行力!(第2章)。規制だらけの住みにくい世の中を、高円寺の街に土着化して地域社会にお祭り的な衝撃を与え続けている内容をライブ中継のような筆致で語るのも痛快。この本がもう1ヶ月早く出版されていたら派遣社員による秋葉原の事件は回避されていたのでは?と真面目に思ってしまう。この本が広く普及されれば絶対楽しい世の中になると確信がもてるおススメ本です。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー