通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 ブック家
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆★ご検討ありがとうございます!!詳細をご確認の上ご購入ください★☆■目立つ傷みありません、中身も良好です。アルコールでクリーニングして、プチプチ梱包にてメール便発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

貧乏人が激怒する ブラック日本の真実 「情弱一人負けの時代」を生き抜くヒント 単行本(ソフトカバー) – 2013/10/18

5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,403 ¥ 243

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 貧乏人が激怒する ブラック日本の真実  「情弱一人負けの時代」を生き抜くヒント
  • +
  • 貧乏人が激怒する 新しいお金の常識 あなたが貧しくなる理由と40の処方箋
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

搾取されるは「情弱」ばかり!? ……強者がつくる情報があなたのココロと財布を蝕む! ブラック化する社会の本質を見抜く武装トレーニング集

出版社からのコメント

本書のタイトルにもなっている「情弱」とは、いわゆる「情報弱者」のことで、有益な情報を得られない人、得たとしてもその情報に対して適切に対応できない人のことです。 「一人負け」というのは、経済的・時間的・精神的に搾取される、不利益を被る、あるいは得られたはずの機会を逃す、という意味です。 裏を返せばこれは、情弱から搾取している“誰か"の存在をほのめかしてもいます。 “誰か"とは、ルールを作る人、常識を作る人、情報を発信する人です。彼らが日本のブラック化を推し進めています。 しかし、そこに気がつかない情弱は、映画「マトリックス」の人類のように、彼らが作った枠組みの中で生きることを強制されてしまいます。 にもかかわらず、情弱は彼らが作ったルール(常識・モラルなども含む)を守ることに非常に忠実で従順です。 情弱は、そのルールが場合によっては正しくないこともあるとか、自分に有利か不利かということは考えません。 ただひたすらルールを守ることが情弱にとっての正義なので、ルールを守らない人を見つけると我慢できず、いっせいに非難し、叩こうとします。 情弱は安全圏から人に石を投げつけるのが大好きです。 代案も出さずに正論を吐き、正義面だけはしたいという、ムシの良い欲求を持っています。 そして、日頃満たされない自尊心を保つために、あるいは鬱憤晴らしのために、自分には能力がないと認めずに済むように、誰かをおとしめることで溜飲を下げるだけなのです。 情弱はルールの本質を考えないし、自らルールを作ろうとも変えようともしない。 だから他人が作った、他人に有利なルールを守らされてしまうのです。 そうして、なくても困らない商品、どうでもいい商品を巧みなマーケティングによって買わされ、お金が減っていく。 さらに、そのためによけい働かなくてはいけなくなる。 いつの時代も情弱は搾取され続けてきたのです。 では、どんな人が情弱および情弱予備軍なのでしょうか。 たとえば下の問いに対して、合理的な説明をできるかどうか。 もしできないとしたら、かなり高い確率で情弱の疑いがあります。 ■なぜあなたの手帳は真っ黒なのに通帳は真っ白なのか ■なぜ最新ガジェットで武装した先進的な人がカモられているのか ■なぜダイヤモンドを買ってはいけないのか ■なぜブラック企業を批判してはいけないのか ■なぜあなたはホワイト企業に入れないのか ■なぜノマドワーカーを否定してはいけないのか ■なぜ人に迷惑をかけない人が没落するのか ■なぜ日本脱出が本当の愛国になるのか ■なぜデフレは不況の原因ではないのか ■なぜあなたはアベノミクスで損するのか この答えは本書に書いてあります。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 244ページ
  • 出版社: 光文社 (2013/10/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334977499
  • ISBN-13: 978-4334977498
  • 発売日: 2013/10/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,959位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2017/5/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白かった。内容は概ね共感した。
それこそ情弱の人は腹立たしい内容もあるかと思うが、そもそもこの本を手に取らないかと思うので問題なし。
またこの本を手に取った人は「情強」予備軍かも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
すでに、日本や社会のシステムに疑問を抱いている人には 参考になるかと。
いつもながら、著者の独自の切り口が個人的には好きなので 高評価をつけたいところですが
向上心の高い人は、そもそもこの情報弱者という危機感に気付いており
さらにどうしたらという、もっと掘り下げたものが欲しいところ
本書は 未だ情報弱者むけに書かれた入口的なものという印象ですが
はたして情報弱者の人は この本を読むだろうか・・?
理論的な事を言われても、情報弱者が救われるか疑問。 現実的な問題解決の
具体的方法に加え、感情面をクリアに(管理する)する方法との
バランスが やはり大事かと。 誰に向けた本なのか、著者はどのような人に どうなって欲しいのか
聞きたい。次回も期待しています。
1 コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 基本的にすべて正しい内容。巷ではブラック企業という言葉がはびこっているけど、働き方に何を求めるかを自己分析できていない人の言い分を論理的に描写されている。
ワークライフにお金、時間、好きな仕事の何を求めるかをしっかり判断しないので結果企業批判になる。

そういった人たちが情報弱者となり政治で言うB層的にメディアを盲目的に信じ、自分で判断する事から逃げている。
起業してようが、勤めていようが自分の身を守るのが自分という認識が欠けているという事に警笛を鳴らしていると思います。
読みやすく、自身のワークスタイルを伝えていて、働き方には色々あると伝えているのですが、この本を手に取る人は理解していると思うけど、本当に伝えたい人は
手にもとらないのではないかと思います。でも読んだ人が分からない人に伝えていく伝道師が増えれば日本もよくなるのではと思う内容です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
タイトルからのみ内容を推察すると、「いかに日本社会全体がブラックであるかを説く」となりますが、読み終えた後感じたことは「情報の捉え方、活用方法によって日本はホワイトにもブラックにもなる」でした。

筆者は非常にハイブリットな方であると感じました。
経済的自由を獲得され、投資家として積極的にリスクを取る、成功者のマインドを持ちながら、iPhoneのFXトレードで1,000円を稼ぎ、ランチ代を浮かせるという、愚直なまでの節約術も駆使されるなど、庶民的感覚も持ち合わせています。

それは文中でも表現のわかりやすさとなって現れていたと思います。
ホリエモンのツイッターでブラック企業に対する見解が炎上した件を掲載されていました。情報強者と情報弱者の典型的な例としてわかりやすい内容だったと思います。

また、後半の「午堂登紀雄の新ノマド論」が参考になりました。
私はノマドライフに興味がありながら、リスクを恐れてまだ会社を飛び出せないでいますが、ノマドを実践された著者のシンプルなノマド論は、停滞していた思考回路を動かす力がありました。

最後に、本書の見解と少し論点はずれるかもしれませんが、一点感じた事を添えさせて頂きます。
情報強者になるためには、与えられた情報を自分で考え、
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
午堂さんの本を読んだ事がない友人などに薦めたくなる本です。
日常の当たり前の事にすら疑問を持ち自分の頭で考え行動する。
自分の身は自分で守るしかありません。
今の時代を賢く強くポジティブに生きるヒントが詰まった本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
情報弱者、この本を読む前のイメージは情報を得ることが出来ない人 という
人をいうものであった。お金をかけて、良質の情報を得れば 間違いないと。
しかし、この本では 情報弱者とは ただただ外からの情報を得ているだけでは
だれかに搾取や、利用されている可能性があると示唆している。

さまざまな例を用いて、情報に踊らされている自分を確認することが出来た。

大事なのは 自分の頭でよく咀嚼して考えてみること。
そして出来れば そんじょそこらの本に書かれたり、TVで言っていること
に無いような 独自の視野を手に入れること。

それこそが大切であろうと。

情報弱者とならずに情報強者になるにはどうすれば良いか。
この本を読めばその方法が見えて来る。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー