通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
財務省と政治 - 「最強官庁」の虚像と実像 (中公... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

財務省と政治 - 「最強官庁」の虚像と実像 (中公新書 2338) 新書 – 2015/9/24

5つ星のうち 4.0 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 92

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 財務省と政治 - 「最強官庁」の虚像と実像 (中公新書 2338)
  • +
  • 財務官僚の出世と人事 (文春新書)
総額: ¥1,771
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

予算編成を担い、「最強官庁」と称されてきた財務省。90年代以降の政治改革と統治構造改革を経て、その力と役割はいかに変わったか。

内容(「BOOK」データベースより)

国家の財政を担い、「官庁の中の官庁」「最強官庁」と称される財務省(旧大蔵省)。55年体制下では自民党と蜜月関係を築いた。だが90年代以降、政治改革などの統治構造改革が、首相の指導力強化と大蔵省「解体」を推進。2001年には財務省へ衣替えした。小泉政権、民主党政権、第二次安倍政権と政治が変動するなか、経済停滞と少子高齢化により財政赤字の拡大は続く。20年以上の取材をもとに「最強官庁」の実態を追う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 300ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2015/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121023382
  • ISBN-13: 978-4121023384
  • 発売日: 2015/9/24
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 110,291位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
人名と事実の羅列のような文体で、ずっと最後まで書き抜かれています。膨大な情報量でした。政治についての相当の前提知識がないと驚くべき部分などわかりません。私には難易度が高い書籍でしたが、勉強になりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 タイトルが「財務省」ではなく、「財務省と政治」となっているところが気になって、手に取ってみた。読み進むうちに、ベテラン政治記者でありながら、あえてこのテーマに挑んだ著者の意図がだんだん伝わってくる。政治や行政をイデオロギーで見るのではなく、リアリストとして学ぶには、最高の一冊だ。
 つまり、本書は財政再建や消費税増税を推進する「旧大蔵省・財務省は正しいのか、正しくないのか」とか、アンチ財務省であるアベノミクスのリフレ路線がいいのか悪いのか、そんな経済政策の是非をお行儀よく論じる本ではない。ズバリ、それらの政策を素材に政治と対峙する「財務省は強いのか、弱いのか」なのだ。四半世紀にわたる政と官の熾烈な攻防を執念深く追跡した、コワイほど冷徹な「権力と政治の書」だと言うべきだろう。
 勝栄二郎や武藤敏郎、かつての斎藤次郎といった大物次官はどんな手練手管で有力政治家たちに迫っていったのか。一方、テレビカメラの回る場所では財務省をバッシングし、政治主導や官邸主導をスローガンにする政治家や大臣たちが、裏ではまさかと思うような本音を官僚に漏らし、落としどころを求めて意外な行動を取ったりする。これでもかこれでもかとぐいぐい読まされてしまう数多くの意外なエピソード。この行間には陰謀史観の入り込む隙はない。
 これら大物次官以外の官僚たちの生きざまみたいなものはあまり描か
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 「官庁の中の官庁」として霞ヶ関に君臨してきた財務省(旧大蔵省)は、常に時の政治に深く関わってきた。
 本書は、いわゆる55年体制の時代から現在の第三次安倍政権までの、財務省と政治の絡みを時系列で綴っており、「財務省の歴史」を知る上で格好の良書である。
 消費税、政権交代、住専処理、過剰接待問題、省庁再編、経済財政諮問会議、リーマン・ショック、アベノミクス・・・財務省の歴史を知ることは、戦後政治史を知ることにもつながる。この手の本は、他にもあるが、この本は、内容的にコンパクトによくまとまっており、読みやすく、財務省の実態を理解するのには絶好のものである。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
清水氏はこれまで『経済財政戦記』、『消費税政と官との「十年戦争」』など、多数の著作で知られる日経のジャーナリスト。
綿密な取材に基づくとされる本書には興味深い事実がみられる。たとえば、竹中氏と当時の財務次官武藤敏郎氏が小泉政権期間中秘密会合を持っていたこと(130頁)、アベノミクス始動後、財務省の役人が個人の資格で書いた非公式文書「アベノミクスとは何か」を引用しているなども面白い(243頁)。ただ、その内容はデフレの真因を賃金デフレに求めたり、疑問符がつくが、財務省の役人が何を考えているかには役立つ。
ただ、全体としては以下の点で不満が残る。
第一に、基本的に取材の結果をまとめるストーリーが、財務省見解そのものである。つまり、日本の財政は危機的状況にあり、「財政再建」は増税と歳出削減によるほかない、という考えだ。著者の書き方は露骨ではない。しかし、たとえば増税を唱える人々を「財政規律」派と呼んだり(デフレ脱却と成長を唱える人々は財政再建を求めていないわけではない)、大蔵・財務省が「最強官庁」だったなら、財政危機を防ぐためにもっと「歳出をバッサリ削減するか、どんどん増税すればよかったのではないだろうか」(vi頁)。これこそ財務省の好む言い分であり、そういう考え方こそが日本の財政危機をもたらしてきたのではないのか。
第二に、これまでの清水氏の著作
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2016/6/26
形式: 新書 Amazonで購入
物語として智謀を尽くした大人の戦場が臨場感に溢れ、一気に読ませるがあくまで客観記述となっている。
人によっては、物足りないであろう。
だが、日本国研究としては、有用な資料であろう。
財務省が突出して出てくるが、制度上の特殊性であり金そして情報を握っているからである。

55年体制と呼ばれた自民党単独政権、バブル崩壊後の非自民連立政権、今日の安倍政権までの内部闘争の記録である。
小泉と云う人が、日本と云う社会で或る意味で偉かったということが分かる。
安倍総理は、第一次の経験を肝に銘じ、再登板した時に見えた世界にそれを生かして成功した。運も持っている。

失敗した民主党政権は、必然であった。
国会を制しても、日本の仕組みでは政党、官僚が動かかなければ国政は動かないのである。
民主党は、国家運営のノウハウも智慧も無かったし何より覚悟が無かった。二大政党制とは、発祥の地と文化が異なる日本では単なる絵空事である。
小沢は、政権さえ取れば金は出てくると言った。だがそれは、バブル絶頂期に於ける甘い幻想であった。
仕分けも単なる茶番であった。突然の与党には、総理の器と成り得る人物の用意もなかった。
そして裏では、挙って官僚を秘書官や補佐として身近に置いた。その
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー