中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆少し、小口に汚れがあります。カバーに使用感があります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

負け犬の遠吠え 単行本 – 2003/10/28

5つ星のうち 3.4 446件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,470 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第20回(2004年) 講談社エッセイ賞受賞

内容紹介

連載時から大反響の問題エッセイついに刊行どんなに美人で仕事ができても、「30代以上・未婚・子ナシ」女の負け犬!「負け犬にならないための10箇条・なってしまってからの10箇条」等全女性必読の書

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 282ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/10/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062121182
  • ISBN-13: 978-4062121187
  • 発売日: 2003/10/28
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 446件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 124,244位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
どうせお嬢で高級負け犬のくせに、という悪口は別のところで書いたので省くとして、私はそれとは別に、酒井のセンスは信用している。

ここでは、「えらい」と「すごい」について、酒井の眼力の確かさを述べたい。

主婦の価値観は「えらい」であって、働く負け犬の価値観は「すごい」である、と酒井はサラッと言っているが、これを言語化したのは酒井が最初ではないだろうか。

「あの人は、お姑さんが足が悪くて、送り迎えをして」えらい、「子供が難病のうえ、親の面倒までみて」えらい、「えらい」とは主婦に対する最大級の誉め言葉である。

いっぽう、仕事の場で「えらい」が使われる場合は、「あの人は残業100時間に耐えてえらい」とか、「お茶くみを率先してえらい」とか「上司のいじめにもめげずに明るくふるまってえらい」とか、どちらかというと、「がまん」に対して使われる。べつに仕事ができるとかいう能力に対する賛辞ではない。

能力に対する賛辞はやはり、「不況なのにこんなに注文を取ってきてすごい」「あんな気難しい客をなだめてすごい」「こんな短時間で報告書を書き上げてすごい」などになる。

主婦と負け犬は違う価値観で生きているから相容れない、ということを、「えらい」と「すごい」で示した酒井のセンスはやはり
...続きを読む ›
1 コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
面白い見方だと思うし、当たっている部分も多いと思うのですが、

負け犬と呼ばれる人たちの経済状態について、作者のリサーチが足りない気がする。年金も怪しくなっている今日にバブル時代じゃあるまいし、「稼いだだけ使う」生活をしている30代女性は、一般的ではないだろう?先日のアエラにも「負け犬の年収のイメージ」を聞かれて、「800万ぐらい」と答えてたし(実際はそれはほんの少数派)。。。。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/1/24
形式: 単行本
どんなに人生を楽しんでいても、独身・子なしの女性は、
既婚・子ありの女性から、いかに結婚・子供が素晴らしいかの
布教活動を受けてしまいがち。そんなとき、真っ向から対立する
のでなく、自分は負け犬だから、とへりくだってかわしたほうが
カドも立たない。なんて上手い世渡りなんでしょう、と関心し、
一種の自虐ユーモアとしても、そこそこ面白いと思ったのですが・・・。
この本の起こした論争は、ほとんど、「私は独身ですが、負け犬なんて
ひどい!!」のようなこの本を読んでないとしか思われないような
内容のものばかり。世の中の人はこんなに勝ち負けにこだわっている
のかと呆れます。そういう方にはまず後書きを読んでいただきたい。
内容はもう少し毒があってもいいとすら思うくらいですが、
酒井さんは本当は結婚したいそうなので、マイルドなのかもしれません。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/19
形式: 単行本
シングルのエッセイストが書いた「シングルライフもいいもんだ」的な本は世の中にごまんとあるのに、なぜこの本だけ、こんなに売れて、こんなに話題になってしまったのか?その大きな理由は「負け犬」という刺激的なタイトルにあるのでしょう。しかし、従来の「シングルのための心得」的な本の読者の大半は、シングルの人たちであったはず。シングル族が、この本について共感したり、自虐的に笑ったりするのはわかりますが、そうでない人たちが、「負け犬」というタイトルにつられてのこのことやってきて、人の結婚にあれこれ言うのには非常に低俗なものを感じます。結婚は個人的なものです。このエッセイも著者の個人的な生活とその感想を語ったもので、それ以上の内容のものではありません。この本の内容そのものより、この本に対する人の対応に、なんだか日本人の底意地の悪さを感じます。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/6
形式: 単行本
この本で題材になっているのは30以上の独身女性。しかし、男女の数が同じなら、当然独身女性と同じくらいの数の独身女性もいるわけです。
独身女性の実態を暴きながらも、なぜこれだけ大量の「負け犬」が発生しているのか、という問題意識についての彼女の分析は鋭い。
非婚化・少子化は何も女性の問題ではありません。男女の意識のアンマッチから生じていると。
思えば、この本の対象の女性はちょうど均等法施行以後の、男女同権意識の強い世代の人たち。一方、男性は相変わらず「低方婚」を望んでいて、建前上の男女平等を鵜呑みにしてしまった「勘違い」女性たちと、女性を惹きつけられるだけの甲斐性がないのに、相変わらず「やさしくかわいい奥さん」を夢見る困った男性たちが非婚者として残ってしまっているのです。そしてこの両者は永遠に交わることはない。
「本当に問題なのは、過去の権利にしがみつき、変わろうとしない男たちと、それを野放しにして、何のまともな対策も講じようとしないお国なのよ」と彼女のウラに隠されたメッセージに共感する人は多いはず。
しかし、それをまともに表面に出すと叩かれるのがわかっているから、「表面上」女性側を叩いた形になっているのです。
ディテールはアラも目立ちますが、よく計算されたエッセイだと思います。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック