通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
%E8%B2%A0%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E6%8A%80%E8%A1%93%E2%94%80%E2%94%8020%E5%B9%B4%E9%96%93%E7%84%A1%E6%95%97%E3%80%81%E4%BC%9D%E8%AA%AC%E3%81%AE%E9%9B%80%E9%AC%BC%E3%81%AE%E3%80%8C%E9%80%86%E5%A2%83%E7%AA%81... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 もんぺ商店
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 迅速かつ丁寧な対応を心がけます。<!状態の基準!> 【非常に良い】=表紙カバーに細かい目立たない傷がある場合があります。ページには、折れ書き込みが無い状態です。【良い】=表紙カバーに小さい1cm以内の破れ、折れがある場合があります。ページには目立たない日焼けがある場合があります。全体的に使用感を感じます。【可】=表紙カバーがない場合もあります。ページには、書き込み、シミなどの汚れがありますが、判読には支障がないと判断した商品です。<梱包> 消毒・クリーニング後、OPP(プラスチック素材の梱包材)に密閉し、配送します。※詳しくは、出品者にお問い合わせください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社+α新書) 新書 – 2009/9/18

5つ星のうち 4.3 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 905
¥ 905 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 負けない技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「逆境突破力」 (講談社+α新書)
  • +
  • 運を支配する (幻冬舎新書)
  • +
  • 人を見抜く技術──20年間無敗、伝説の雀鬼の「人間観察力」 (講談社+α新書)
総額: ¥2,674
ポイントの合計: 82pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

10万部突破のベストセラー待望の第二弾!
勝ちにこだわるから欲望に支配され、醜く、卑しくなる。「かっこよく負ける」ことが結果として「負けない」に繋がるのだ。雀鬼の勝負哲学に「本当の強さ」を学べ

内容(「BOOK」データベースより)

勝つことの引力に魂を縛られた現代人。「敗者」の99%は自滅だ!「勝者なき時代」の人生指南書No.1。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2009/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062726068
  • ISBN-13: 978-4062726061
  • 発売日: 2009/9/18
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 59,966位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
いつもハイライトをつけながら読んでいるが、今回はハイライトだらけになってしまった。
実践経験のある人の言葉はしっくりと腑に落ちる。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
言葉の端々から桜井章一さんの感性がこぼれ落ちるかの様な一冊。
科学的な立証や証拠などない内容なので否定的なコメントも一部見受けられますが、是非とも感受性MAXで読んで頂きたい名著だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
まず表題が気に入った。「勝つこと」ではなく「負けないこと」。決して、昨今疑問視されている、ゆとり教育的な
発想ではない。周りを見渡すと稀に不思議な力を持っている人をみかける。自然体で力は入っていないが着々と結果を
残せる人。著者はその部類の力を持つ人だろう。そういう人が、どのような発想をしているのか知りえなかったが、著者は
大変解りやすい文章で解説してくれている。表紙や題名から来るインパクトと同様、内容も期待を裏切らない。
著者の他書籍も読み進める事に決めた。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
著者はそうは言っていませんが、その道を極めている思いました。
そして、その結果、物事の真髄が分かってくる。
自然の流れに逆らわず、人を愛し、目先のことにとらわれず、大局で考え、心技体で大きく動く
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
負けない為の戦い方について語られています。

非常に内容が多く密度の高い本です。
著者のこれまで出版された著作を1/4ほど読みましたが、密度の高さとテーマから一番のお薦め本です。
しかし、その内容は経験するなどして実感が無いと理解し難いものではないかと感じます。
自分なりの哲学や戦い方をベースにし、その先をこの本で知るという印象です。
そういう意味では時間をおいて何度か読み直した方が良い本だと思います。

私の理解した著者は
動物的なセンサーを最大限に発揮する為に余分なものを全て削ぎ落とした
生まれた時代が違えば軍師や武芸者などで名を残したであろうという人物です。
感覚は少しでも固定観念が有ると、それに支配されてしまうので、知識を始め場合によっては信念までも排除していったのだと想像します。
私の場合、この理解によって著者の著作が理解し易くなりました。

個人によって、理屈寄りか動物寄りかの特性の違いが有るかと思いますが、著者の様な動物的な感覚によって理屈を超えた戦いが可能になると想像します。

まるで研ぎ澄まされた日本刀のような著者の生き様、孤高の人かもしれませんが、それだけにその著作は貴重なものだと思います。
<
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
内容的には面白いのですが、ほとんどの場合、話が抽象的で、わかりにくい。例えば、ものごとをシンプルに考えていく事が必要だというところで、次のような文章が出てきます。

「雀鬼会でも、私がやるとシンプルなのに、道場生たちにやらせると複雑にしてしまってできない場合がある」

しかし、一体、何をどうやっているのか、に関してまったく言及されていません。これでは、さっぱりわかりません。
たまに出てくる具体例は、野球の話、特にイチロー選手の話ばかり。全体的に、千篇一律という感じで、もう少し、具体的な話を、メリハリをつけて書いてくれたらよいのにと思いました。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者独特の感覚が繰り出すキー・フレーズは以下のとおり。

「『勝ち』にいく勝負が欲の支配する戦いだとすると、『負けない』というのは人が持つ本能からくる戦い方だ。」

「仕事でも人生でも、『負ける』という行為の九九パーセントは『自滅』だといっていいと思っている。」

「どんな仕事でも、それぞれに“道”がある。そしてその道にある程度通じた人たちは、傍から見るとじつにシンプルな処置でものごとを解決していく。」

「“勝機との相性”とは、訪れた勝機と自分が合っているか合っていないかということ。・・・合わせる感覚を掴むには、いろいろなことに対して、“合わせていく”ことが大切だ。」

「『柔軟に対応できていないな』と感じたら、自然と触れ合い、変化することの大切さを学ぶのがいちばんだ。」

「“片づける”という感覚は、仕事や人生における勝負においても、とても大事なものなのだ。」

「ミスはだれもが犯すもの。だからミスを悔やんだり、非難したりするのではなく、傷口を広げないようにする。」

「私は勝負において『守る』という立場はあるべきではないと考えている。・・・“守り”ではなく“受け”と捉えればいいのだ。」

「人間の体
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー