貝印ストア

関の刀剣に生きた強い信念を受け継ぐ名匠「関孫六」


世界で400万丁を売り上げる包丁ブランド「貝印」

刃物の祖によって開かれた関の町は、刀鍛冶の名匠・関孫六を生み、その後も「刃物の町」として着実に発展を遂げてきました。
KAIが、日本の刃物の原点ともいうべき関で産声をあげて100年。
その高い技術と伝統を活かし、あくまでも使う人の安全性と使いやすさを追求する、という「野鍛冶の精神」は、私たちKAIの手で、今日までしっかりと受け継がれています。