通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版 帯び付き。カバー小キズ小ありますが全体的にはまあまあだと思います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/7

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,580

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 豪腕 使い捨てされる15億ドルの商品
  • +
  • MLB選手名鑑 2017―MLB COMPLETE GUIDE 全30球団コンプリートガイド (NSK MOOK)
総額: ¥3,344
ポイントの合計: 99pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

投手の故障率50%、肘の手術率25%。
MLBは投手の故障によって、毎年5億ドルをドブに捨てている。

荒木大輔氏絶賛!
「何が正しいかではなく、事実として知ってほしい」
野球選手の肘の問題とトミー・ジョン手術のすべて――

2015年、ダルビッシュ有投手が肘の靭帯を損傷し、
「トミー・ジョン手術(内側側副靭帯再建手術)」を受けた。
今、アメリカでは大リーグの投手の4分の1がこの手術を受ける一方、
10代の患者が急増し問題になっている。
手術をすれば球速が上がると信じて、
健康な肘にメスを入れるという噂さえあるのだ。
最先端の医学と巨額の資金に支えられる
「大リーグ」においてすら、なぜ腕は壊れ続けるのか。
甲子園の投げ過ぎ問題に警鐘を鳴らした
敏腕記者パッサンが1095日にわたりアメリカ人投手を密着取材。
日本の事例も取り上げ、投手の故障の問題と
トミー・ジョン手術のすべてに迫った、
NYタイムズ・ベストセラー、傑作ノンフィクション。


野球に携わる人々は腕の故障を伝染病と呼ぶ。だが、解決の方法はかならずある。簡単に解決できるものではないし、そのためには球界がなかなか重い腰を上げようとしない総点検が必要になるが、不可能なことではない。どんな苦労や心痛に見舞われ、その線上でどんな失意を味わおうと、投手の腕に驚異的な力が秘められていることを私は知っている。――「はじめに」より

内容(「BOOK」データベースより)

投手の故障率50%、肘の手術率25%。MLBは投手の故障によって、毎年5億ドルをドブに捨てている。最先端の医学と巨額の資金に支えられる「大リーグ」においてすら、なぜ腕は壊れ続けるのか。甲子園の投げ過ぎ問題に警鐘を鳴らした敏腕記者パッサンが1095日にわたりアメリカ人投手を密着取材。日本の事例も取り上げ、投手の故障の問題とトミー・ジョン手術のすべてに迫った、NYタイムズ・ベストセラー、傑作ノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 464ページ
  • 出版社: ハーパーコリンズ・ ジャパン (2017/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4596551189
  • ISBN-13: 978-4596551184
  • 発売日: 2017/3/7
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,442位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 £±± トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/3/13
形式: 単行本(ソフトカバー)
 近年予想不能のリスク・ファクターとして大金が動く野球界を悩ませる投手の腕。
 投げさせ過ぎても壊れる。乳母日傘で大事にしても壊れる。
 そもそも人間の身体は完全には上手投げに適応していない。
 それにも関わらず人類が狩猟時代に他の生き物を圧倒出来たのは主に上手からの投擲能力で有った。
 遠く速く多く投げられる事に対する神話的な憧憬。
 他のチーム・スポーツに比べ圧倒的に試合を左右する割合が高い野球の投手。
 当初は一人の投手が年間3-400イニングを投げるのが当たり前であり、日米共に多くの名投手が酷使の末、故障を抱え成績を落とし消えて行った。
 ところが1974年、切れればそれまでだった肘の靭帯の修復手術が成功する。
 医学会では珍しく術式の考案者ではなく、患者名が付いた術式。
 「トミー・ジョン手術」である。
 年間数百億円の損失を野球界に与え、選手にも多大な負担を強いる故障が何故起こるのか、を米ヤフースポーツのライターであり、我が国でもスラッガー誌への寄稿で知られているパッサン氏が関係者インタビューを含む豊富な取材の下に綴ったルポルタージュ。

 (少し内容に触れています)

 前半は主に肘の内側側副靭帯(UCL)損傷とその画期的な治療法
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告