• ポイント: 51pt (3%)
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
豪快痛快 世界の歴史を変えた日本人―明石元二郎の生... がカートに入りました
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2009年初版第1刷 カバーに紙質からくる擦り傷、少し擦れた汚れあるものの、書込みなし(ご理解ある方のみ購入願います)★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

豪快痛快 世界の歴史を変えた日本人―明石元二郎の生涯 単行本 – 2009/11/26

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 817
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「7813」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等 と【B】ドラッグストア、ビューティー、食品、飲料、お酒、ベビー&マタニティ、ペット、ホーム、キッチン、おもちゃ、書籍、スポーツ、家電・オフィス用品 をまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。2018/10/10(水)から2018/10/30(火)まで。詳しくはキャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 豪快痛快 世界の歴史を変えた日本人―明石元二郎の生涯
  • +
  • 日本の謀略―明石元二郎から陸軍中野学校まで (光人社NF文庫)
総額: ¥2,571
ポイントの合計: 75pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

名作「坂の上の雲」で、活躍の一端が紹介された明石元二郎。
「坂の上の雲」以降の物語が、この「世界の歴史を変えた日本人―明石元二郎の生涯」にあります。
明治時代、世界を舞台に情報戦を制した豪傑の生涯をあますところなく記した痛快時代小説。

<あとがき 清水克之氏>より抜粋

明石元二郎は、明治時代にロシアで暗躍した陸軍情報将校である。日露戦争時、ロシア国内、欧州の各国に潜伏していた反ロシア革命グループの首領らを連合させ、帝政ロシアの転覆を図ったことで知られている。また、日韓併合時には、寺内正毅統監のもとで、混迷する韓国の治安維持に努めた。さらに、晩年は第七代台湾総督として、日清戦争の勝利で日本がはじめて得た領土台湾の発展に貢献している。
だが、明石元二郎という人物は、日本国内ではあまり知られていないように思う。むしろ、国外での知名度が高いのではないか。中でも特筆すべきは、日本統治時代の台湾で国語教育を受けた方々、いわゆる台湾日本語族の中で、この明石元二郎はすこぶる評判が良い。何故か?
おそらく、台湾に亡骸を埋める、言い換えれば、台湾発展に生涯を捧げたその熱き情熱が、日本を愛するあの方々の心を捉えて止まないのではないか。第七代台湾総督・明石元二郎は、台湾の発展に尽くした偉大な日本人の一人として、尊敬されているのである。
「もし身上に万一のことがあったら、この身は必ず台北に葬るよう」―明石元二郎の生涯を執筆しているうちに、この言葉(遺言)の真意が気になった。なぜ、明石はこの言葉を、下村宏長官に託したのか、その意味を探ることが、著者のテーマになった感がある。
明石元二郎が第七代台湾総督として在任した期間は、僅か一年半余である。
その間に、水力発電所、湾岸線鉄道などのインフラ整備や教育・司法制度改革など、様々な功績を残してはいる。だが、それは他の総督時代でもほぼ同じである。いや、むしろ実績というならば、第四代総督の児玉源太郎や後藤新平民政長官の方が有名であろう。
しかし、この明石元二郎が、他の総督と明らかに異なっていたことがある。それは、台湾という地を、生涯の総仕上げの舞台にしようとしたことである。
才覚を見込まれた青年将校時代から、人間としての円熟味を増した壮年時代まで、生涯で蓄積した経験や英知のすべてを、晩年、台湾総督として台湾発展に集結させようとした。
参謀時代の川上操六との仏領インドシナ巡視、欧州武官時代の諜報活動と反動分子幹部らとの共謀、日韓併合時の強引と思える治安維持など、様々な経験と英知のすべてを、最後の舞台・台湾に余すところなく凝縮させようとした。
おそらく、年齢からいっても、明石自身は台湾総督が最後の奉公と思っていたことだろう。だが、無念にもその志半ばで、明石総督の台湾統治は終焉した。
その止むに止まれぬ思いが、あの言葉となり、魂魄台湾に留まらせようとしたのではないか。

出版社からのコメント

2009年秋NHKスペシャルドラマ放送「坂の上の雲」(第二部に登場)の陰の主役とそれを取り囲む人物群像。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 365ページ
  • 出版社: 星雲社 (2009/11/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4434139436
  • ISBN-13: 978-4434139437
  • 発売日: 2009/11/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 209,025位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(4)

トップカスタマーレビュー

2009年12月10日
形式: 単行本Amazonで購入
22人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年8月18日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年12月14日
形式: 単行本
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2009年12月4日
形式: 単行本
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告