残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
象 (村上春樹翻訳ライブラリー) がカートに入りました
+ ¥350 配送料
お届け日 (配送料: ¥350 ): 3月8日 - 9日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


象 (村上春樹翻訳ライブラリー) (日本語) 単行本 – 2008/1/1

5つ星のうち4.1 10個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,210
¥1,210 ¥397
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 象 (村上春樹翻訳ライブラリー)
  • +
  • 必要になったら電話をかけて (村上春樹翻訳ライブラリー)
  • +
  • 頼むから静かにしてくれ〈2〉 (村上春樹翻訳ライブラリー)
総額: ¥3,520
ポイントの合計: 35pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

作家としての輝きのピークにあって、病に倒れたカーヴァー。生前に発表された最後の一篇であり、壮絶さと、淡々とした風情が胸を打つ「使い走り」ほか、秀作全七篇を収録した最晩年の短篇集。ライブラリー版のために改訳。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

カーヴァー,レイモンド
1938年、オレゴン州生まれ。製材所勤務、病院の守衛、教科書編集などの職を転々とするかたわら執筆を始める。77年刊行の短篇集『頼むから静かにしてくれ』が全米図書賞候補、83年刊行の同『大聖堂』が全米批評家協会賞及びピュリッツァー賞候補となる。88年、肺癌のため死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 中央公論新社 (2008/1/1)
  • 発売日 : 2008/1/1
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 262ページ
  • ISBN-10 : 4124035071
  • ISBN-13 : 978-4124035070
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.1 10個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
10 件のグローバル評価
星5つ
33%
星4つ
47%
星3つ
20%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年2月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 『象:Elephant』という、不思議なタイトルの意味は。
ユーザー名: ハッピーアンドカフェ、日付: 2019年2月11日
このカーヴァーの短編集、「象」の中には、勿論、短編『象:Elephant』という小説がある。彼の小説のタイトルには、明らかに、いい加減に名付けたと思われるものが多い。  ただ、それにしても『象:Elephant』は不思議過ぎます。物語の中のどこを探しても『象:Elephant』なんて全く(1回も)出てこないんですもの・・・・ネ。
 この物語は、無間地獄のように主人公が、弟、お母さん、息子、娘、別れた妻から、お金を無心されるお話です。もちろん、ほとんどのカーヴァーの小説と同様で、救いはありません(人によって、思わずの笑顔は、あるかもしれませんが・・・)。
  物語の最期、主人公が、ガンガン飛ばす友人の車に同乗し、そうそう、かまうもんか(死ぬまで)アクセルを思い切り踏め・・・・・と、内想するところで終る(わたしは、そう感じました)。

『象:Elephant』の解釈:
いくらカーヴァーとはいえ、小説のタイトルが100%適当なわけがありません。おそらく、この短編の『象:Elephant』というのは、アメリカの2大政党;共和党、そして、その対極にある『ろば:Donkey』:民主党、から示唆を得たタイトルだと思います(象とロバは、各々の党のシンボル・マーク、だそうです)。 彼の比喩を勘案すれば、『象:Elephant』は、「一度経験したことは、生涯忘れない動物」、すなわち、成功体験からいつまでもお金を無心する【弟、お母さん、息子、娘、別れた妻】を指しており、一方、『ろば:Donkey』は「バカで懲りない素直な動物」、即ち、お金を出し続ける主人公のことを意味している、・・・・と思いました。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
2019年5月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2009年5月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2008年1月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月3日に日本でレビュー済み
2018年6月13日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年8月20日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告