中古品
¥ 391
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

豊臣軍戦記9: 播磨争奪戦 (歴史群像新書) 単行本 – 2011/9/27


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 134
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

西国を豊臣の支配下にすべく、真田幸村は三木城の伊達政宗と死闘を開始する。加古川で福島正則率いる豊臣軍と伊達軍が激突する間に、幸村は小田に一夜城ともいうべき付け城を築く。さらに、上杉景勝に揺さぶりを掛け、政宗を震撼させた幸村の深謀とは!?

内容(「BOOK」データベースより)

九鬼水軍の砲撃によって淀城からの撤退を余儀なくされ、山崎の大戦で何とか態勢を立て直した豊臣軍は勝龍寺城に入り、徳川軍と睨み合うことになった。伏見城の戦線でも膠着状態が続く中、真田幸村は西国から徳川勢力を一掃し、豊臣の領地を広げるために、大いなる深謀を巡らせる。それは三木城に篭もる伊達軍を釣り出す作戦だった。政宗を誘き出すために、幸村は三木城のすぐ近くに砦を築こうとする。加えて国に戻った上杉景勝を揺さぶり、政宗に心理戦を仕掛けた。さらに、幸村の野望は生野銀山へも向けられる。一方、大和と紀州を事実上、豊臣軍に抑えられた家康は、劣勢を挽回するために乾坤一擲の勝負に出ようと決意する。果たして家康が下した決断とは如何に。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 214ページ
  • 出版社: 学研パブリッシング (2011/9/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4054050956
  • ISBN-13: 978-4054050952
  • 発売日: 2011/9/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 436,844位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ

関連商品を探す