この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,400MP3アルバムを購入

讃集詩

5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の THE ALFEE ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (1990/10/17)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ポニーキャニオン
  • 収録時間: 42 分
  • ASIN: B00005FPVU
  • EAN: 4988013221437
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 47,736位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
2:55
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
2
30
3:06
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
3:18
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
4:09
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
3:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
4:43
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
3:58
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
8
30
3:07
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
9
30
2:51
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
10
30
5:22
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
11
30
5:03
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

桜井賢、坂崎幸二、高見沢俊彦からなるALFEEが1980年5月にリリースした3rdアルバム。初期アルフィーの中でもバラエティーに富んだファンに人気の高い作品。

メディア掲載レビューほか

当時のライブでは欠かせなかった名曲の数々が収録されたアルバム。当時のファンには懐かしさで涙が出るほどのものだろう。タイトルからも哀愁が漂い、わざとそんな感じをねらったようにも思える。この頃青春時代を送った人は是非手に入れて欲しいアルバム。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
6
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(6)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
ポニーキャニンからの再デビュー後2作目のアルバムとなる本作は、アルフィーが3人組であることにひっかけてか、三銃士=讃集詩という名がついている。
アルバム全体としては、アレンジ的には前作以上にフォークソング色が強く更に時代の流行に逆行している感がする。
しかし、青春への鎮魂歌が散りばめられたこのアルバムを聞くと、それが最適な手法であったことがわかるだろう。
アルフィーのアルバムは多種多様な楽曲が詰め込まれたものが多いが、このアルバムは全体としてテーマが統一されており完成度が高く、オープニングの「やすらぎをもとめて」の圧巻のアカペラ以降、ぐっと同じ世界に引き込まれ最後まで聴ける。
また個別の曲についてもシングル曲「無言劇」の他に「明日なき暴走の果てに」「ロンサム・シティ」「ミュージシャン」と今でもステージで歌われることがある名曲が多い。
ギタープレイについて少し触れておくと、サイモン&ガーファンクルから、ペンタングル、ジム・クロウチららの楽曲の影響が垣間見られ、一方でコーラスも「帰郷」「落日の風」に代表されるように彼らが敬愛するCSN&Yバリのオープンコーラスが随所で決まっており、60、70年代のフォーク系洋楽好きならうれしくなってくるのではないだろうか。
結論を書くと、2004年にデビュー30周年を迎え、既に数多くの
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/11/30
形式: CD
このアルバムは私の青春の頃に出会ったALFEEが凝縮されています。
幸ちゃんの作品“逆もどり浮気考”が入ってるし、当時のライブでは欠かせなかった名曲の数々。今のライブでもたまに顔を覗かせる名曲たち。“明日なき暴走の果てに”“ミュージシャン”。ライブで聴くと嬉しくて涙してしまうほど。当時のライブのラストを飾っていた“落日の風”。当時のALFEE最大のヒット曲“無言劇”。このアルバムを聞くと当時の穏やかな気分が蘇ってきます。ここまで書くと、古臭く思われるかもしれませんが、今、改めて聞くとまたいいんですよ、これが。時の流れが今ほど速くなくて、穏やかで、優しくて、しっとりとして。私の感覚ではこのアルバムは秋のイメージなんですけどね。とにかく、ここで見つけられてluckyです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このアルバムで、嬉しい事と言うと、坂崎幸之助さんの作詩・作曲した「逆もどり浮気考」が収録されている事で、この曲は、吉田拓郎風の曲で、坂崎さんの拓郎さんに対するリスペクトの意思の現われだと思う。この曲の歌詞を頭にイメージしながら聴くと面白いですよ!

また、アルフィーのメンバーは、サイド・プロジェクト「BEAT BOYS」と言うバンドで、「ショックTAKURO 23」と言う曲がありまして、拓郎さんの曲を何曲もカヴァーしているので、アルフィーが、拓郎さんから多大な影響を受けた事が垣間見れます。

あと、このアルバムで好きな曲は、ビートルズ風のハモリが楽しめる「SOMETHING BLUE」や、学生時代の思い出を桜井さんが歌う「坂道」もなかなか良い曲ですし、60年代末期の学生運動のことを歌った「ロンサム・シティ」は、高見沢さんのヴォーカルがカッコイイ曲です。女が、好きな男を思い、苦痛の日々の女心を歌った「追想」もアルフィー初期の名曲ですわ。
ほんで、「帰郷」もむっちゃええ曲やなぁ〜〜!!

因みに、「無言劇」と言う曲は、桜井さんがヴォーカルを担当していますし、当時シングルとして発売されていた曲ですし、B面は、坂崎さんのリードヴォーカルの「明日なき暴走の果てに」で2曲ともにアルフィーの良質のフォーク・ソングで、とても抒情
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック